Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9話「死せる者 死にゆく者」
S3E09-01.png殺した偵察隊がポンペイウスの兵だったことを知り、スパルタカスはローマからのポンペイウスの進軍を懸念する。そんな時にクリクススの首を携えたナエウィアがたったひとりで野営地を訪れる。クリクスス軍を破ったとスパルタカス軍に知らせ、彼らを動揺させるためのクラッススの作戦だった。
S3E09-02.pngポンペイウスの騎馬兵がやってきて、クラッススに協力を申し出る。「手柄を横取りする気だ」と反対するティベリウスに、カエサルはポンペイウス軍と組んでスパルタカス軍を挟み撃ちにするようにと、組んで戦うよう薦める。それに辺り、まずは側近に相手の意図を探らせるよう言い、カエサルはその役にティベリウスを推薦する。しかし出向くよう言われた場所にティベリウスが赴くと、そこに居たのはポンペイウス軍ではなく彼らに成りすましたスパルタカスたちだった。その後本物のポンペイウスの使者がクラッススを訪れ、クラッススは最初に来た使者が偽物だったことを知った。
S3E09-03.pngスパルタカスは野営地を闘技場に見立て、クリクススたちローマに犠牲になった者たちを讃えようと、捕らえたティベリウスたちを闘技試合で処刑することにする。スパルタカスやガンニクス始めかつての剣闘士たちがローマ兵を次々と処刑。ナエウィアもクリクススの仇であるティベリウスとの試合を始めるが、そんな時にカエサルがティベリウスと捕虜500人を交換するというクラッススの意向を伝えに来る。ティベリウスは帰されることになったがコーレはそれを許せず、引き渡し場所で彼を殺害。代わりに自分が取引の材料になった。スパルタカスは戻った仲間と一緒に、皆でクリクススやこれまでに散った仲間たちを弔い、改めて自由を勝ち取る決意をした。


ナエウィアはコーレに「逃げるときになぜクラッススを殺さなかったの? そうしたらクリクススは死んでなかった」って言うけどそんな無茶な… クラッスス殺してたら自分も殺されてるよね… ナエウィアは相変わらず自分勝手なことばっかり言う人だわ(-_-;)
S3E09-04.png十分の一刑でも追悼試合でも助かってティベリウスも運が強いと思ってたら! コーレも自分勝手だなぁ… 息子が嫌で逃げただけで、本当は帰りたかったんですね。でもさすがに一度裏切ったから、クラッススも愛は残ってても前みたいに信用はできませんよね。てかいくら愛奴でも息子の代わりにはなれませんよ… カエサルは絶対最初の使者が偽物って気付いてましたよね~ じゃなきゃティベリウスじゃなくて自分が行ってたと思います。
S3E09-05.pngガンニクスは根っからの剣闘士って感じ。相変わらず楽しそうに戦ってるなぁ ローマ兵ふたりを相手にしたスパルタカスに張り合って自分は3人。彼も元カプアの王者ですしね。負けていられません( ´ー`) わざわざ崖のギリギリのところに立って戦うとは、3人相手でも余裕だからというパフォーマンスなのか。
S3E09-06.pngクリクススの葬儀のシーンはこれまで見てきたファンとしては感動!(TдT) 皆がそれぞれ家族や恋人、友人の名前を口にするのが良かった! スパルタカスは奥さんのスーラに親友のウァロ、そして恋人だったミラ。ガンニクスは親友のオエノマウス。アグロンは弟ドゥロ。それからドナール、ラスコス、リスクス… かつてのシーンが思い出されました。最後は皆一斉にクリクススの名を叫んでスパルタカスが決意表明。史実なのでどうなるかわかってても、勝利を願わずには居られません。
※腐発言があります。ご注意!
S3E09-10.png拷問や磔の酷い傷で無事とはいえないけど、アグロンが生きて帰ってこられてよかった(´;ω;`) いやもう本当離れるべきじゃなかったですよ! アグロンはナシルに「お前は俺が守る」とか言ってたのになんで離れてんのよ、嘘つき~ヽ(`Д´#)ノ クリクススと行くのはより危険だから、アグロン的には離れることが守ることに繋がってたのかもしれないけどさ… アグロンも手を怪我して(筋ヤラれて?)剣持てなくなっちゃったし、これからはナシルに守ってもらうといいです! ナシルもかなり強くなりましたからね。冗談じゃなくて守れるんじゃ?!

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。