Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話「人間の成分」(...and the Bag's in the River)
BrBaS1-03-01.pngウォルターがマリファナを吸っていると思っているスカイラーは、小説の登場人物の話だと嘘を付いて妹のマリーに相談する。マリーは嘘だと見抜くが、マリファナを吸っているのはジュニアだと考える。マリーはハンクにジャンキーの生活を見せてジュニアを脅せば彼が吸わなくなるのではと言い出す。ハンクはジュニアを連れてジャンキーの集まるクリスタルパレスに連れて行く。
地下に閉じ込められているクレイジーエイトは、ウォルターに彼の素性をジェシーから聞いたと言い、「彼は口が軽くて信用ならない」と自分を逃がすように言う。ウォルターはクレイジーエイトを殺すべきかどうか迷い始める。そんな時、クレイジーエイトに食事を運んでいたウォルターは、彼の前で倒れた。
BrBaS1-03-02.pngウォルターはクレイジーエイトを殺さない理由を探し、彼に身の上話を聞く。クレイジーエイトの実家が以前に家具を買った家具店と知り、彼に親近感を持ち始めてますます迷う。クレイジーエイトはそれに気付き、言葉巧みに自分を逃がすよう言う。ウォルターも逃がす気になっていたが、割れた皿の破片がひとつなくなっているのに気が付く。クレイジーエイトの首を拘束しているU字ロックの鍵を外そうとした時、彼が懐に手を忍ばせたのを見たウォルターは、思い切りロックを引いて彼の首を絞めた。
ハンクらDEA(麻薬捜査局)が、ウォルターがメスを"調理"をしていた現場へ。そこに置き去りにされたクレイジーエイトの車を発見する。その頃、ウォルターはスカイラーに「話がある」と声を掛ける。


第4話「家族への告知」(Cancer Man)
クレイジーエイトはDEAが雇っていたタレコミ屋だった。彼が車に残したメスは99%以上の純度。メキシコで発見されてないことから製造は国内と考えられた。
BrBaS1-04-01.pngウォルター、ジュニア、マリー&ハンク夫婦と家族でバーベキューをしていたスカイラーは突然泣き出す。ウォルターは彼らにも自分が肺がんであることを告白する。打ちのめされた家族だったが、マリーが務める病院の知り合いである放射線科医の伝手を使い、高名ながん専門医の診察を受けられるようすると言う。
ジェシーは常に誰かに狙われているような不安に襲われ始める。モルモン教徒がノックする音に警察が来たと思ったジェシーは、家を抜けだして実家に帰った。BrBaS1-04-04.png優等生の弟と違い何度も薬物にのめり込んだジェシーを両親は突き放そうとするが、食事の支度を手伝う彼を見て思い直す。しかしジェシーがマリファナを持っていたため、彼を家から追い出した。マリファナは、両親から期待を一身に背負って重圧を感じていた弟が吸っていたものだった。
ウォルターは、がんの検査をするだけで5000ドル掛かると知り驚愕する。治療を渋っていたウォルターは、ジュニアから「なら諦めて死ねばいい」と痛烈な言葉を浴び、化学療法と放射線治療を受ける決心をする。


3話の原題が2話(Cat's in the Bag...)と繋がっています。「猫が鞄の中にいます。そして鞄は川の中です」ってΣ(゚Д゚; 危機的状況を表してるんでしょうか。ちなみにCat's in the Bag...には「秘密を公にしろ(Disclose a secret)」っていう意味があるらしいです。(こちらを参照) 怪しい行動をするウォルターにスカイラーはそう思ったでしょうね。そして3・4話のがんの告知にも繋がってるんだと思います。タイトルの付け方が秀逸です!
人間の成分、Ca(カルシウム)が0.25%しかないのが驚きでした。骨自体は多いのに。他の成分はCとHとOかな?
3話のハンク&マリー夫婦パートのバカっぽさのせいで、ウォルターパートのシリアスさが引き立ちました。クレイジーエイト殺害エピソードは見ていて辛かった。BrBaS1-03-03.png彼を殺さないで済む理由をう○こしながら考えてるから、この時は「結局は殺さなくて済むことになるんだろう」とか思ってまだ笑ったりもしてたんですが、彼が自分を殺そうor傷つけようとしてるのがわかって遂に…! 「済まない。許してくれ」って泣きながら首を締めてるのを見るのは、普通に殺すのを見るよりも、ストレスや罪悪感をモロに感じてしまってキツかったです。クレイジーエイトの壮絶な表情で固まってる顔もだけど、皿の破片を持った手が機械的に何度も振り下ろされてるのがまた怖かった… 生きたいという本能から来る反射のように見えました。
4話で子供部屋のベビーベッドが写るんですが、そこに"タンピコ家具"の文字。3話でクレイジーエイトが話してた実家の家具屋さんです。普通の生活しててこんなふうに何気なく犯罪と縁を持つことがあるなんて… いや、クレイジーエイトのご両親は完全に堅気かもしれませんが。ウォルター達が住んでるアルバカーキって犯罪率が高いところなのかなぁ
BrBaS1-04-05.pngジェシーが薬に走ったから、弟が兄の分まで期待を一身に背負って負担だったんだろうな… 固いところはあるけど悪い親じゃなさそうだったから、両親にとってもジェシーにとっても可哀想… ジェシーは絵が上手いけど、そっちの道には進めなかったんでしょうかね~ ウォルターの絵は上手いけど内容が酷い(^^; 何が刺さってるんだ?w ジェシーは両親から見放されて、ウォルターの家に向かった時、親の年に近い彼に肉親の愛情みたいなものを求めてたところがあった気がします。
一回の検査だけで約59万円くらいだなんて、あっという間に破産しそう((((;゚Д゚)))) がん保険に入ってたら多少安いんだろうけど、その保険料がまた高いんだろうな(-_-;) おちおち病気も怪我もできませんよ… 日本で生まれてよかったってしみじみ感じます。家族への告知は辛いでしょうね。自分自身辛いのに、周りで騒がれるとありがたいけど余計に気が滅入りそうではあります。
病院の駐車スペースを横取りした勝ち組ケン・ウィンズ(Wins)さん(仮称)に仕返ししようとした時のウォルターの顔! 悪人面になってますよ(^^; ハイゼンベルクが表に現れ始めたか?!

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。