Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS加入したときにはすでに第6シーズンの終りで見そこなってましたが、今回1話から再放送してくれるということで見てみました。

第1話「楽園」
オズワルド刑務所。通称OZ(オズ)と呼ばれている。その中のマクマナスが管理するエメラルド・シティは、更生プログラムのために様々なことが実験的に行われている。様々な犯罪、人種、刑期の囚人がそこに集められているのもそのためだ。
今日も数名の犯罪者がエメラルド・シティに送られてきた。弁護士のトビアス・ビーチャーもその一人。彼は飲酒運転中に少女を轢いて刑に服する事になった。同じくエメラルド・シティに送られてきたミゲルは、同送されてきた犯罪者の隠し持ったナイフに刺され、早々に刑務所内の病棟に移される。彼は暴行と障害で捕まり、OZにはなんと彼の父親や祖父も服役しているのだった。
ビーチャーは早速白人を仕切る差別主義者のシリンガーに目を付けられ、彼のものとして尻に煙草を押しつけられ印を付けられる。ショックのビーチャーは監房に引き篭もり始めた。
OZの中ではイタリア系と黒人グループが対立しており、中でもオルトラーニとキーンは、キーンのゲイの弟ビリーがオルトラーニに手を出し瀕死の重傷に合わされた事から一触即発の状態に。マクマナスは懲罰房に入れる変わりに更生のためと、オルトラーニを病棟で働かせる。
オルトラーニは病棟の囚人を絞殺し、鎮静剤を打たれ、懲罰房に入れられる。それを知ったキーンは重体にされた弟の恨みと、手下ジョニーにベッドに縛られたオルトラーニを焼殺させる。
OZではオルトラーニ殺害の捜査が始まった。

第2話「面会」
監房で引き篭もり続けるビーチャーに見かねた看守のウィトルジーのアドバイスとシスターの助けで、ビーチャーは妻との面会を果たす。が、監房に戻るとシリンガーがビーチャーの家族の写真を持っており、脅迫めいた言葉で彼に家族との接触を断つよう圧力を掛ける。
知事が囚人の妻との個室面会を禁止する規則を発表し、OZでは面会者が殺到する。
殺人罪で終身刑に服役してるキーンは、恋人が妊娠しているのを知って、彼女と結婚したいと申し出る。マクマナスは彼が変わるきっかけになればと承認しょうとするが、所長の反対に会う。しかしブラック・ムスリム、サイードの説得で、同時刻に刑務所と教会で式を挙げるという方法で、神父ムカダによって式が挙げられる。
ミゲルが妊娠中の子供に関心を示さないため、ムカダは彼に父親の自覚を持たせようと彼を父親や祖父に会わせる。ミゲルは赤ん坊の世話の練習を始める。
イタリア系のリーダー・シベッタは、オルトラーニの復讐をしようと犯人を密かに探し始める。その頃、重犯罪者のオライリーが一般房からエメラルド・シティに移される。シベッタは入所前からオルトラーニと確執のあったオライリーに目を付ける。だがオライリーは、犯人がわかった、とシベッタに近づく。その後、キーンの手下ジョニーは、オルトラーニ殺害の実行犯として、シベッタらに殺された。


ビーチャーらの入所で始まったOZ。入所早々ミゲルが刺されたり、ビーチャーもシリンガーの餌食になったりと凄いことになってます。
マクマナスの提案で様々な人種の囚人が収容されてますが、却って人種毎にグループを作る事になったりと裏目に出てるような。理想として行ったことが空回りしてる状況です。人権を守りたいようなことを言いつつ、透明ガラス張りのプライベートも何もない監房など、現実とのギャップが見て取れます。
重犯罪者が多いにしては1日の大半を監房で過ごすこともなく、割と自由にテレビ見たりカードゲームしたりしてるのは(一応労働の時間はある様子)、これも実験の一環なんでしょうか。「沈黙の時間」にしても、言っている事は解るけど効果があるように思えないし看守の言うようにあまり意味があると思えない。マクマナスは、とりあえずやってみてダメだったら止めてまた他の事を考える、って感じで動かしてるのかと思いました。
可愛いなぁと思ってたオルトラーニが、たった1話で居なくなってしまって残念… 預言者(?)のじいさまが言ってたみたいに自殺っていうか、もう殺されてもどうでもいい、みたいな感じに思えました。
ビーチャーはシリンガーにレイプされてたんですね∑(´Д`;) アデビシにもなんか言われてたけど、大人しいからそういう対象になっちゃったのかな。焼印が凄く痛そうで… 来て早々アレでは、ショック受けるのも解ります。マクマナスやグリン所長はこういうことしてるの知ってるのかな?なんとなくは気が付いてそうですが。とりあえず黙認?
ヒルはなんであの回転する部屋に入れられてるのか疑問です。演出?後ろ見てたら目が回って酔いそうでした。ウェーッ

コメント

 

こんにちは。
「OZ」私も途中(というかほとんど終わり)からの視聴だったので、今回の再放送は楽しみにしていました。
初回からいきなり面白かったですね!
そしてミゲルが出てきたとたん刺されてしまったのには思わず笑っちゃいました。
オルトラーニはかわいかったので残念。かわいいのにパパなんですね~。フェデリコみたい(笑)

 

こんばんわ!
OZ,私は全話観てしまったのですが、ビッチャーがどんどん歪んで行きますよ、これから…
そして殺され方、いたぶり方も酷くなってきます(恐)
私、観ている時はいつも心臓痛かったです。
でも、面白かったので、ゆうきさんもあの残虐さを楽しんで下さい!

 

>Ayanoさん
こんにちは。あちらのDVD買おうかと迷ってたので、再放送してくれて助かりました。初回から濃かったですね。
ミゲルは運が悪いと言うか…。お尻の中までチェックするくせに、靴に仕込んだナイフは見落とすんですね(笑)
オルトラーニはラテン系&家族思いということで、フェデリコと被りました。顔もちょっと似てる…かな?生きたまま焼殺っていうのは凄く衝撃的でした(怖)

>Raoさん
こんにちは。Raoさんは全部観られたんですね。SFUみたいに、なかなか先のシーズンを放送してくれなかったそうですね。今回もそうなのかしら…
ビーチャーは頭がいいだけに、悪に染まったらなにするか恐いですね(汗) ケラーはS2からの登場でしたっけ?彼がどう絡んでくるか楽しみです。 それはそうと、シーツ被ってるビーチャーは可愛かったです。

 

私はもう何度観たかわからないOZですが、懲りずにまた観てしまいました(苦笑)
でも本当に観るたびに新たな発見があるし、一度観ただけではわからない部分もあるので、繰り返し視聴のためにも再放送ありがたいです。
ただスーパーChが観られない人たちのためにも、もっと広く観られる工夫をしてもらえるとありがたいのですが。

ミゲルは最初から災難を背負ってのキャラだったんですね!
ケラーはまだまだ出てきません。だからS1はついのんびり観てしまいます(笑)

 

>ケラーはまだまだ出てきません。だからS1はついのんびり観てしまいます(笑)
ってことは、ケラーが登場することで何か大きな事件や展開がある、ということですね!楽しみです!

ミゲルが刺されたとき、最初誰か判らなくて、2回目でミゲルだって判りました。初見で主要キャラ全員の名前と顔を覚えられませんでした。

プレミア放送で早く見てしまったので、3話まで間が開いてしまって待ち遠しいです。あと10日…

 

はじめまして。
OZおもしろいですよね。私、全部見ておりますがまた見ます。
はじめて第1回を見たときには人が多いのと展開に圧倒されて何がどうなっているかよくわかりませんでした。
でも今は人物はわかっているので細かいところを確認できてうれしいです。
ヒルは語り部なのです。語っているときのヒルは監房の世界を別のところから見ている演出なのです。回転部屋に入っているわけではありません。歩いたりするし、○○でも語ってるし。

 

書き忘れましたが、TBさせていただきました。

 

コメント&TBありがとうございました。こちらからもさせて頂こうと思ったのですが、サーバーの関係か送信してもそちらには反映されないようでした。

回転部屋は、やはり演出なんですね。 もしかしたら拷問の一種なのかも…とくだらないことも考えてしまいました(笑)
ライアンも一度入ってましたよね。役者さんが気持ち悪くならないか、余計な心配をしてしまいます。

一応主要人物の名前と顔は覚えましたが、この先囚人が沢山入所してきたらまた混乱しそうです。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

再放送開始

OZ待ってました、再放送。この前は中途半端な再放送のされ方だったので今度はうれしいです。第1話を見て驚いたのが、「エメラルドシティはオズの中でも規則の多いところ」と新入りに看守が説明していたところ。そうだっけ? 後半になればなるほどなんか自由な感じがして

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。