Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神侠侶 「神侠侶」
 原作:金庸
 制作:中国文聯音像出版社
 放送:2006年中国(中央電視台CCTV)
 監督:于敏
 主演:黄暁明(楊過)、劉亦菲(小龍女)

 日本語版公式サイト:
  http://www.maxam.jp/shincho/

あらすじ:
陸展元を恨む李莫愁は、亡くなった彼の代わりに弟一家を襲撃。展元の娘・無双と従姉妹・程英は辛くも逃げ出し、黄薬師に助けられるが、無双は莫愁に連れ去られてしまう。
生まれて間もなく父親の義兄弟・郭靖(演:王洛勇)に育てられた楊過だったが、郭靖の実子・郭芙や弟子・武兄弟との仲が悪く、郭靖は楊過を全真教の重陽宮に預ける。だが楊過は重陽宮での暮らしに馴染めず、負けず嫌いの性格も災いし、武芸を教えてもらえないどころか先輩達から虐めに遭う。重陽宮を逃げ出した楊過は偶然古墓派の小龍女と出逢う。小龍女は、追ってきた全真教から楊過を守って死んだばあやとの約束で、彼を弟子に取って育てることにする。数年が過ぎ、楊過は立派な若者に成長。お互いを「姑姑(おばさん)」「過児(過坊や)」と呼びながら、小龍女は楊過を異性として意識し始める。だが、古墓で育った世間知らずの小龍女は、師匠と弟子が恋仲になることを禁じられているのを知らなかった。楊過にも「妻にできない」と言われ、悲しみの後、楊過の元を去っていく。
郭靖の妻で丐幇の幇主・黄蓉は、出産が近いために幇主を引退することに。後任を継がせるため丐幇の集会をひらくと同時に、武雄を集めて武林の盟主を決めようとしていた。楊過は突然去った小龍女を探しながら、郭靖の元に出向く。小龍女は盟主を決めるための武闘大会に現れ、楊過は皆の前で彼女を妻にすることを誓う。だが武林ではそれは許されないこと。黄蓉は武林での楊過の立場を案じ、小龍女を説得。小龍女は再び楊過の元から去る。


こちらで紹介している「天龍八部」などの武侠ドラマの原作者・金庸氏の武侠ラブストーリーです。楊過役は「新・上海グランド」や「鹿鼎記」などに主演のイケメン俳優・黄暁明。そして小龍女役は「天龍八部」王語嫣役の中国国民的美少女の劉亦菲です。
ともかく楊過と小龍女がくっついたり離れたり。本人に聞けばいいのに、自分の思い込みだけで去って行ったりとか、見ているとモヤモヤ・イライラ(笑) そうでないとドラマにならないのはわかるんですが^^; 小龍女は簡単にいうと天然キャラ? 世間ズレが激しいです(笑) それが可愛くもあり、またイライラの原因だったりします。
楊過がイケメンな上に口が上手いので、若い女性キャラが、皆楊過にメロメロになってしまうのが笑えました。口が上手いと言っても決して口説いているわけではなく、思ったことを素直に言ってるだけなのが余計女性の気持ちに響いているという感じ? 当然彼女たちに好意を持たれているのにも気づかなくて(それでなくても小龍女一すじなので)、あくまで天然なところがいいです。小龍女も天然キャラなので、ふたりが上手くいく一方で、勝手な思い込みによるすれ違いみたいなのも起こるんだろうなぁ…
小龍女がいるときは、もう鬱陶しいくらいのイチャラブ展開。小龍女がいない間には、楊過は散々な目に遭わされます。その原因のひとりが郭靖の実子・郭芙。子供の頃には彼女や郭靖の弟子の武兄弟に虐められ、大きくなったらさらに酷いことに… 「天龍八部」でも阿紫というドSで最悪な女性キャラがいましたが、今回もその郭芙が最悪orz 楊過を散々な目に遭わせておいて謝らないわ、助けてもらっても礼は言わないわ、どうしてこういうキャラを出すのかと不思議です。莫愁という美人でドSなお姉様キャラも出てきて、これは金庸先生のご趣味なのか?と疑います^^; 小龍女も美女ゆえに酷い目に(汗) エロおやじに狙われたりもします。
管理人はラブストーリーはあまり好きではないんですが、イチャラブ展開以外のストーリーは面白いし、ワイヤーを使ったアクションは見応えがあるし、ムリヤリな展開もありで相変わらず突込みどころも満載で、とても楽しめました。主人公以下のキャラも濃くて面白かったです。こちらは実は「射英雄伝」という小説の続編で(こちらもドラマ化されています)、そこで主役だった郭靖も脇役として出てくるのですが、朴訥として愚鈍なところがある人で、その天然ぶりに笑わせてもらいました。(「射英雄伝」も見ましたので、後日またレビューしたいと思います。)
恋愛もアクションもコメディも楽しめる作品で、機会があったら多くの人に見てみて欲しい作品です。ちなみに日本・香港合作のアニメもあるようです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。