Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7話「計画」
ビーチャーはシリンガーに怪我を負わせたことで懲罰房に入れられる。
サイードが心臓発作を起したときに手を貸さなかったマーシャーは、ムスリムのグループから無視され始めた。
マーシャーはグリンに、サイードが暴動を起そうとしていると密告。信じられないマクマナスは監房へ戻すが、抜き打ちで持ち物検査をする。このことでムスリムとの溝が更に深まったマーシャーは別監房に。独居房の中で寂しさに自殺する。サイードの影響力を懸念したグリンは、所内で祈る行為を禁止する規則を設ける。
サイードの思想から強い影響を受けたグローブスは、サイードが比喩して言った「グリン所長は囚人よりも罪深い」という言葉を鵜呑みにし、グリンを殺そうと襲いかかるが、グリンを庇った看守スミスを殺してしまう。グローブスは有罪になり、死刑が決定。そんな頃、サイードは銃を入手。
スミスの仕返しをするかのように、看守たちは囚人に暴行を振るい始めるが、人手不足等のため、看守は処分されるまでには至らなかった。そんな中、グローブスは自ら銃殺を希望し、看守らの立候補によって結成された銃殺隊によって処刑された。
OZに新たな囚人・ドビンスが収監。チェリストの彼はマクマナス特別に毎日チェロの練習をすることを許される。チェロの練習を聞いていたヒルは感銘を受け、仲間のトランペット奏者を引き合わせる。
ベイヒューは相変わらず麻薬に逃げ、弱い囚人をいたぶっている。見かねたヒルが忠告するが聞き入れない。新入りのドビンスも標的にされ、名器のチェロも粉々にされる。
サイードが銃を手に入れたことやシベッタに近づいていることを知ったオライリーは戦々恐々。アデビシと手を組み、シベッタを潰す作戦を進める。シベッタはガラス粉入りの食事を食べさせられおり、ある時大量に血を吐く。
片目を失ったシリンガーが監房へ戻ってきた。ビーチャーはすでに懲罰房から戻っている。ビーチャーは他の監房へ移動を希望したがマクマナスに許されず、数々の屈辱を思い出したビーチャーは、怒りに任せて再びシリンガーを襲った。


マクマナスは上空かっ飛び過ぎです。現実的にどうなるか、実施する前にもちょっと予想しないと、といつも思ってしまう…。思い付きで規則作っている気さえしてしまいます。
グローブスはリバドーと孫とおじいちゃんみたいでいい関係だったのに、あまりにも純粋過ぎたんだろうか? サイードの言葉を鵜呑みにして死刑にまでなってしまいました。リバドーは処刑された話を聞いて、「愛着を持たないことにしている」と言ってたけど、実際はどうだったのかな? グローブスが最期に何を言おうとしたのか気になります。ムカダ神父も心残りでしょうね。
ドビンズはシベッタが食べなかったサラダ(多分ガラス粉入り)を知らずに食べていましたが、大丈夫だったのかな…(汗) いじめにも遭うし、入った早々可哀想に…。刑務所の中というのは、さらに激しい弱肉強食の世界みたいです。
シベッタが自分がオライリーにはめられてるって気がついたみたいですが、既に遅し? 近々いなくなってしまうんじゃないかと心配です。
サイードは暴力的なことはしない人なのかなって思っていたのに銃を入手。(脅しのためで傷つける気はないにしても。)予告見ると本当に暴動を起してるようですね。暴動の計画を隠してるつもりでも、意外とあっちこっちに筒抜けになってるのが可笑しいです。
ビーチャー、かなり壊れてきてますね。なにかするだろうとは思いましたが、まさかあそこでウ○コ…。絶句しました。普段大人しい人がキレると恐い、の典型みたい…。
ますます先が楽しみになってきました。

コメント

 

こんばんは。
ガラス粉入りサラダは1回食べたくらいなら大丈夫じゃないですかね。
今思うとこれがビーチャー変身の回だったみたいです。叩き割った眼鏡で決意表明だったのかも。
決意を新たにしたからってアレは驚きますよね。
次回はいよいよS1の最終回です。1シーズン8話だとあっという間ですね。

こんにちは。 

1回くらいなら大丈夫ですよね。オライリーがドビンスにサラダを渡したときは、驚いて心配しちゃいました。
ビーチャーはこれから本格的に変わっていくんですね!恐いような楽しみなような… 眼鏡は割っちゃって見えるんでしょうか? シリンガーの恐い顔がはっきり見えなくて、却ってやりやすかったかもしれません。
そういえばOZは1シーズン8エピソードでした。短いです…

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。