Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからご覧になる予定の方はご注意下さい。
81c-ZF0X1oL_SL1500_.jpg2013年 英国作品
マシュー・リース、アンナ・マックスウェル・マーティン他

※日本語版DVD及びBDは発売されていません。

エリザベスは、ルイーザが事件当日の朝にダニーと会ってたことを知る。またその時ダニーが同伴していた女性はエリノアといい、エリザベスが森で会った不審な女性だった。ルイーザは事件が落ち着くまでエリノアに赤ん坊を預かってもらう予定だったが、彼女に会いに行くとダニーが同伴しており、彼に金を渡されたのだという。赤ん坊を奪われると思ったルイーザは、その場から逃げ去った。そしてその帰り、ルイーザはフィッツウイリアム大佐を見た。
ウィッカムはルイーザとは、リディアと彼がダーシーの城に滞在中に出会った。このことが知られれば、陪審員のウィッカムへの心象は最悪に。裁判でも有罪になるだろうと考えられた。セルウィン判事は、ダニーが事件当日森へ向かったのはルイーザに会うためではないかと考え始める。しかしダーシーは、事件とルイーザには関連がないとそれを否定した。
裁判が始まり、ウィッカムは事件当日の様子を供述する。訴追弁護人のカートライトがウィッカムの借金が書かれたリストを公開し、金のために殺したのではということを暗に訴える。ウィッカムがダニーはすでに倒れていて安全な場所に運ぼうとしたと反論すると、重傷のダニーを動かしたのは現場の証拠を隠ぺいするためだったのではないかとカートライトは追求した。そして彼は、宿屋の前でウィッカムとダニーが口論していたのを聞いていた宿屋の女主人を証人として喚問した。その内容は明らかにウィッカムの証言とは違い舞踏会のことではなかった。
裁判の傍聴席に見知った女性エリノアが座っているのを見たダーシーは、閉廷後に彼女を追う。エリノアはかつてダーシー家でジョージアナの家庭教師をしており、実はウィッカムの異母兄妹だった。ルイーザの赤ん坊を引き取ろうとしたのも、彼女が兄の赤ん坊を育てようとしたためだった。またダーシーは、フィッツウイリアム大佐が事件当夜に会っていたという部下の妹はエリノアで、大佐が赤ん坊のことを隠蔽しようとしていたことを知った。
翌日、ダーシーとセルウィン判事の証人喚問が行われた。セルウィン判事が赤ん坊のことを伏せたため確固たる動機が分からないにもかかわらずウィッカムは有罪に。判決を聞いたエリノアは馬車の前に飛び出した。二日後にウィッカムの絞首刑が行われることが決まった。
元使用人で重病のウィルの死期が迫っているのを知ったエリザベスは彼を訪れる。そこで彼は重大な告白をした。赤ん坊のことでルイーザを訪れたダニーをウィッカムだと思ったウィルは彼を殴打。逃げたダニーは谷を転げ落ちて墓石に頭を打ち付けたのだ。エリザベスはその内容を書き留めるとウィルに署名させる。夜が明け、処刑が始まろうとしていた。エリザベスは裁判長を訪ね、ウィッカムの処刑は中止になった。
数日後、ウィッカムとリディアはアメリカで新生活を送ることに。ジョージアナは弁護士のアルヴェストンと婚約。ダーシーとエリザベスは第二子を授かった。


ウィッカムはキャラが明らかになるほど印象が悪くなっていきます(^^;) リディアとは駆け落ち未遂したそうだしジョージアナにもかつて手を出していたようで(-_-;) でもそれでも助かってよかったです。無実の人が有罪で処刑されるくらい後味悪いものはないですもんね。ウィッカムが無実とわかって連れ出される後ろで処刑されてた罪人の中に、もしかしたら同じように無罪の人がいたんじゃないかと考えてしまいました。
フィッツウイリアム大佐はちょっと可哀想だったかも… まぁ最初からジョージアナは脈なしだったみたいだし? 従兄弟だから好意的に接してただけか(^^;
原作ではもっと重要な人物かもしれないですが、エリノアはあんまり居てもいなくても物語には影響ない人物な気がします。怪しげで正体は誰だろう?って思ったらウィッカムの妹とか、なんか唐突な気がしました。ドラマだから描くのに尺が足りなかっただけかな…
リディアがウィッカムの処刑前夜になって気丈で、今までウザいだけだったので見直しました。セルウィン判事も子供のことを隠して必要以上に糾弾しようとしないし、ありがちな意地悪なライバルじゃなくて良かったです。
最初はダーシーとエリザベスの夫婦が起きた事件を解決するドラマかと(勝手に)思ったので、あまりそういう動きもないから驚いたというか拍子抜けしました。エリザベスはルイーザに事情聴取したり真犯人を突き止めたりとかはしてたんですが、ダーシーの方は全くと言っていいほど。しかし前作(これは二次創作なので原作?)はエリザベスが主人公だったようで、今回もダーシーは主役は主役だけどメインはエリザベスなのかと感じました。
※後日キャプチャ画像を入れようと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。