Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからご覧になる予定の方はご注意ください。

dousoukai5-01.jpg突然七月に風馬と別れるようにいう風馬の母。彼女は七月に嘘を付かれていたことが許せないのだ。風馬は母に「俺がしばらく母親のことは伏せておこうと言ったんだ」と弁明するが、七月は昨晩のこともあって、別れたほうがいいのでは?と切り出す。七月と別れたくない風馬は、スプラッシュに出向き、嵐に別れを告げる。
嵐はガールフレンドに「他に好きな人ができた」と告白。それが男性だと言われて信じられない彼女は、その相手の名前を嵐から聞き出す。
風馬とのことで迷いが生じた七月は、考えをまとめようと、ちのと一緒に土肥に。入れ替わりに克茂が上京。皆がアタリのマンションに集まる。克茂は紹介したいと、そこで皆に由美を会わせる。皆が帰った後、克茂はアタリに「由美と再婚してもいい。子どもが欲しいんだ」と漏らす。「風馬も泊まればよかったのに」という克茂に、アタリは「結婚したんだから」と寂しく答える。
dousoukai5-03.jpg七月が風馬のことで帰ってきたと感づいたちのだったが、七月は言おうとしなかった。だが七月はちのに、ホテルで出会った"先輩の息子"のことを聞く。風馬が愛しているアタリに似ているのでは?と思ったのだ。
アタリと唯子の夫婦然とした姿を見て苦しい風馬は、家に向かう途中、七月と話そうと彼女が泊まっている幣原の家に電話を掛けるが、時間が遅く出るものもいない。思い余って嵐に電話をするが、出たのは唯子だった。嵐も留守をしている。だが風馬はそれが誰とも気づかずに電話を切る。
翌朝、東京に帰り母親の見舞いに来た七月は、母の病室に風馬が居るのを見る。「七月は自分の命の一部」と風馬が想いを母親に話しているのを聞き、風馬と共にいることを決心する。しかし風馬の母は、別れさせようと七月に嫌がらせを始める。
夕方、風馬の母のもとに、"安藤風馬に恋人を取られた"という女子高生から、「安藤風馬はホモだ」と電話が入る。母は、スプラッシュに風馬のことを尋ねに行く。マスターには「うちの客じゃない」と言われるが、疑いは晴れない。
七月が家にいないことを知った風馬は、出て行って嵐に電話。「姉が居ないから」ということで、嵐のアパートでふたりは会う。ところがその姉が急に帰ってきてしまい、風馬はバスルームに隠れるが、そこで嵐の姉が唯子であることを知ってしまう。
dousoukai5-05.jpgショックを受けた風馬は、七月に電話をするが、彼女はちのと翔子のところへ行っていて留守をしている。ショックを何かで埋めようとした風馬は、気づくと公園へ。そこで男性に誘われるまま性交しようとする。その頃バスケットのボールを追いかけて来たアタリは「"ホモ狩り"をしてる」という集団と出会い、騒ぎの中心へ駆けつけるが、そこで痛めつけられていたのは風馬。アタリは傷付いた風馬を庇い、誰にも知られないように自宅マンションへと彼を連れ帰る。アタリに現場を見られた風馬は、果物ナイフを喉に当てて自殺しようとする。それを止めるアタリに、彼は想いを告白。アタリは戸惑いながらもそれを受けとめようとする。
帰った七月に、風馬の母は夕方の電話のことを尋ねる。七月は、工事のことで学校と揉めているから嫌がらせだろうと話すが、不安な母親は七月に風馬のことを頼む。


※少々腐的発言があります。苦手な方はご注意ください。
今回も中身が濃いです!
dousoukai5-02.jpg苦しんでる風馬、可哀想なんだけど、なんか萌えてしまいました 色々ショックを受けたりホモ狩りに遭ったりしながら、とうとうアタリに告白! 皮肉な話、ゲイがバレたことが告白のきっかけになりました。
普通ならそんな告白されて「勘弁してくれ(汗)」って思うことだと思いますが、風馬が自殺までしようとしてたからなのか、以前風馬が自分の為に命を掛けてくれたことがあったからなのか、アタリは意外にも風馬の気持ちを受け入れようとします。「俺はどうしたらいい?」と聞くアタリに、「キスしてくれ」と言う風馬は、「できるはずない」と思っています。それをアタリは風馬の顔押さえつけて自分からキス! そしてさらに「これから後は? 教えてくれ!」ですよ! なんかもうビックリです。あまりにも風馬が大切すぎて、彼の気持ちに答えてやりたいって思ったんでしょうかね~ でも「ちょっと反応した」なんて言ってたところを見ると、多少はそのケもあるのかもしれませんが、BLでよくある「男が好きなんじゃない。お前が~」みたいなものなのかな? 井沢満先生(このドラマの脚本家)、"腐女子"ですね
dousoukai5-04.jpg七月を追いだそうとしていた母親ですが、「息子がゲイかも?」って疑いだしてからは立場が逆転。急に七月に優しくなります 結婚している間は周りにゲイだとは疑われないだろうし安心なんでしょうね。七月はよく戻ってくる決心をしました。しかし、風馬が自分を必要としている、ということに依存している気がしないでもないです。
公園でハッテン中だった風馬、イケメンの白人(?)男性→にBJされてましたが、ショックのせいかあんまり良さそうな感じでもないうえに、なんか磔にされてるような格好で… この演出には意味があるんでしょうか? 風馬が罪を犯しているとか、そういったことを描きたかったのかな? そして風馬はまたもや嵐を利用しています。自分から別れるって言ったくせに…
克茂の奥さんは実家に帰ったままだそうで、新しいガールフレンド・由美を皆に紹介した彼は、結婚を考えています。克成のことはかなりどうでも良くなってますが、これがまた話の伏線になるんですよね

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。