Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1999年末、ミッチェルは友人の吸血鬼カールとともに禁血を始めていた。
ミッチェルは、働いていた病院に送られてきた遺体を見て驚く。遺体の男性はカールの恋人ダンだった。カールは血の欲望に負け、彼を襲ってしまったのだ。カールを匿うミッチェルだったが、やっと落ち着き始めたニーナに良くないと、ジョージは匿うことに反対する。
アニーが働き始めたパブで彼女と仲良くなったソウルは、TVの司会者が自分に話しかけるのを見る。司会者の男はソウルに、アニーを落とすために事故で死にかけた話をしろという。その話に妙な親近感を抱いたアニーだったが、彼は「彼女も望んでいる」というTV司会者の言うがままアニーを襲い、彼女はつい姿を消して家に逃げ帰ってしまう。そんなアニーを、パブのオーナーで彼女に想いを寄せるヒューが慰め、彼女は初めてヒューに愛情を感じた。
ミッチェルたちの家には謎の組織によって盗聴器が仕掛けられており、ニーナが狼女になったことを知られてしまう。彼らはニーナを隔離しようと考える。
逃げるのに疲れたというカールのために、ミッチェルは彼を仮死状態にして死んだことにする。検死も問題なく済んだ後、ジョージも警報器を押して、消極的ながらも病院から逃げるのを手伝った。そんなジョージを、ニーナは「人殺しを助けた」と詰った。
カールを吸血鬼のアイヴァンに引き渡したミッチェルとジョージは、病院への帰り道にソウルが救急車で運ばれて来るのを見る。彼は交通事故に遭っていた。ミッチェルたちの連絡を受けてソウルを見舞っていたアニーだったが、ソウルの様体が急変し、彼は死亡。直後、彼は霊になってアニーを、突然壁に開いたドアの先へと連れて行こうと襲った。ソウルはアニーを天に送るために殺されたのだった。激しく抵抗するアニーに、ソウルは諦めたのか、一人でドアの向こうへと去っていった。
翌朝ニーナは、ジョージを襲いたくなる衝動を抑える自信がないとミッチェルに告げ、ジョージに黙って家を出て行く。そんな彼女に、謎の組織の男ケンプが自分たちのところに来るようにと声を掛けた。
アニーはいつものように出勤したが、オーナーのヒューは彼女を無視する。アニーは彼には自分が見えていないことに気づいた。


ミッチェルは自分も禁血を破った経験があるから、カールの飢えがわかったんでしょうね そういう飢えの苦しみもあるから、カールはダンを仲間に出来なかったっていうのもあったのかな? カールは「仲間にしたら優しくなくなる」って言ってたけど、ミッチェルは優しいですよね~ 失恋の女医さんに金魚あげて慰めたりしてたしね。禁血してるから優しさを保てるのかな?
アニーは普通にソウルともヒューとも触れ合ってましたが、いつの間にか見えるだけじゃなくてちゃんと実体化もしてたんですね~ でもソウルとのことがショックでまた見えない状態にorz せっかくヒューといい感じになってたのに
ニーナ出て行っちゃいました ただでさえ自分が人外になったことを受け入れきれず、人を襲ったらって心配してましたもんね。彼氏やその友達が人を襲うのを仕方なくにしても助けてるのを見たら、自分が本当に人間じゃなくなっていくような気になったんじゃないかという気がします。
ケンプの所属してる謎の組織の名前ってないんですかね? いつまでも"謎の組織"とかじゃ言いにくいし… 組織のリーダーはなんとかいう教授みたいですが、どこが出資してるのかという… 政府か? 地球内外の脅威に対処する的な"トーチウッド"みたいな組織?

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。