Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OverThere02_1.jpg敵兵士に捕まったBoは拷問され、両足を硫酸で焼かれる。それは彼が見た夢だった。Boは目を覚ますと、自分が病院に居ることに気づく。ベッドから起き上がろうとするが、片足がなくなっており、ベッドの脇に倒れこんでしまう。
機動部隊505がバラクの町で、一軒一軒回って造反者がいないかどうかを探していた。誰かは聞いていないが、特定の人物を探しているらしい。Dimたちは命令で、町から出る道の途中に検問所を作った。
入院中のBoを、父親が見舞いに来ているという。しかしBoの父親は彼が14歳の時、父親はタバコを買いに出たまま行方をくらましていた。躊躇いながらも会おうとしたBoだったが、父親はいつの間にか病院から去っていた。バーで飲んでいたところを兵士に病院へ連れてこられたBoの父親は、Boを見舞う。Boは彼に、自分は隊に戻りたいのだと話す。仲間を失いたくないからだ。その頃、Boの妻Terryの元に、彼が重症を負ったという連絡が入っていた。
OverThere02_2.jpg検問所に無灯火の一台の車が、軍曹の制止も聞かずに近づいてくる。軍曹の命令で、皆は一斉に射撃した。車は大破する。Dimが車に生存者がいないか確かめようとするが、軍曹はただ「触るな」とだけ命令する。翌朝、Dimは昨晩の車がどうなったかを見に行く。車に生存者はいなかった。軍曹がまた「トラップが仕掛けてあるかもしれない」とDimに見るのを止めさせる。戦火から逃げようとしてたただの市民ではなかったのだろうか―? ライトを点けていなかったのは、敵対していないことを示すためだったのでは―? Dimはそう疑問を持った。
夕方、中尉たちが到着。彼は欠員が出た軍曹の部隊に、Tariqを入れる。アラブ人のような名前に、Smokeたちは不穏な表情を浮かべた。ただひとりDimだけが彼に普通に接した。
OverThere02_3.jpgTariqは車中の遺体を見て、彼らがシリアの金持ち学生だと見抜き、Dimに告げる。彼らはジハード(聖戦)に参加していた。世界を変えるその戦いに興奮を覚えて、参加するこのような若者がいるのだ。翌朝、部隊は車を調べようとし、Tariqが車のトランクに紐を掛ける。TariqはC-4爆弾が仕掛けているに違いないと話すが、Smokeは信じない。Tariqが遠くから紐を引いてトランクを開けると、車は一瞬の間を置いて爆発。中にC-4爆弾が仕掛けられていた。SmokeはTariqを見直した。
Boの妻Terryが見舞いに来る。彼女はBoを連れ帰るつもりだったが、彼は「部隊に戻る」という。Terryが主治医に相談すると、Boがこの怪我でなにかが変わったと思いたくないのだと、彼は説明した。
OverThere02_4.jpg夜、DimとTariqが見張りをしていると、無灯火の車がやってくる。制止を無視する彼らをDimらは攻撃するが、後部座席に少女が居たのを見て、Dimは動揺する。続いてまた車が来るが、IDを確認したTariqが彼ら夫婦を通そうとするとトランクから携帯電話の音が鳴る。Tariqは制止しようとしたが夫婦は強引に検問を抜けようとし、Tariqは夫婦を射殺。トランクの男は囚人だった。彼はジュネーブ条約を盾に身柄の安全を求める。軍曹は機動隊が探している男ではないかと、彼を拘束した。


Boは結局片足を失うことに。皮一枚で繋がってるような状態だったから免れなかったんですね。ひょっとしたら繋げられるかと思ったのですが… それでもまた戦場へ戻ろうとしてることに、「ブラザーズ&シスターズ」のジャスティンを思い出しました。生死を分ける過酷な環境で生まれた絆や縁は、なかなか切れるものではないのだろうと思います。しかし片足では戦場でどうするんだろう? 義足は当然着けるんだと思いますけど前ほどは動けないだろうし、サポートの方に回るのかな? 出てきた彼のお父さんとは、この先なにかエピソードはあるんでしょうか。
OverThere02_Luke1.jpg男ひとりを捕まえるために少女ら市民を犠牲にしてしまい、耐えられなくなったDimが、捕まえた男に彼のせいで少女を殺すことになったことを怒りに訴えていたのが印象的でした。命令を受けたら撃たなくてはいけないし、本当に、何も考えないで頭をばかにしないとやっていけないと思いました。
Tariq何者? アラブ系のアメリカ人らしいけど、アラビア語ペラペラだし。色々詳しいし新兵じゃないようだから、何気に頼りにはなりそうです。そして可愛い そういえば、BoとDim、Mrs.Mは新兵だけど、他の人は不明。Doublewideは上等兵なので、新兵ではないんでしょう。多分Smokeも? 二等兵だけど場馴れしてます。
今回は(も?)どんよりする内容でした そもそもこれって極々小さい部隊の地味な活動を描いていて、敵を倒して「やっつけた\(^o^)/バンザイ」っていう爽快な話じゃないし。彼らはエリート部隊じゃないというのも、常になにか(彼らでは対処できないようなこと)が起きそうな気がして重たく感じるのかもしれません。

コメント

義足で戻っても!? 

Boは本当にもどれるのでしょうか。前線では足でまといになりかねないから難しい気がしますが、本人の希望があれば、実際のアメリカ軍でも、戻れてるということですね。戦争って、人を殺すことが正なところがあるけど、子供は巻き込みたくないですね。#1でDimが殺すことにちょっと快感そうだったから、今回、傷みを感じてるみたいでよかったです。
  • クリスマスローズ 
  • URL 
  • 2012年07月13日 (Fri) 
  • [編集]
  • [返信]

Boの気持ちが解るような気がします 

ブラシスでジャスティンが軍のリハビリ施設に行った時に、片足を失った兵士のひとりが「治ったら(戦場に)戻るつもり」とか言ってましたよね。ジャスティンも結局何度も戻ってるし。仲間が戦ってる時に自分は…って思うとたまらないのだと思います。
テロ組織相手だとどこが前線ってことがないから(どこでも戦場になりうるから)、そこら辺が普通の戦争と違って、Boが後方支援って言っても難しそうです(汗)

ちょっと快感そうだったから
爽快というか興奮していました。高揚?
とまどう暇もなくほとんど反射的に撃たないと、自分たちがやられるんだろうなと思うと、そういう状況にいること自体が怖いです。
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2012年07月14日 (Sat) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。