Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永住権を得たルークは、家族としてサラと住むことに。しかし、ルークと住むのを望んでいたはずの息子クーパーが、ルークに反抗的な態度を取り始める。ルークはクーパーを甘やかすサラへの態度に不満を感じ始める。
ナローレイクの掘削作業が始まる。しかし井戸の痕跡以外はなにも出てくる気配はなく、費用だけが嵩んでいく。
店を持ちたかったというソールの資金提供があり、スコッティは店を出すことになったが、まだどんな店にするか決められないでいる。
ソマリア警察の訓練契約を、スタントンが握っている。ロバートは彼に近づくため、スタントンの慈善テニスに参加することにする。
ロバートがテニスの試合に出ると聞いたケヴィンとサラは、自分たちも参加したいという。ふたりは翌日の大会のために、早速練習することになった。チームを組んだサラとルークだったが、クーパーのことでのしこりが残っていて、息がまったく合わない。ロバートは、ルークに自分と組むよう言う。ケヴィンは「"ケヴラ"の復活だ」と喜んだ。
レベッカは、気に入っていた家が売りに出されているのを知って見に行く。ホリーも気に入り、オーハイの口座から彼女の金を戻すという。どうしてもその家を手に入れたくなった彼女は、ジャスティンに黙って申し込みをする。
翌日、テニス大会が始まる。ロバート&ルーク対サラ&ケヴィンで一回戦が始まる。しかしをそれを見に来ていたクーパーが、傘を銃に見立てルークを撃つマネをしたり、テニスボールを試合中の彼に向かって投げたり。サラは試合を棄権。クーパーを家に連れ帰った。
スコッティが帰宅すると、カウチでケヴィンがふて寝している。「目標を探さないと」というスコッティに、ケヴィンは「今は君が店を持つという目標に集中したい」と答える。
ルークと一緒に住むのを楽しみにしていたクーパーだったが、実際に住んでみると、様々なことが想像と違っていた。クーパーはそれに戸惑ったのだ。サラは、唯一の男性として彼女を独り占めにしていたクーパーが、ルークに嫉妬していたのだと気付く。ルークは自分にできる方法で、子供たちとの関係を築きたいと言い、クーパーに空手を教え始める。
ドッグタグを付けてクーパーに戦争の話をしたりシューティングゲームの相手をするジャスティンに、ノラは彼が戦場へ戻りたいのだと察する。ロバートがジャスティンになにか話したのではと疑うが、彼はノラに、「自分をわかってくれるところへ戻りたいのだ」と話す。
ジャスティンはレベッカに「誇れるものが君しかない。それ以外でも自分を見つけたい」と言い、大切な仲間たちのいる戦場へ帰ることを望む。


ロバートの仕事がイマイチわかりません。安全保障に関わってるみたいですけど。ソマリアっていうと、内戦干渉の際に米軍が育てたソマリア兵士たちが、後にテロリストになったりしたことがあったんですよね。ソマリア警察の訓練の内容に、なにか問題があるのかもしれません。ケヴィンに"闇の王子"なんて言われてるスタントンも、何者?!って感じですよね なんにせよ、ロバートの仕事は危険な気がします
キティは今回は、有力者の支持を取り付けに行くということで出張。最初と最後にちょっと登場しただけでした。
ケヴィンが「(テニスが上手過ぎて)プロが嫉妬していやがらせした」なんて言ってましたが、本当?! 多分ケヴィンお得意の誇張なんでしょうね(笑) "ケヴラ"(ケヴィン+サ)が強かったっていうのは、一体いつ頃の話なんでしょう? ウォーミングアップ中のふたりの息が合ってて笑えました。 昔の物なのか、"KEVRAH"って書いたサンバイザーまで作ってるし!
これまでもルークとはずっと一緒に生活していたので、クーパーの態度の変わりようにびっくりしたんですが、それまではお互いお客さんみたいに接してたんでしょうか。お客さんか友達みたいにしてた時は気も合ったけど、ルークが家族ということを意識して父親みたいに注意したり色々するようになって、急に距離感が変わって、クーパーはついて行けなかったのかもしれません。もちろん嫉妬のような感情もあったと思います。実の父と息子でも難しいようなので、他人が父と息子の関係になるのは大変なことなのかもしれません。
ジャスティンが戦場に戻る可能性が高くなって来ました。次回か最終回からS5までの間、戦地に行ってる設定になるんでしょうか。レベッカが可哀想… 結婚したばかりなのに。こんな状況であんな言い方されたらもう、自分なら「じゃぁ行けば?」っていうしかないです。
ここのところサラがイライラしすぎてて見ていられません
※腐女子的発言があります。ご注意ください。
スコッティが出店のことで忙しくて、ケヴィンに「最近かまってあげなかった」っていうのが萌えました ケヴィンは暇を持て余すのが苦手みたいだから、スコッティは彼が暇そうにしてると色々と相手してあげてたんですね。ケヴィン、スコッティの前だとホント子供みたいになっちゃうんだなぁ(笑) あんな風にスコッティに甘えさせてもらえて居心地よさそう スコッティは優しいし、ケヴィンはマジ可愛いです。たまらん…(*´Д`)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。