Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9話「真相」
暴動はデブリン知事の送り込んだ機動隊の突入によって鎮圧。死亡者8名、負傷者多数を出す結果に終った。これによりエメラルドシティは一時閉鎖。囚人たちは一般監房に移された。
武力で鎮圧したデブリンに世論の批判が集まり、彼は事件の解明のため、調査委員会を発足。法律家のアルバー・ケースが委員長を務めることになった。
ケースが調べるうち、スコットが不審な死に方をしたのが判る。流れ弾に当ったのではなく、明らかに何者かに殺されたような銃創。だがスコットが日頃からよく嘘を付いていたため、ケースはなかなか解決の糸口が掴めないでいた。
一般監房に入ったビーチャーは、同室の囚人と一悶着。相手が口淫することを強制し、ビーチャーは従う振りをしながら彼の陰茎を噛み千切った。ビーチャーは懲罰房に入れられる。
ケースは根気良く調査を続け、スコットを撃ったのがサイードが持っていた銃だったことが判る。だがサイードは機動隊突入時に銃を亡くしたといい、調査が振り出しに戻ったかと思われたとき、ビーチャーから情報が提供された。
ビーチャーは、スコットがサイードの銃でマクマナスを撃った事を告白。その後リバドーからも、ウィトルジーがスコットとタバコの取引をしていた事やマクマナスと関係を持っている事を聞く。
ケースはウィトルジーを疑い、グリンに相談するが、スコットとウィトルジーが扶養する家族を計りにかけろと言う。また、暴動も囚人の権利を守るために起したと判り、ケースは苦悩の末、誰にも罪を問わない事に決めた。


第2シーズンが始まったと思ったら、すでに機動隊によって鎮圧された後で拍子抜けしました。スコットも知らないうちに顔すら出ずに死んでるし(役者さんが出られなかった?)、マクマナスは撃たれて病棟送り。看守も亡くなったようです。
ケースはなかなか好感が持てます。彼は知事選の出るって言ってましたが、実際それは無さそうでしたね。残念。
ビーチャーの壊れっぷりが最頂点?! いやこれはまだ序曲の途中なのかも。チ○コを噛み切ったときには唖然… 今までのような大人しいビーチャーじゃないから素直に従わないだろうとは思っても、あそこまで。ウ○コに次ぐ衝撃でした ケースが同じハーバードだと知って、ビーチャーがこうなった自分を恥じてたふうにしてたのが痛々しかった…
噛み切られた人は元々一般監房に居た人だと思うんですが、相手がどんな犯罪者が碌に知りもしないであんなこと強要するのは無茶かと思いました。ビーチャーの顔見ても、すでに大人しい頃の面影もないのに。彼は一般監房では結構力を持っていて、それで過信してた、とかなのかな? チ○コは再生…しませんよね? 可哀想に…

コメント

 

こんにちは。
さすがリバドー、だてに囚人生活が長いわけではないですね。
暴れたのと、顔面うん○事件があったのに、ビーチャーに関わらないほうがいいとは思わなかったのでしょうか。シリンガーの子分だから調子にのってしまったのか。

 

こんにちは。
シリンガーと噛み切られた人(ロブリンでしたっけ?)はなにか関係があるんでしょうか? シリンガーの知り合いなんだとしたら、子分だっていうことは聞いてても、ウ○コのことは知らなかったかもしれませんね。シリンガーも恥ずかしくて言えないだろうし。
女装といいウ○コといいチ○コといい、ビーチャーのエピは衝撃的なのが多いですね。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

OZ-9 真相

S2の第1話。前回機動隊が突入して暴動の制圧にあたったところで終わった。その続き。死者8名(看守2名、囚人6名)。首謀者とされるサイード、オライリー、アデビシは独房へ。ミゲルは怪我をしたらしく病棟。そしてロスは死亡していた。機動隊の突入を指示したデブリン

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。