Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーハイフーズの閉鎖が決まった。サラやケヴィンたちは残務処理に追われる。
キティはパーティで演説するのに、「面白い冗談も言えない」と悩む。金を払ってライターを雇うが、書いてきたものはどれもこれもつまらない。
ケヴィンはロバートのやっている仕事が、危険で道徳に反することなのではと気になる。
サラは駐車場経営の会社に会社の土地を売ろうとしていたが、ノラは思い出の社屋が壊されるのが嫌で、勝手に断ってしまう。ノラは設計者で元恋人のロジャーに買ってもらおうと連絡するが、彼はその社屋に何の思い入れもなかった。
ジャスティンはレベッカに、「俺は人のために働けるし、君も写真を撮れる」と1年間一緒にハイチでボランティアをするよう誘うが、レベッカはすでに就職活動を始めており、「キャリアを失いたくない」という。
ケヴィンは失業する従業員のために就職相談室を設ける。しかし不況のため、なかなか新しい就職先が見つからない。そんな時、同じく食品会社を営むセルジオから、社員を引き取るという話を聞く。しかしよく聞いてみると、サラが会社の資産であるトレーラー3台を、社員の再就職のお礼として譲る約束をしていたのだ。会社の資産を勝手に使うことは横領になるとケヴィンは怒るが、サラは自分がそのトレーラーを買うと言う。
就職先を探すホリーとレベッカ。ふたりはそれぞれ他の食品会社で面接を受ける。偶然同じところで受けており、レベッカのほうが採用される。
ノラはロジャーから、社屋の設計図をもらう。その中には、ナローレイクに建てる計画だったノラの家の設計図も含まれていた。
スタントンはロバートが大物ローリングと会っているのを知り、「彼の計画から手を引かなければ、女房の当選はない」とロバートを脅す。
ケヴィンがセルジオに話を付け、サラが彼に譲るといったトレーラーを買い取ってもらうことになる。社員は、彼が家族と新しく始める会社で雇われることになった。
残務処理もほぼ片がついた頃、サラを心配した家族が、次々とオーハイフーズに集まってくる。キティもパーティの予定をキャンセルして駆けつけた。そんな中、スコッティは歌い始める。彼の歌声が響く中、オーハイはついに閉じられた。


オーハイがとうとう倒産… 色々テコ入れをしてきましたが、延命にしかなりませんでしたorz 代替わりした途端4年かそこらで潰れちゃうなんて、サラたちには経営能力がなかったってことなんでしょうか? 家族経営っていいながら、勝手に2000万ドルの契約しちゃうわ(byソール)ホリーを陥れるために土地買うわ(byトミー)で、全然連帯が取れてません それどころか、家族ということが逆に意地になって無謀な行動する原因になってしまいました。ウィリアムがワンマン過ぎたのも問題だったと思います。本人もあんなに急に亡くなるとは思わなくて、サラやトミーへの引継ぎができなかったんでしょうけど… 会社を経営するには皆(ホリー以外)子供過ぎたんだろうか、という気がします。
ノラやソールが「会社の資産を全部売るなんて辛すぎる」なんて言ってるので、つい「こんな時に何言っとんのじゃぁ!」と思ってしまいました。特にソール。倒産の一因にもなってるのに。外様のレベッカが金出してるのに、なぜソールは出そうとしなかった?! まぁそのおかげで(?)、スコッティがお店持てるんですけどね
キティやジャスティンだけはオーハイが倒産してもあまり関係なさそうで、キティは演説でウケることばかり考えてて、シリアスな展開のちょっとした息抜きなのかと思いました。ケヴィンはそんなキティの付き合いもして、残務処理もして、就職相談もしてて忙しそうです
スコッティの歌がやっと聞けました~ 素敵 ケヴィンの歌は2回もあったのに、スコッティのはないのか!と思ってましたがやっと… ソフトで優しいスコッティらしい歌声ですよね。歌詞が妙に合ってて(合う歌を選んだんだと思いますが)、しんみりしちゃいました 歌は「the Parting Glass」で、アイルランド民謡らしいです。歌詞はこちら

追記にスコッティが歌うシーンの動画があります。



対応ブラウザ(IE、FireFoxなど)で見ると、歌詞が表示されます。

コメント

NoTitle 

ゆうきさん、
スコッティの歌声が染みました。(T_T)オーハイフーズが潰れてしまうのは当然だとしても(私も、おセンチになってるソールやたんたんと事後処理をこなしてるかに見えるトミーが、破たんの原因じゃないかぁ!と怒って見てました。)スコッティの歌でこのエピが救われたと思います。この曲、あまりにもドラマぴったりだったのにドラマの為に作られた曲じゃないんですね!驚き…。

替え歌かと… 

Chieさん、おはようございます

私は一瞬スコッティの替え歌なのかと思いました。でも歌詞調べたら同じで驚きました。もしかして、この歌を使うつもりで、展開や状況を合わせた…なんてことはないか(^^;)
そうそう、キャストの歌っていえば、トミー役のバルサザール・ゲティさんがバンドやってて、ブラシスのどこかのエピソードで彼らの曲が使われたらしいです。S2だったかな?

会社にはなにも不利益を与えてないサラがあんなに頑張ってるのに、元凶のソールやトミーが割と平然としてるように見えて、「お前ら、会社潰したっていう自覚ないんか!」って憤りました(-_-;)
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2011年10月08日 (Sat) 
  • [編集]
  • [返信]

確かにそうかも 

ゆうきさん
>この歌を使うつもりで、展開や状況を合わせた…なんてことは
そうかも。歌詞に「Good night」ってあるのと、サラが「Good night Ojai foods」って言う所がかぶりますね。歌詞の訳は敢えて「さよなら」ってなってたけど、実際には眠る前の「おやすみ」ですよね。サラにとっても子供の頃から家族として親しんだオーハイフーズを永遠に眠らせる、って悲哀が漂ってて。それにしても、アイルランド民謡ってことからしても、ウォーカー家のルーツはイギリスなのかと深読みしてしまいます。アイリッシュの歌ってしみじみするものが多いんだな、と思います。(-_-)

そうなんだろうか… 

この曲は、アイルランドのパブで閉店時かける曲の定番なんだそうです。

生まれた時からあったサラにとっては、オーハイは家族そのものだったんでしょうね。サラにだって閉鎖するのは辛いことだったと思います。だから余計、自分の感情しか考えてないノラやソールにちょっと憤りを感じてしまいました。

ウォーカー家のルーツはイギリスなのかと深読みしてしまいます。
アメリカにはアイリッシュの移民も少なくないですもんね。
ノラの家系はユダヤ系みたいで、ソールがユダヤ教徒でした。
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2011年10月08日 (Sat) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。