Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話「再生」
暴動から約10ヶ月。エメラルドシティは復活した。新たに規則が作られ、囚人たちは各4名ずつの10のグループに分けられる。評議会が設けられ、各グループのリーダーがそれに参加することになった。ヒルはその他のグループとして、ビーチャー、リバドー、新入りのブスマリスと同室となる。
第一回の評議会が行われた。殆ど教育を受けてない囚人に、マクマナスは学習することを提案する。マクマナスは作業の免除や面会をエサに、囚人たちを学習に誘った。一回目の授業が始まったがケニーが騒ぎを起こしめちゃくちゃに。だが、マクマナスは根気良くケニーに字を教えようと試みる。
オライリーは死んだシベッタの息子に、父親を殺したのはアデビシだと密告。シベッタはオライリーを疑うものの彼を泳がせることにする。
シリンガーの手術は成功し、視力は戻った。ビーチャーはエメラルドシティに帰ってきたシリンガーに、絶対仮釈放を潰すと脅す。シリンガーはビーチャーを殺す決意をし、彼を殺してくれる人間を探す。シリンガーはウィトルジーにロスを撃ったことを話すと脅して手を貸すように仕向けるが、反対にビーチャーと協力してシリンガーを罠にはめる。シリンガーは仮釈放を取り消された。
グリン所長に緊急の連絡が入り、所員で行われる会議を欠席する。彼はミゲルを呼出して執拗に苛めるが、それは長女がラテン系のギャングにレイプされたからだった。シスターは、同じラテン系だからといってやってもいないことでミゲルを罰するのは間違っているとグリンを諭した。
ジムでトレーニング中、突然オライリーの胸から出血。診察の結果、乳がんだと判る。オライリーは他の囚人に病気を知られたくないと動揺し、検査を拒否。神父のムカダが説得し、オライリーは生検を受けることにする。


前話からいきなり10ヶ月。シベッタはその間に亡くなったようです。その代わりに(?)、シベッタの息子が入って来てます。オライリーも早速擂りより。抜け目ないですね。まだ信用されてませんでしたが。まぁ初対面だし当たり前か。
そのオライリーはなんと乳がん!血が出てたときは冗談で「乳がんだったりして」って思ったら本当だったとは。退化してても確かに乳はあるから…とはいえ本当珍しいです。でもだからって「ホモじゃねぇ」ってのは。乳がん→女みたい→ホモっていう思考か。こういう誤解を見ても、囚人たちの教育レベルの低さっていうのが伺えます。最後にオライリーの検査してた人は婦人科かなにかの先生なのかな。ネイサン先生に胸弄られてたオライリーはセクシーでした。そういえば彼は、髪が長くなってて更にセクシーさが増してました。
ビーチャーはチ○コ事件のせいで、すっかり恐怖の的ですね。シリンガーの件ではビーチャーは「してやったり」だったわけですが、これからシリンガーの報復が怖いです。でもビーチャーも当然やられっぱなしじゃないだろうし、お互いやることが激化しそうで怖い…(((;゚д゚)))ガクブル シリンガーの息子はどうなっちゃったんでしょうね。まさかOZに入ってくるという展開は…あり得そうな気がします。シベッタやミゲルの例もあるし。
ミゲルは結局面会はできなかったのかな?とんだとばっちりでしたね、可哀想に。グリン所長も微妙だなぁ。以前保身に走ったこともあったし。でもそいうところが却ってリアルに思えます。マクマナスの空回りっぷりもまたリアル。

コメント

 

職員側も完全な善人でないところがリアルっぽいですよね。暴力をふるってみたり、八つ当たりをしてみたりと。
なかでもマクマナスのキャラクターの抱え込んでは処理できなくなって後はうやむやというのが、イラつくやら、それっぽいやらです。
シリンガーの仮釈放もなくなったことだし、これからが楽しみです(笑)。恐いよー。

こんにちは 

そうそう、看守も前に「仕返し」って囚人を殴ってましたよね。実際ありそうで恐いですよー(汗)
マクマナスは本当に毎度毎度上滑りしてますよね。今回の教育に関し、少しは成果が現われるんでしょうか。1話を見たときから思ってたんですが、思いついた事を、とりあえずやってみよう、って調子に思えます。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。