Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヴィンが結婚式の企画を降りたため、サラは準備に追われる。しかしブロディに去られて落ち込むノラが気掛かりで、思うように準備が進まない。サラはノラに元気になってもらおうと、クルーズに誘おうとする。
ノラはブロディに会いに行くつもりだとジャスティンに話す。突然去ったブロディの本心が聞きたいのだ。ジャスティンはそれを聞き、ブロディが血液型を偽っていたことをノラに告白。彼にはサラの父親である可能性があった。ノラはサラとブロディに内緒で、DNA鑑定をしようとする。しかしサラの家にはルークとソールがおり、サラのDNAを手に入れることに失敗。ノラは代わりにジャスティンに手に入れるよう指示する。
ソールとルークは結婚式のサプライズとしてサラに送るための歌を選曲。サラは書類を見てソールとルークが婚前契約書を作ろうとしていると勘違い。必要ないと怒るサラに、ソールは歌をプレゼントしようとしていたと告白する。
ミシェルが流産したと偽り実際は子供を出産していたと知ったケヴィンとスコッティは、子供を取り返そうとする。ミシェルはニューヨークで出産。生まれた子供は男の子で、名前はダニエルといった。そんな時、スコッティにミシェルから「話がしたい」とメールが来る。ミシェルに対し激しく憤るケヴィンにはそのことが言えず、彼はケヴィンに内緒でミシェルに会いに行く。
サラの家で彼女の頭髪を手に入れたジャスティンは、ブロディの帽子と一緒にDNA鑑定に。結果、ふたりは親子だとわかった。
スコッティの携帯にミシェルから連絡が入ったが、スコッティは不在。代わりにケヴィンが受け取る。ケヴィンはミシェルを激しく非難。その現場をスコッティが見て慌てて止めるが、ミシェルは電話を切ってしまう。スコッティはミシェルに逃げられないよう穏便に返してもらうつもりだったと説明するが、ミシェルを許せないケヴィンは、黙って彼女に会っていたスコッティをも非難する。
家族の秘密を次々に話されたジャスティンはひとりで抱えきれなくなり、サラがブロディの子であることやケヴィンの子が生まれていたこと、サラがノラをクルーズに誘おうとしていることをノラとケヴィンに話す。ジャスティンに諭されたノラは、サラにブロディが父親であることを告げる。
オリヴィアがキャンプから帰ってきた。彼女はケヴィンとスコッティにお土産を渡し、思い出話をする。そんなとき、ジャスティンが突然ダニエルを抱いて店にやってくる。ミシェルがノラの家を訪れてダニエルを置いていったのだ。ダニエルを抱いてあやすスコッティを見て、オリヴィアは表情を曇らせた。


キティはセスとどこやらに行っていてお休みです。休み過ぎ…
今回はお話自体はとてもシリアス展開なんですが、ジャスティンが皆の秘密を必死に守ろうとして挙動不審になってる姿に笑えました キャパの小ささがジャスティンらしいです。大体あれだけオープンなウォーカー家で、秘密を守ろうなんて不可能に決まってますよ
結局サラはブロディの子だったのか…  サラは相変わらずやることがゴーイン ウォーカー家のボスっぽい(笑) そういうところがブロディよりウィリアムに似てると思います。生みの親より育ての…ですね~
ミシェルがすんなりダニエルをケヴィンたちに返しそうもなくて揉めそうな様子だったので、残り2話(今回入れても3話)でどうするんだと思ったら、意外な展開であっさりカタがついてしまって驚きました! まさか置いてくなんて… もう逃げたくない&罪悪感&法廷で勝てそうもない、って感じでミシェルは諦めたんですかね? 逃げてるような環境だとダニエルにも良くないですしね。だからってケヴィン&スコッティ宅に行き辛いからって実家に置いてくとは… ジャスティン、巻き込まれまくりです
代理母になるときにせっかく契約書を交わしたのに、大した効力もないようなのが残念 ミシェルを代理母に選んだ時は人間らしい関係にって感じでしたが、お金のためと割り切った人に頼んだほうが、もしもの時にも訴えを起こすのにも気兼ねがいらないし、そっちのが良かったかも?って思えてしまいました。
オリヴィアは大丈夫だろうか… 先日ケヴィンやスコッティが「二番目の選択肢じゃないよ」って納得させたところだったのに。本当の子供がやって来て、養女の自分が大事にされなくなるor関心を持たれなくなるかもしれないと不安に感じるのでは? ケヴィンやスコッティならきっと変わらないと思いますけど。親の関心が分散してオリヴィアも最初は寂しいかもしれないけど、自分に弟ができたって喜んでくれるようになるといいです。

コメント

ケビンの意見に一票! 

今回ばかりはスコッティの甘さが問題を長引かせた気がします。ミッシェルは親友だからスコッティは自分との絆の深さに賭けたんだと思っていましたが、あの優柔不断な生き方からして代理母を頼むには問題があったのかも。
シリーズ通じて見ていたら、子供を卵子から作るのってやはり莫大な『投資』なんですよね。お金かかり過ぎですもの。ミシェルは確かに本能的には胎児を渡したくなかったのもわかりますが、嘘ついて子供を渡さないのは犯罪だと思います。今回は、スコッティの優しさよりケビンの理性的判断(ケビンに理性ってのが少し変な気もするけど^_^;)が正しいと思う私です。

NoTitle 

Chieさん、こんばんは

今回ばかりはスコッティの甘さが問題を長引かせた気がします。
ですよね。信用したい気持ちはわかるけど…
最初にミシェルから連絡きた時点でケヴィンに言っとけば良かったのに、って思いました。ケヴィンのことだから即ミシェルを訴えるかもしれないけど、彼女はそれだけのことをしたんだから仕方ないと思います。

子供を卵子から作るのってやはり莫大な『投資』なんですよね。
これで赤ちゃん盗むなんて、同時に大金盗んでるのと同じですよね。ミシェルはいくら掛かってるって聞いてはいても、実際自分が払ってるわけじゃないから実感がないかもしれません。
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2012年04月08日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。