Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレを含みます。これからご覧になる予定の方は、ご注意ください。

Father_and_Son.jpg
2003年ロシア作品
(左より)父(Aleksey Neymyshev)、アレクセイ(Andrey Schetinin)

アレクセイは軍学校に通う兵士。衛生兵として医療の勉強をしたり、普通の兵士と同じく格闘の練習をしたりしている。ある晩、敵に殺されそうになるという悪夢にうなされる。そんな彼を起こし、優しく抱きしめるのは彼の父親だった。
アレクセイの父は元は軍人だったが、今は退役している。父ひとり子ひとりで育ったアレクセイは、無益な日々を過ごす父を一人に出来ないと心配しているが、そのため、ガールフレンドと上手く行かずに別れを告げられてしまう。彼女にはすでに新しい恋人がいるのだ。
週末アレクセイは父の元に帰る。相変わらず殺される夢や母親が居なくなったときの夢にうなされ、眠るのを恐れている。翌月曜にはまた任務がある。アレクセイの厄介者になりたくないと考える父は、彼に離れて暮らすことを提案するが、アレクセイは父がいなければ幸せにはなれないと言う。
翌日、父の元に若者が訪れる。母親との旅行の途中で寄ったのだという。彼の父は、アレクセイの父の戦友だった。彼は、なぜ父親と母親が離婚し、そして失踪したのかを知りたがっている。父親は自分自身のことを、戦後"人が変わった"と表したが、彼には意味がよく解らなかった。彼は、父親が戦争中人を殺したからではないかと考える。
父は戦友の息子をアレクセイに紹介。退役したときのことを父に聞こうとする彼を、アレクセイは自分の部屋に連れて行く。父の肺は損傷していた。軍でX線写真の見方を習ったときに発見したのだという。軍に懐疑的になっている彼に、アレクセイは、軍に居るのは代々軍人だったからだと語る。彼が去った後、父はアレクセイに真相を語る。彼の父親がある命令で出兵したとき、部隊は彼の父親を残して全滅。それ以後、彼の父親は、その命令を出した上官の命を狙うようになったのだという。アレクセイは父の戦友の息子と会い、彼から父親の話を聞く。ふたりは、同じ"息子"として、心を通わせる。
家に帰ったアレクセイは、これまでの自分の人生は全ては父のためにあったと告白。父にとってもそれは同様だった。アレクセイは父の気持ちに気付き、これからはお互い自分のために生きようと、成人したら家を出ると決意する。


アレクセイと隣に住むアレクセイの親友サーシャ以外に固有の名前がないので、解りにくいあらすじになっています。すいません^^;
子の親離れ(子の成長)がテーマになっているかと思います。
情景的な情緒の描写があり、直接的な心理描写が少ないため、全体的なストーリーは解るものの、シーン毎に見ると、主人公たちの感情や行動において、「なぜそうなったのか?」「何が言いたいのか?」という部分が少々明解さに欠けています。例えば、アレクセイが父から離れる決意をした背景に、父の戦友の息子との出会いや自分の息子の夢を見たということがあるのは解るのですが、具体的にどう作用したのかが解り辛いように感じました。英語字幕で見ていたのですが、恐らく日本語字幕だったとしても、ちょっと解り辛かっただろうという気がします。
とあるシーンだけ見るとやたらホモセクシュアルな感じでしたが、全体を見てみると、そうでないのが判りました。でもとにかく、親子がお互いに向ける視線が凄く熱っぽいです。特にアレクセイが父に向ける眼差しが。前作「Mother and Son」に続いて実験的なフィルムだったようですが、部分的にちょっとやり過ぎ感がw(冒頭のシーンとか) そもそも父息子の間にセンシュアルなものが必要なのかという… まぁそれは置いておくとして、彼らが他の父息子と違うのは、アレクセイ自身の言う通り、「自分の人生は全ては父のためにあった」から故だったと解ります。恐らく母親が居たら(死別か離別かは不明)、これほど親密(あるいは共依存とも言える)ではない、もうちょっと違う関係が築かれていたのではないかと思います。
自分で家を出ることを決意しながら、傷ついているアレクセイの様子が切ないです。自分の人生の全てだった人から離れる寂しさや不安などが感じられました。一方父の方は、寂しく思いながらも、家を離れ独り立ちしていく彼を頼もしく感じているように見えました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。