Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンの手下となったロシア人女性ニーナが、ティモシェフが拉致された晩にS局情報局の工作員が刺されて死亡したという情報を持ってくる。スタンらはさっそく彼について調べ、彼がフィラデルフィアの陸運局に勤めていたロバートであることを突き止める。その頃、その死んだはずの工作員ロブから、彼しか知らないはずの暗号メッセージが新聞の通信欄に載せられた。
エリザベスは知り合いの男グレゴリーと会い、彼にある人物の監視を頼む。監視の対象は赤ん坊を抱いた女性ジョイス。男は彼女が複数の男たちからも監視されているのに気づく。監視していたのはFBI。ロブが実際にフィラデルフィアに住み本部に内緒で妻子まで持っていたことにフィリップは驚愕する。FBIIはジョイスが何を知っているかを探るために泳がせながら監視を続行。グレゴリーは仲間を使ってFBIの監視を混乱させ、その隙にジョイスを保護する。
ジョイスはロブから、二週間たっても戻らなければ新聞に記事を出すよう言われており、フィリップに彼からのメモを渡す。メモには暗号で名前と電話番号が書かれていた。その晩フィリップは女性に尾行される。彼女はKGBの指令を伝える連絡役だった。彼女はロブが、米国が核に対抗する技術についての情報を持つ男との橋渡し役だったと話した。その頃ジョイスが拉致されたというニュースが流れる。事が大きくなっていることと、ロブが過去に怪しい行動をしていたことから、ジョイスは彼がスパイだったと気付く。「私たちを殺すの?」 そう聞く彼女に、エリザベスは守ると約束した。翌日、エリザベスととフィリップはキューバへのパスポートを用意し、ジョイスを連絡役の女性に引き渡した。
ロブの遺した番号に電話したフィリップは、金を持って彼に会いに行く。フィリップは、金と引き替えになにかの設計図を手に入れる。FBIの尾行を邪魔したトラックを調べていたスタンは、男が自分たちを監視しているのに気付く。男はスタンに気付かたのがわかって逃げ、スタンは彼を見失ってしまったが、その土地勘の良さから地元の男ではないかと考える。そして地元の男がなぜKGBのスパイに関心を持つのか怪しんだ。
グレゴリーはフィリップに、エリザベスが嘘の生活に疲れていることを話す。自分には本心を話さないのにグレゴリーには話していたと知ったフィリップは怒る。フィリップを愛し始めてグレゴリーに別れを切り出していたエリザベスに、フィリップは「今まで通り彼に会えばいい」と吐き捨てる。エリザベスは本心を話すためにグレゴリーが必要だったといい、今なら自分たちはそういう関係になれるとフィリップに訴える。
ロシアのロブの両親のもとに彼の赤ん坊が届けられた。スタンは、車両の中でジョイスが薬物を打って死亡しているのを発見する。


ロブは若いしちょっとへなちょこな雰囲気だったからペーペーの新人スパイと思っていたら、意外とやり手だったので驚きました(^^;
エリザベスとフィリップは、ジョイスが無事にキューバに送り届けられたと思ってたのかなぁ(-_-;) 私は危ないと思ってましたよ、あの連絡役のおばさんの様子見てたら。ジョイスがロブがスパイって気づかなかったら、キューバで暮せたのかな。その場合、どうしてFBIに追われてるか納得させるのが大変そうですが。ニュースにまで出ちゃってるし。せめて赤ちゃんはちゃんと育ってほしいけど、大きくなったらいろいろ疑い出すんじゃないですかね?
エリザベスが浮気(゚△゚;ノ)ノ まぁでも気持はわかるかな(^^; 「見知らぬ男」って言われてフィリップはぐさっと来たみたいで可哀想だけど、実際そうだったし、初対面の時からお互い本当の自分のことを話さないように上から言われてて、本心を言いようがなかったもんね。でもこれからはお互いに本心を話すことができて、本当の夫婦、家族になっていくのでしょうね(´∀`*)

コメント

あのおばさん(ーー;) 

あのおばさん、登場自体胡散臭い感じですよ。あんな現れ方して、出処を確かめずにフィリップ!ちょっと人が良すぎ〜と頭を抱えました。が、まあ無事KGBでしたね。しかし、ね〜。あんなにおどおどしていたら、念のために生かしてはおけないですよ。その上生活に困窮したら裏切る可能性もありますからね。あの老夫妻は祖父母?長生きしていただかねば。
よくもまあ忠実にここまでお互いの名前すら伝えてなかったとは!!2人にも寛げる幸せな時間をあげたいですよね。

本当に 

15年もよく話さないでいられたと思います。よほど訓練されてたのか、ついポロッと昔のことが出たりとかしなかったのかな
あの老夫婦はロブの両親だと思います。「息子さんの子」って言ってたはず… あの歳から赤ちゃん育てるって大変そう(・_・;) ロブは国家に尽くしたんだし、せめて報奨金かなにかあげて欲しいな
おばちゃんの工作員なんて意外性があってけっこう好きですw PoIのコントロールとか。確かにあんな怯えてたら、耐えられなくなって誰かにいっちゃいそうですもんね。ロブも一般人のふりしなきゃって結婚したんですかね~ 
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2015年12月20日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。