Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからご覧になる予定の方はご注意下さい。
ハート デラックス版 [DVD]1998年 英国作品
クリストファー・エクルストン、サスキア・リーヴス他

全身に返り血を浴び、血まみれの紙袋を持って電車に乗る女性マリア(サスキア・リーヴス)。彼女は墓地に着くと一心不乱に墓を掘り起こそうとする。そこへ警官隊が到着。彼女は逮捕されると、事件を語りはじめた。
Heart01.jpgゲイリー(クリストファー・エクルストン)は飛行機で荷物を運ぶことで生計を立てていたが、妻テス(ケイト・ハーディ)の浮気を疑い証拠集める。妻の車が男の家に停っているのを見たゲイリーはテスを責め立て、嫉妬のあまり心臓発作を起こしてしまう。ゲイリーは車椅子生活を余儀なくされてしまった。テスは浮気相手である作家の男アレックス(リス・エヴァンス)とは肉体関係はなかったが、「どうせ疑われている」と言うアレックスの言葉に、ついに関係を持ってしまう。
ニコラ(アンナ・チャンセラー)はドラッグ中毒。無謀な運転をして対向車線にはみ出してしまい、それを避けようとしたマリアの息子ショーン(マシュー・リース)が転倒。脳死状態に陥ってしまう。ドナー登録をしていた彼の心臓は移植されることになり、マリアは「子供のいる方に」と希望を出して同意する。しかしショーンの心臓に適合したのは子供のいないゲイリーだった。彼は危険な状態に陥りながらも、手術は成功した。
Heart02.jpgゲイリーは順調に回復。テスは「夫の発作への不安から逃れるための現実逃避だった」とアレックスに別れを告げ、夫婦は幸せな時間を過ごした。ドナーのことが気になり始めたゲイリーは独自にドナーのことを調べ、ニコラの裁判の傍聴に来ていたマリアがドナーであるショーンの母親だと確信すると、彼女の家を訪れた。ゲイリーの帰り際、マリアはゲイリーの胸に耳をあて、息子の心臓がそこで動いているのを感じ取った。夜になり、マリアはゲイリーに無言電話をしてしまう。着信記録から電話を掛けたゲイリーは、相手がマリアだったことを知る。
ある晩マリアは無断でゲイリーを訪れ、電車が不通になったからとゲイリー宅に一泊。ゲイリーに付きまとい、テスにも姑のように干渉を始める。面白くないテスは、駐車場でアレックスに誘われるまま再び肉体関係を持ってしまう。この場面は偶然監視カメラに撮られていた。マリアは勘でテスが浮気しているのを感じ取り、ゲイリーに彼女を見張るよう言うと帰っていく。翌日アレックスを待ちぶせたゲイリーは、彼からテスと関係を持ったことを聞かされ、帰ってきたテスを激しく罵った。
ゲイリーの手術をしたクレイトン医師の移植100例目記念のパーティが行われ、そこにマリアが訪れる。テスにつきまといを止めさせるよう頼まれていたクレイトンは、マリアに「移植した心臓はショーンのものではなかった」と話す。信じられないマリアは医師を切りつけ逃走。途中で会ったゲイリーと逃げる。ゲイリーは逃げる途中の検問所で、係員が見ていたテスとアレックスのファックシーンの録画を見てしまい、アレックスを殺そうと、マリアを車に乗せたまま彼の家へ向かった。
Heart03.jpgアレックスの家の窓からは裸のテスとアレックスがいるのが見えた。家に押し入ったゲイリーは、誤ってテスを殴り殺してしまう。アレックスは猟銃でゲイリーを脅そうとするが逆に激昂したゲイリーに猟銃を奪われて殴り殺されてしまう。家から出たゲイリーは、マリアの前で首を切って自殺した。
マリアは、テス、アレックス、ゲイリーの殺害を自供。刑務所に収監されると、そこに収監されていたニコラに近づいた。


ブラシスのケヴィンことマシュー・リースさんの出演作ということで見ました。
Heart_Matthew01.jpgマシューさんの出番はとても少ないです 恐らく2分程度? しかもその1/3くらいが脳死体で、台詞もほんの僅かですorz 心臓を摘出されるシーンでは、役だとわかっていても思わず「やめてぇぇぇ」って心境になりました。ファン心理ですね
マリアが息子の心臓に執着し、ゲイリーを息子と同一視していくかのような描写が不気味でした。16歳で息子を産んで育てた母子家庭で、元々息子への依存も強かったようです。移植がこの映画のように淡々と行われてしまうのを見ると虚しいし、写真や思い出ではない「今現実に"生きている"心臓」だけでもって思ってしまうのもわからないではありません。
これは映画だけど、泣く泣く渡した最愛の息子の心臓を受けた人が自殺なんて、それを目の前で見たマリアのショックは計り知れません。テスが「息子さんの死は(心臓移植したために)無駄にならなかった」って言うんですが、ゲイリーの自殺で無駄にされてしまったようなものじゃないかと思いました
Heart_Matthew02.jpgマリアが犯してもいない罪を認めてしまって、落ち着いて見えても錯乱してたのかと思いましたが、刑務所に入って息子が死ぬ原因を作ったニコラになにかするためだったんですね。復讐かどうかわかりませんが。もしかしたら、息子のことを知って貰いたくて話がしたいだけなのかもしれません。やり場のない感情の持って行きどころを探してるような、そんな気もしました。
ゲイリーがマリアに会いに行かなければ良かったのに、って思います。臓器移植ではドナーの素性も患者の素性もお互いには明らかにされませんが、もしかして実際これ(相手に執着)に近いようなことがあったからなんでしょうか?
医者の「実は適合しなくてゲイリーに移植されたのはショーンの心臓ではなかった」っていうのは嘘なんですよね? しかしそれで、そうやってドナーが現れても適合する患者さんがいなかったり遠すぎたりして臓器が使えないこともあるんだろうなと今更ながら気付きました。やるせないです

コメント

難しい題材ですね(ーー;) 

マシューさん、ほんとうに少ない出番ですが、彼の心臓はとても話に関わってきていて大事な役ですね。マリアの気持ちはわかる気がします。最愛の息子の心臓ですもの。ゲイリーの術後は息子の分身ですから。でも、やはり、移植のドナーはお互い知らない方がいいです。こんなに近いところで移植が行われるのは いろいろも問題がある気がしました。最後は マリアはおかしくなってきているのかな?と思ったけど、もしや(;´д`)仇討ち??
  • クルスマスローズ 
  • URL 
  • 2013年01月11日 (Fri) 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

やっぱり仇討ちなのかな? 私はなんとなくですが、マリアがニコラにしつこく付き纏うようになる気がしました。
猟銃にもバールにもマリアは触ってなくて指紋付いてないから、そっちの殺人は無罪になったりしないかな?って後で思いました。(ゲイリーのは、メスに触ったから無理かも?) 自白してるからもう調べないのかな? 3人もなんて、死刑がある国なら、死刑になりそうです(>_<)
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2013年01月13日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

忘れていました(^◇^;) 

アメリカは州によって死刑があるかないかでしたよね^^;
でも、この終わり方は死刑がなさそうですよね。病的に付きまとわれる方が、死刑より怖い気がします…そう思ったら、ゾッとしますね。
  • クリスマスローズ 
  • URL 
  • 2013年01月15日 (Tue) 
  • [編集]
  • [返信]

英国の死刑制度 

舞台は英国でしたよ、確か。
英国の死刑制度はこの映画が作られた1998年まであったそうですが、死刑判決や処刑が実施されていたのはもっと前までだったそうで、多分マリアも終身刑だったんでしょうね。
マリアは何考えてるかわからないところがあるから、付きまとわれたら怖いでしょうね(汗) でもニコラは10ヶ月の刑だったので、それだけならまだ大丈夫…?
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2013年01月17日 (Thu) 
  • [編集]
  • [返信]

DVD 

この映画のDVD、日本でも発売されていたんですね。知りませんでした。
UK の映画なのですが、Amazon.uk ではUS import 版しか販売していなくて(2008年時点)、Region code が異なるので、外付けの DVD player で見ました。
そうだったんだ、日本でも発売されていたんですねぇ。

はじめまして 

確かにこれちょっと気付きにくいんですよね。ハートやHeartで検索すると他の作品が沢山でてきてしまうし… 主演がクリストファー・エクルストンさんというのがimdbなどでわかったので、そちらで検索したら見つかりました!
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2013年04月10日 (Wed) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。