Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからご覧になる予定の方はご注意下さい。
81c-ZF0X1oL_SL1500_.jpg2013年 英国作品
マシュー・リース、アンナ・マックスウェル・マーティン他

※日本語版DVD及びBDは発売されていません。

ダーシー(マシュー・リース)とエリザベス(アンナ・マックスウェル・マーティン)は城で舞踏会を開くが、そこに飛び入り参加しようとしていたエリザベスの妹リディア(ジェンナ・コールマン)の夫ウィッカム(マシュー・グード)と友人ダニー大尉の行方がわからなくなる。リディアによるとふたりは馬車の中で口論をし、途中で馬車を降りていった後に二発の銃声が聞こえたということだった。ダーシーは城の男たちを集め、森で彼らを捜索する。しばらくの後、「僕のせいだ」と酔って泣いているウィッカムと死んだダニーが発見された。
容疑者が義弟であることからダーシーは、隠蔽を疑われないようにと保安判事のセルウィンを訪れ、事件の報告をする。セルウィン判事は早速ダーシーと一緒に彼の城へ向かった。ダニーの遺体を検分したセルウィン判事は、彼の死因は銃ではなく大きな鈍器で後頭部を殴られたことによるものと判断。銃声は、ダニーが犯人に向けて発砲したものではないかと思われた。
メイドたちがライリー夫人の幽霊を見たと騒ぎ立てた同日、エリザベスは元使用人で重病のウィルを見舞った帰り、森で不思議な女性に遭う。昔ダーシー家のまだ子供だった使用人のライリーがセルウィン判事の領地で密猟をし、その罪で絞首刑になったことがあった。母親のライリー夫人はそれを悲しんで森で自殺。以後、"彼女の幽霊が現れると屋敷に災いが訪れる"という迷信ができた。
翌日、事情聴取が始まった。二発の銃声のうちひとつは、ダニーを追っていったウィッカムが倒れている彼を発見し、人影が見えて発砲したもの。もうひとつは人を呼ぶために発砲したものだった。彼はダニー殺害を否定する。家の遺産管理人の息子だったウィッカムと一緒に育ったダーシーや、ダーシーの従兄弟でかつてウィッカムと共にフランス戦線を戦ったフィッツウイリアム大佐には、彼は恩知らずではあるが殺人を犯すような人物ではないと考えられた。しかし発見時にウィッカムが「僕のせいだ。僕が殺した」というのを複数が聞いている。ダーシーはそれは口論のことだと言ったが、ウィッカムの帽子からは隠されていた大金が見つかっており、事件を複雑にしたくないセルウィン判事は、彼が金のために犯行を起こしたと決めつける。有罪になればウィッカムは絞首刑になるだろうとセルウィン判事は言った。


久しぶりのマシューさんの古装コス物ドラマです! 衣装が似合います(*´Д`) 時代は1800年代半ば? ナポレオン戦争より後のお話のようです。
本作は「高慢と偏見」という作品の後日譚なんですが、この作品は「高慢と偏見」の作者ジェーン・オースティンが書いたものではなく、P・D・ジェームズ氏が書いた二次創作となっています。
エリザベスの母親と妹リディアが、本当に母娘?姉妹?って不思議に思うくらい、なんにしても大げさに騒ぎ立てて…(^^; エリザベスは真面目で大人しい父親似だったようです。あまりにキャラが違うから、誰の妹だったのか最初わかりませんでした(^^; ダーシーにしてもそんな騒ぐような性格じゃないですしね。
使用人のライリーの話は今のところ関係無いような気はするんですが、これから絡んでくるのかなぁ 彼に絡んでセルウィン家とも確執があるようで、このことが裁判に影響してくるんでしょうか。ライリー夫人の幽霊というのも、実は母親は生きていたのか、もしくは誰かがライリー夫人の(幽霊の)振りをしているのではないかな? どうやってこの殺人に絡んでくるのか今のところ謎です。実は生きているとしたら、彼女は心神喪失状態ではあるけど、殺人を見てしまってそれを誰かに伝えようとしてるとか?
ダーシーの妹ジョージアナにふたりの求婚者。ひとりはいとこで大佐。もう一人は若手弁護士。弁護士は彼女の意思を尊重してるところも見られるし、妹はどちらかというと弁護士の方に好意があるように見えます。大佐は地位もあるし金持ちだしイケメンだけど、ちょっと高圧的なところがあるかも… これは事件とは関係ないエピソードかな?
マシューさん演じるダーシーは、1話では事件の真相を探ろうだとかそういう動きはないです。これからそういう展開になるんでしょうか?
※後日キャプチャ画像を入れようと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高慢と偏見そして殺人

2016年7月に 開始から 30分間ほど見て挫折。 その間、とくに大きな事件が発生する訳でもなく、登場人物が増える一方で誰が誰で、誰と誰が親子なのか親戚なのか使用人なのか必死で覚えたところ…

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。