Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アメリカで今、一番ホットな名助演男優」ということで、海外ドラマ情報&コミュニティサイト"海外ドラマNAVI"で、マシュー・リースさんが紹介されていました!

海外ドラマスターを追え!:マシュー・リス(Matthew Rhys)

もうね、「解ってらっしゃる!」って感じの記事ですよ。書かれた方はマシューさんとケヴィンのファンなのかな?
ケヴィンはマシューさんがやってこそ、あんな愛すべきキャラになったのだと私も思います。そしてそれがまたケヴィンの存在感を一層大きくしてると感じました。ケヴィンはドラマの中だけじゃなくて、本当に存在してると思えるキャラです。

マシューさんが「アメリカ英語とイギリス英語をうまく使いわけている。」と書かれていますが、本当そうなんですよね。それ以外にもロシア語喋ったりイタリア語喋ったり、ブラシスではスペイン語も喋ってました。警笛や鳴き声などの音真似も上手くて、恐らく彼はすごく耳がいい(聞き取る/聞き分ける能力がある)のだと思います。そしてその通り発音できる能力もあるし。それらがより表現/演技に幅を持たせているのではないかと感じました。

ゲイ役はむしろブラシス以前のほうが多いと思います。初舞台Cardiff East(1997)とその次の舞台Grace Note(1997)で続けてゲイ役。2000年「ベリー・アニー・メアリー」で親友のヨアン・グリフィズさんとゲイカップルを演じています。いつかまたゲイ役もやって欲しいです。

役柄イメージのところ、私はアレに"ちょいヘタレ"を付け加えます(笑)

日本でこうやって記事にされているマシューさん、彼の作品が日本でもどんどん公開されていくことを願って止みません。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。