Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話「宴の慰み」
闘技会でスパルタカスとウァロの戦いを見るカラウィウス長官親子。長官は息子ヌメリウスの誕生日の宴に模擬試合を催すことを計画。バティアトゥスは自分の屋敷で宴を催すよう薦める。イリティアはリキニアを殺害してからバティアトゥスの家で引き篭もる。ルクレティアは怪しまれないように長官の息子の宴には出席するよう言う。
ミラがウァロの妻子を探し出し、妻アウレリアが面会にやって来る。ウァロは彼女に、身籠った子供も彼女の一部として愛すると誓う。
宴も興に乗りいよいよ模擬試合が始められようとする。スパルタカスとクリクススが戦う予定だったが、ヌメリウスが突然クリクススの代わりにウァロを戦わせるように言う。イリティアがウァロがスパルタカスと親しいのを知り、色仕掛けでスパルタカスと模擬試合をする相手にウァロを選ばせたのだ。試合はスパルタカスの勝利。互いの健闘を讃えるスパルタカスとウァロだったが、ヌメリウスは敗者に処刑の裁定を下す。バティアトゥスは模擬試合だからと断ろうとするも、長官に言われて渋々スパルタカスに命令。躊躇するスパルタカスに「ふたりとも殺される」と、ウァロは彼の剣を自ら突き立てる。ウァロは家族のことをスパルタカスに頼み絶命する。
カラウィウス長官が機嫌がいいのに好機と見たバティアトゥスは政界への口添えを頼むが、そこへ「それには家柄と資質、財産が必要」とソロニウスが現れる。長官の前でソロニウスを辱めるつもりが、恥をかいたのはバティアトゥスだった。


スパルタカスも王者として胸像を作ってもらったんですが、よく見たら角柱の台座の前面のところにイチモツが! なんでやw 剣闘士の"剣"のつもりかな?! 他の人のにも付いてるしアレ付けるのは普通? 謎なセンスです…
バティアトゥスはかなりスパルタカスに入れ込んじゃってます。チェス(?)の相手をさせるわワインはご馳走するわ、相手になってくれたからってお礼まで言って、ルクレティアにたしなめられる始末(^^;
クリクススはナエウィアと愛し合ってるところをアシュールに見られてしまいました。絶対悪用されますよね、これ(-_-;)
うあぁぁ… ウァロ… これは辛い… せっかく奥さんとやり直そうとしてたのに。死亡フラグだったわけですか(´;ω;`) 栄誉もなく長官やそのクソ(失礼)息子のご機嫌取りのために殺されたのに、長官はソロニウス側でけっきょく無駄死だしあれはやりきれないわ… スパルタカスが泣く泣くウァロを殺した後しっかり周りを見回してましたが、あれはあの場に居た人全員に復讐しようと見てたんじゃないでしょうか? そうでなくてもそうして欲しいです…
なんかこれ、闘技場以外のところで剣闘士がけっこう死ぬんですね(´・ω・`) 死なないといけないなら、クリクススが言うように、せめて栄誉ある死に方をさせてあげて欲しいです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。