Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからご覧になる予定の方はご注意ください。
フェイカーズ [DVD]原題「FAKERS」
2004年 イギリス作品
マシュー・リース、ケイト・アシュフィールド 他

公式サイトはこちら


fakers01.jpg5万ポンドの借金をしてしまったニック。相手が悪く、金曜までに全額を返済するようにと言われる。逆らえば命はない。仕方なく手持ちの金をなんとか増やそうと考えるが、ある時、馴染みのバーで働くイブの弟トニーが、模写が上手いのに気付く。イブに気があるニックは古物商で彼女にプレゼントを買おうとするが、古い画材を発見。まずは弟のトニーを懐柔しようと、彼にその画材を買ってやることにする。
買った画材の箱は二重底になっており、そこには裸婦のスケッチが隠されていた。描いたのは若くして亡くなった画家のフラチーニ。その絵に価値あるのではと思ったニックは、美術品に詳しい知人フィルに鑑定して貰うと、その絵には1万5000ポンドの値打ちがあった。しかし5万には全く足りない。そこでニックは、トニーに模写を描かせ、それを色々な収集家に売ることを企む。
fakers02.jpgイブやフィルを巻き込み、手に入れた金を山分けすることになったため、ニックはトニーに5枚の模写を描かせる。それぞれはニックの巧みな話術により、次々と取引されていった。その裏で、ひとりの画廊が、フラチーニのスケッチのことで、別の画廊に連絡を取っていた。
5枚の絵を売ったニックとイブは、ニックのアパートへ。一夜を過ごすが、朝になるとイブは金を持って消えていた。フィルは逃走。トニーは警察に連行され、ニックも金貸しの手下に捕まってしまい、苦し紛れに持っているフラチーニのスケッチには価値があると嘯く。金貸しはニックに絵を持ってくるよう言うが、絵は証拠品として警察が預っている。トニーが捕まったのを知ったニックは、弁護士に成りすまして彼を保釈させる。保釈金はいつの間にか法廷を訪れていたらしいイブが払っていた。ニックはトニーに思い出して模写を描くよう頼んだ。
fakers03.jpgニックが絵を持って行くと、鑑定士がいる。絵の真贋を見るためだ。トニーが思い出せずに描き忘れたイヤリングが決め手となり、本物だと鑑定された。実は、フラチーニが絵を描いた頃は、モデルはまだそのイヤリングを持っていなかったのだ。後世撮られた写真を参考に、誰かがフラチーニのものとして描いたに違いなかった。
バーに帰ると、イブからの絵葉書と300ポンドが届いていた。イブは絵葉書の場所に逃げたのだ。ニックとトニーは、そこへ向かうことにした。


今管理人がハマってる「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リース主演の映画です。もちろん(?)マシューさん目当てで借りました
fakers04.jpgニックが弁護士に扮するところや、トニーに弁護できるか聞かれて、「"アリーmyラブ"を見てる(から大丈夫)」と言ってて、ブラシスファンには思わずニヤリとする場面がありました。(「アリーmyラブ」はケヴィンの姉キティ役キャリスタ・フロックハートの主演ドラマ) ブラシスの2年前の作品なんですけどね 弁護士姿のメガネのマシューさん、似合ってました! 可愛い
5枚もある絵はそれぞれ偽物だとバレないように短時間で売ってしまわなければならず、なかなかスリリングでした。弁護士に扮した時と同様、弁の立つニックは画廊のオーナー相手に交渉。次々と契約を交わしていきます。こんなに口達者なら、借金背負わなくても良かったのでは? 頭はいいみたいだけど学歴がないんですかね?
イブが弟を置いて、しかもお金持って逃げてしまって酷いと思ったのですが、もし全員捕まったら終わりだし、最初から自分だけでも逃げて、後から助けにいくつもりだったってことなんでしょうか。
イギリス映画だけにハデなアクションもないしストーリーも特別面白いということもありませんが(普通程度には面白い)、主役だけに最初から最後までマシューさんが堪能できて楽しめました。イギリス訛りも初めて聞きました。といっても他のキャストほど訛ってませんでしたが。この頃はもうアメリカでも活動してたんでしょうか? 上唇を噛む仕草はケヴィン(ブラシス)の癖なのかと思ってましたが、ここでもやってました。もしかしてマシューさん本人の癖? ともかく、マシューファンならおすすめの映画です。

追記に日本語版トレーラーがあります。



コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。