Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これから御覧になる予定の方はご注意ください。

ちのは突然帰ってしまった幣原を追って土肥に戻ってくる。はっきりとプロポーズの言葉を聞きたいちのだったが幣原ははぐらかし、微妙な関係のままちの母娘は幣原の元に居着く。
dousoukai8-01.png検査の結果、アタリの心臓付近に腫瘍ができていることがわかった。悪性ではないかと疑ったアタリは、不安で居てもたっても居られず、入院していた病院を抜けだしてしまう。ふと立ち寄ったパチンコ屋で克茂の元恋人由美に出会う。アタリは彼女をホテルに誘うが、実は由美はニューハーフだった。金を要求されたこともあってアタリは激怒。怒りに任せて由美を殴ってしまう。帰り道、繁華街を歩いていたアタリは若い客引きに会う。しかしそれは由美の復讐だった。彼女の仲間に取り囲まれたアタリは廃工場に連れて行かれ、彼らからレイプされてしまう。アタリは思わず風馬の名を叫んだ。
唯子にアタリの居場所を聞かれた風馬は、夜中にどうにも心配になって七月とともに彼の家に向かう。しばらくすると、血だらけでボロボロになったアタリが帰宅。彼は風馬を見るなり「俺は女が好きなんだ! 男同士なんて反吐が出る」と叫んで唯子と部屋に閉じ篭もった。dousoukai8-02.png激昂した風馬が「言ったことを取り消させる」とアタリが部屋を出るのを待っていると、唯子が泣きながら飛び出してくる。唯子の言葉から、アタリが命に関わるかもしれない病気を患っていることと、複数の男と関係を持ったことに、風馬と七月はショックを受けた。
「あなたと風馬さんのこと、やっと立ち直ったのに! あなたとは結婚できない」と、唯子は去っていき、七月は慌てて彼女の後を追う。唯子はアタリにはついて行けないことを、きっぱりと七月に言う。アタリの様子から、風馬は彼がレイプされたことを察する。父親の知り合いの病院で個室を借りた風馬は、アタリを入院させて自分もそこに泊まった。
数日不審な行動を取っていた風馬は、アタリの屈辱を晴らす決闘に行くと言って七月を後にする。七月は決闘の場所が走り書きされたメモを拾い、こっそりそこへ向かう。dousoukai8-03.pngその頃嵐は唯子に「死ぬかもしれない」とメモを残して外出。彼が向かっていたのは決闘の場だった。そのメモを見た唯子も、嵐のバイクを目印にそこへ向かった。
男たちと殴り合っていた風馬は、助っ人に現れた嵐を見て愕然とする。嵐は「親友を助けない奴を風馬さんは許さない」と、風馬とお互い心の中で名を叫びながら殴り合いを始める。到着した唯子はその場面を見て「もう耐えられない」と叫び逃げ去った。七月も訳が分からずふたりを見てただ呆然とする。


※腐的発言があります。苦手な方はご注意ください。
男とバレた後の由美の声が男性の吹き替えで、盛大に萎えました(-_-;) しかも変声機使ったみたいでキモ声だし… いくらニューハーフでもそんな声変わらないよ(^^;
確かに暴力は良くないけど、その仕返しに暴行&レイプはやり過ぎなのでは… 嫌な気持ちになります。dousoukai8-04.png心配で言ったんだけど、潮ちゃん(リンチを恐れて手を出さずに見てた)の「すぐトイレ行ったほうがいいよ。精液ってお腹の中で下剤みたくなっちゃうから」ってセリフには軽く衝撃でした。いや、生々しくてorz デビュー前といえどアイドルによくこんな(以下略 V6の坂本さんの役も凄かった。メインでアタリをレイプした人だったし。この時穿いてた黒ビキニは坂本さん自ら用意したらしいです( ´ー`) これからやるぞって時のニヤリと笑った顔が怖かった(;゚Д゚) デビュー前といえどアイドルに(略
血だらけでふらつきながら帰宅するアタリの姿は凄惨の一言…なのに風馬が台無しに。唯子が耐え切れずに「風馬さんのことやっと立ち直ったのにまた他の男たちと… 病気が怖いのはわかるけど」って吐露したら、七月「病気ってなんのこと?」は当然として、風馬「他の男たちってなんだよ?!」ってw 風馬~!! 心配なのは怪我でも病気でもなくそこか?! そこなのか?! アタリがもの凄く可哀想なのに、風馬には笑ってしまいました(^^; 七月も突っ込めよ!w
dousoukai8-05.png風馬は昔はやんちゃしてたらしい。お坊ちゃん風なのに。そういえば3話かで、キチンレースした話をしてたのを忘れてました(^^; 決闘場行くと、殴り合いにナイフのウェスト・サイド・ストーリーです。嵐登場で殴り合いは殴り愛に。お互い見つめ合い名前を呼びながら、上になり下になりの格闘です。これって脚本の井沢先生的にラブシーンの投影なんじゃ?! 唯子もそう思ったのか、叫んで出て行ってしまいました。尚、5・6人いたはずのレイプ仲間がふたり(+嵐)しか来なかったことにも突っ込んでおきますw ←嵐「友達忘れるような男じゃない。(略) 金玉持ってんだよ」ってことは後の3・4人は… 嵐はもうちょっと友達選んだほうがいいと思う。この件で坂本さんのキャラ(名前不明)とは縁が切れるかもしれないけど。
それにしても血の気の多い激情型の人ばかりで毎度ハラハラします。そこがドラマになって面白いんですけどね(^^;

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。