Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコッティとやり直させようとする家族にうんざりするケヴィン。ディベート大会の練習に協力してくれるよう姪のペイジに頼まれていたが、彼女がスコッティにも手伝いを頼んだと聞いて困惑。スコッティに用事があると言って断らせようとする。しかしペイジががっかりするのを見て、ふたりで練習を手伝うことにする。ペイジの送迎にきたノラは、スコッティがケヴィンへの不満を言わずに貯めていたことを知る。
朝からオンラインセールに精を出すサラとキティ。ノラに「怠け者」と言われたふたりは、ナローレイクから得た金で会社を買い、一緒に経営を始めようかと相談する。サラが検討していたメディア会社をキティも気に入り、ふたりはその会社に決める。しかしキティが「大学の時、ビジネスをしようとした時にママに『経営はサラがやること』と言われた」とサラに言うと、彼女は自分には経営の能力しかないとノラに言われたように感じて憤る。キティがいれば自分が目立たなくなると感じたサラは、共同経営することをやめる。
ホリーはわずかずつだが回復。しかしデヴィッドは関心を見せない。彼はホリーの回復が遅いことにストレスを感じていた。デヴィッドがドラッグをやっていることに気付いたジャスティンは、彼を依存症の会に連れて行く。
同じラジオ局でカールの放送を聞いていたノラは、彼に惹かれる。聞けば彼はノラのファンだと言う。次に彼に会ったノラは、思わず彼に子供たちへの愚痴を言ってしまう。それを聞いたカールは、子供の問題を全て解決してやることはできない」と諭す。
生徒に罰としての居残りを与えるについて、ペイジのディベートの練習が始まった。しかし話が始まるとケヴィンとスコッティがそれに自分たちの話を被せ、言い争いになってしまう。日を改め再び練習の手伝いにきたケヴィンとスコッティ。しかしペイジは不在。彼女はふたりを会わせようとしたのだ。スコッティは、ケヴィンが自分たちの問題をいつも自分の問題にしてしまい、話し合おうとしなかったことを指摘する。
ホリーを病院に送り迎えしていたジャスティンは、出会った看護師のアニーに惹かれる。ホリーを通して何度か会ううちにアニーもジャスティンに好意を持つが、ホリーやデヴィッドに親身になる彼にレベッカへの未練を感じたアニーは去っていく。ホリーに新しい人を受け入れるよう言われたジャスティンは、病院にアニーに会いに行く。
お互いの道を再確認したサラとキティは共同経営の話を白紙に。サラはノラのラジオ局の親会社であるメディア会社を買うことに。キティは大学のゲスト講師を頼まれ、教職を目指すことになった。
ケヴィンはスコッティの言うことを理解し反省。一方スコッティも、ケヴィンに頼られるのが嬉しくて、自分に何かあっても彼には言わなかったことを反省した。ケヴィンは、成長したいとスコッティに話す。ディベート大会の日、ペイジが待つ中、ふたりは一緒に姿を現した。


ホリーが入院してもう出てこないのかと思ったら、再登場で嬉しかったです。回復してるみたいでよかった… しかしこれでジャスティンとも縁が切れたような感じになって、もう登場はなしなんですかね? なんか登場人物が減って寂しいなぁ… 新キャラ(アニー)は出ましたけど。あれがジャスティンことデイブ・アナブルさんの奥さんオデットさんですよね?
キティは大学のゲスト講師に。これで彼女の話ももうちょっと動くようになるんでしょうか? サラも会社を買って経営者に? ノラのラジオ局で予算削減みたいなことが起きると、ノラがサラに文句言ってきたりするようになるのかもしれません
そんなノラは紳士なカールと恋愛フラグ? ノラは「友達いない」って言ってましたが、慈善パーティに来てたような人は友達っていうかライバルとか知り合いみたいな感じなんですかね? ウォーカー家の人って、本当友達いませんよね いてもノラにドラッグ勧めたりキティの広報やってたみたいな妙な人ばっかりだし。類友? あれだけ家族仲が良くて明け透けだと、友達は要らないって言えば要らないのかもしれないけど、外からの目線がないからなにが良くないのかわからなくて、みんな自己中にもなっちゃうんですね多分。
ケヴィンとスコッティが縁りを戻して良かったです これでケヴィンはスコッティを許したようですけど、何かの拍子に思い出して、また話さなくなっちゃったりしないといいんですが… ケヴィンの厄介なところは、話さなくて相手が取り付くシマがなくなっちゃうことですよね(汗) スコッティは辛抱強いと思います。ケヴィンは「一緒に成長したい」って言ってましたが、まずスコッティのところまで追いつかないと! それにはかなり時間がかかりそうな気がします(笑)
やっぱりスコッティは保護欲が強いタイプですよね~ ケヴィンに甘えられるのは、きっと心地良かったんじゃないでしょうか。ケヴィンは甘えたがりで、スコッティもそんなケヴィンに「うぜー('A`)」ってならないから、ある意味ぴったりなカップルですね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。