Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14話 「死神」
新人女優のレベッカは、出演映画の試写会の最中、トイレで麻薬のオーバードーズで死亡。21歳だった。彼女に身寄りはなく、フェデリコの義理の妹ら俳優仲間で葬儀を挙げることになっていた。予算がなく、レベッカは火葬される事に決まった。
CT検査を受けたネイトは、病が確実であることを告げられ、その事実を受け入れられずに悩む。不安から何度となく「会いたい」とブレンダを呼び出すが、彼女自身も悩みから抜け出せずにいた。
デイヴィッドはなじめなかった聖バルトロメオ教会からセント・スティーヴンス教会へ戻った。キースとエディの絆を確認していながら、なかなかキースへの未練を断ち切れない。明け方にもキースに電話を掛け、2人だけで会えないかと誘うが、キースに「エディがいるから」と断わられる。
本の受け売りで、ルースはもっと家族がオープンになるべきだといい、ニコライをディナーに招待するので、ネイトやクレアにもそれぞれブレンダとガブリエルを誘うよう言う。それぞれが料理が出来上がるのを待つ中、アスピリンの容器に混じったエクスタシーを飲んでしまいハイになったネイトが現われる。異様な雰囲気の中、ディナーが始まった。
レベッカの遺体は火葬にされ、遺灰はペンダントに詰められた。弔問者が代わる代わるペンダントを掲げ、別れの言葉を言う。その影で、フェデリコは葬儀費用が全部支払われないことを憤る。
ネイトは病の不安の中、デイヴィッドから葬儀プロデューサーの資格試験に合格したことを告げられた。


待ちに待った第2シーズンの始まりです。
幾らお金を使いたくないとはいえ、ダンボールの棺では余りにも気の毒… せめて合板の箱とかなかったのかしら、と思ってしまいました。フェデリコ大変なのに結局自分で火葬場まで運んでいったのかな? 可哀想に。デイブはどうしてたんだ?
今までは話だけだったフェデリコの義妹がついに登場です。奥さんは黙って彼女にお金借りてたようでしたが(オムツ代って言ってたような)、フェデリコの給料ってまだ安いのかな… 出来たらもっと上げてやって欲しい…
キースとエディはいい感じですね。職業的にも近いものがあるし、お互い理解しやすいかもしれません。キースは良かれと思って食事に誘ったのかもしれないけど、あんな仲良くしてる2人を見せつけられるデイブはちょっと可哀想… キースはデイブが自分に未練たらたらって、最後で電話貰うまで判ってなかったのかな。判ってても乗り越えろってことだったんだろうか。 出来れば2人には元に戻って欲しいけど、無理にエディと判れる設定もなんだかやだな。
ネイトの病気はなんだかよく判りません。脳動静脈奇形? 結局どうしようもないってことなんでしょうか? 人一倍健康に気を使っていたようなのになんて皮肉… 久しぶりにお父さんの登場でしたが、死神を紹介したりとか、ネイトにとってはあんまりいい出方じゃなかったですね。またお父さんが出てくれれば嬉しいです。
SFUは淡々と話が進んでいくので、OZなんかを見た後だと盛り上りに欠ける気もするんですが、そうじゃないとSFUらしくないというか、この場合淡々と見せてこそ話が引き立つっていうのが良く判ります。

コメント

初めまして 

SFAファンの一人として記事を読ませてもらいました。
第2シーズンも見所満載のようで、毎回ワクワクしながら観ています。
今回はやっぱりネイトを中心に話が進んでいくんでしょうか。
フェデリコのエンバーミングのシーンは興味深々で割りと好きです。
  • ニ純 
  • URL 
  • 2006年01月08日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

はじめまして 

前シーズンの最終話から、ネイト中心にスポットが当ってる感じで話が進んでますね。
私もエンバーミングには結構興味があります。グロいのだとちょっと苦手ですが… フェデリコは嬉々として仕事してて可愛いです。もう少しフェデリコにもスポットを当てて欲しいです。

 

ネイトの病気はそのままにしておいて大丈夫なのでしょうか。しかし、あの医者はいいキャラクターでした。
「SFU」は時々心の中を見せてくれるのが好きです。医者の首を絞めてたり。
お母さんはホント真直ぐな人ですね。本でゲイのお勉強なんて。結局そんなものは役に立たないと気付いたようでしたね。

 

SFUの妄想シーンは傑作です。私は特にデイブとルースのが好きです。突飛で(笑) デイブは妄想が激しいですよね。それだけ押さえてるものも多いって事なんでしょうか。
ネイトの病気はどうなんでしょうね? ヘタに弄らない方がいいのかもしれませんが。ネイトが妄想するのは珍しいですよね。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。