Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2話「時計」
スウェーデンのスパイ・スコットに化けたフィリップは、国防副次官の妻に近付き、色仕掛けて国防長官のオフィスの写真を撮らせる。写真を見たフィリップは、部屋にあった時計に盗聴器を仕掛けようと計画する。報告を受けたフィリップとエリザベスの上司ワシーリーは、彼らに国防長官のメイド・ヴァイオラの身元を連絡。彼女に時計を盗ませるための対策をとるように言う。
期限を3日と知ったフィリップは断ろうと言うが、エリザベスはよほど重要な命令なのだと考え、ふたりは強硬策に出ることに。エリザベスはヴァイオラの息子に近付くと仕込傘で彼の足に毒を注入。夜、息子を看病するヴァイオラの元に現れたフィリップとエリザベスは、彼女に時計を盗めば解毒剤をやると脅す。
ヴァイオラは言われた通り時計を盗み出す。しかしフィリップが彼女の家に向かうと、銃を持った彼女の兄が登場。ヴァイオラが彼に話したのだ。激しい揉み合いの末に兄を倒したフィリップは、ヴァイオラに「話せば家族全員を殺す」と脅すと時計を持ち去った。翌朝、フィリップは早速盗聴器を仕込んだ時計をヴァイオラに渡してそれを仕掛けるよう念を押す。その後森に向かったフィリップは、盗聴器からの会話を聞こうとするが、夜まで待っても一向に聞こえることはなかった。ヴァイオラが時計を仕掛けるのを躊躇っているのだと考えたフィリップは、彼女が警察やFBIに通報するのではないかと恐れた。
スパイではないかと疑う女を追っていたスタンは、彼女がステレオ店でなにか買い物をしているのを知る。しかし店を捜索しても出てきたのは高級キャビアのみ。そこでスタンは彼女に近づき、「大使館で盗んだキャビアをステレオや金に換えて祖国に送ってるだろう」とカマを掛ける。自分たちのために働くことを持ちかけたスタンに、彼女は動揺しながらも頷いた。
ヴァイオラの家に着いたフィリップは、彼女の息子に枕を押し当て殺そうとする。ヴァイオラは泣く泣く従い、国防長官のオフィスに時計を仕掛ける。盗聴は成功。フィリップはヴァイオラの家に待機していたエリザベスに連絡し、彼女の息子に解毒剤を打たせた。その頃KGBでは、盗聴から英国がアメリカとミサイル防衛について協力するという情報を掴み驚愕した。


フィリップがハニートラップ仕掛けてる国防副次官の妻が、けっこうフィリップに入れ込んでるので不安材料に。その筋からバレることはないんだろうかと少し心配(^^;
ヴァイオラがなかなか従ってくれなくてもどかしかったです(-_-;) 余計な事をしたせいでお兄さんは腕を折られるし息子は… 普通ならヴァイオラに同情するところなんですが、どうしてもフィリップ&エリザベス目線で見ちゃってますしね。おまけにフィリップたちはそういう強硬手段に出るのは自分たちも嫌いみたいだから、なおのことさっさと済ませられるように協力して欲しいと思ってしまいました(^^; ヴァイオラの息子に枕を押しあてた後の、フィリップのなんとも言えない苦々しい表情が印象的でした。
新キャラ登場? スタンはソ連の女性をスパイにすることに成功した模様。フィリップたちに近づくこともあるんでしょうか? ポロッとロシア語なんか出ちゃったりしたら危険です。スタンは1話ではフィリップたちに出し抜かれちゃったけど、もともとはやり手なので怖いところ。強気に出るところもあるのでフィリップたちは引き続き警戒が必要になるでしょうね(-_-;)
娘がエリザベスと一緒にブラを買いに行くのを嫌がったり、耳にピアスをつけたがったりで、そろそろ反抗期に入ってるか? スパイと旅行会社の仕事を持ちながらママするのは大変そうです(^^;

コメント

すっかりKGB派 

ヴィオラにはまったくやきもきさせられましたよ。息子の危機のよくまあ、ほんと頑固!?←イヤイヤ素人ですからw ついつい、KGB目線で見ちゃいますね。もう、息もつかせぬ面白さで心臓に悪いのが難点のドラマです(´・_・`)
やはり、こうして小説風に書いていただくと、復習できてすごくよくわかります♫いつもありがとうございます\(^o^)/
  • クリスマスローズ 
  • URL 
  • 2015年12月13日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

マシューさんだから 

マシューさんですしね~ どうしてもKGBのほうに気持ちが傾きます(^^;
ヴァイオラの正義感が許せなかったんでしょうし、息子が本当に死ぬとはどこか思ってないところがあったのかもしれないですね。
きっと最後はうまくいくんだろうと思っても、それまではハラハラするし、気の抜けない相手も近くにいたりでこちらまで気が抜けないですよね(・_・;)
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2015年12月13日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。