Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレ&腐女子発言にご注意下さい。
Touck of Pink
(左から)ジャイルズ(Kristen Holden-Ried)、アリム(Jimi Mistry)
原題「Touch of Pink」2004年カナダ/イギリス作品

アリムは映画の撮影監督をやっているインド系カナダ人。現在はイギリスに住んでいて、ボーイフレンドのジャイルズと同棲中。家族はカナダのトロントに住んでいる。アリムの母親ヌルの姉ドリーの家では、息子(アリムの従兄)カレドの結婚式の準備に忙しい。そろそろアリムも結婚すべき年齢。ヌルは、アリムの様子を見るため、ロンドンを訪れる。
急にヌルの訪問を受けることになったアリム。まだ母親には自分がゲイであることは告白していない。もちろんジャイルズのことも。実はアリムには心の中に友人(往年のスター"ケイリー・グランド")を持っており、度々現れてはアリムに助言する。その彼が、母親にはカムアウトしないほうがいいと言う。それにそもそもアリムの家はイスラム教徒。同性愛は厳禁。アリム自身に信仰はないが、とりあえずジャイルズは友人で同居人だということにする。
アリムのアパートに着いたヌルは、早速アリムに女性を紹介しようとし、面倒になったアリムはつい「愛する人が居て婚約もしている」と嘘をついてしまう。そこへジャイルズが彼の妹デリアが帰宅。アリムの「愛する人」は当然自分だと思ったジャイルズだったが、ゲイであることを言い出せないアリムは咄嗟にデリアを婚約者だと偽る。傷ついたジャイルズは、昼に会った元同級生アラスターと会い始める。
あまりにも結婚についてしつこいヌル、とうとうアリムは結婚しないと宣言し、仕事に出て行く。落ち込んでいるヌルの様子に気付いたジャイルズは、彼女をロンドン観光に連れ出す。ジャイルズとヌルが親しくしているのが気に入らないアリムは、彼女にゲイを告白。ヌルはトロントに帰ってしまう。ジャイルズもアリムに別れを告げアリスターの元へ。アリムはヌルを追って実家に帰る。
アリムはジャイルズに電話するが、彼は居留守を使う。アリムは、結婚式にジャイルズを招待するメッセージを入れる。結婚式当日の夜中、アリムはカレドに肉体関係を持つよう誘われるが、拒否。ジャイルズを愛しているからだ。だが、この時ヌルが現れ、ふたりが以前関係していたのを知ってしまう。家族の期待通り結婚しようとするカレドを見て、ヌルは息子や自分の気持ちを確かめる。披露宴の最中、ジャイルズが訪れる。ヌルは彼らを祝福。ケイリーの存在を必要としなくなったアリムは、彼に別れを告げる。


日本語タイトルは「ボーイ・ミーツ・ラブ」ですが、全然少年は出てきませんw タイトルだけ見ると、美少年でも出てきそうなんですが、主役ふたりは30歳前後の青年です。でも、母親目線で見たら、このタイトルで合ってるのかな、と思いました。ボーイ=息子って意味で。テーマはカムアウトでシリアス目ですが、映画自体はコメディもあって明るめです。
往年のスター、ケイリー・グランドの役で、カイル・マクラクランが出演。雰囲気そっくりです!すっとぼけたキャラが可笑しいし、粋に映画の台詞を引用してきて素敵ですv
主人公アリムの設定が可笑しいです。インド系で生まれはアフリカ・ケニア。国籍はカナダで今はロンドンに住んでいる。どんだけ国際的なんだ! そんな環境で育ったせいか、若しくは母親に置き去りされたからか(父親の死後、母親は秘書の資格を取るからと一時ロンドンに)、家族がイスラム教徒でも本人には信仰心はないようです。
アリムはケイリーに言われて結局ヌルにゲイを隠すことにしたのですが、最初から言ってたらどうなったのかな?と考えます。ヌルは多分、来たその日のうちに帰っちゃったんじゃないでしょうか? そうしたらジャイルズの人と成りを知るチャンスもなかったわけで、ずっと拒んだ気持ちのまま、もしかしたら最終的にふたりがカップルであることを受け入れることがなかったのかもしれないとも思います。
カレドがアリムを誘うシーンには驚きました。唐突でした。ヌルがロンドンに行っている間にドリーがアリムを預かっていたのですが、その間に肉体関係に… アリムの目覚めのキッカケになったんでしょうか。カレドもちょっとかわいそうかな… 長男として家族の期待を一身に受けていて、裏切れないし、裏切る気もないようです。ロンドンでゲイライフを送っているアリムをちょっと妬ましそうにしてたところを見ると、結婚することが自分にとっても幸せなことだと言い聞かせてる部分もあったんでしょうか。
最後、ハッピーエンドだったのですが、「僕たち合ってるだろ?」「今はね」な会話がちょっと不安を誘います。ケイリーが居なくなった(自分から別れたんだけど)不安もあるのかなぁ…

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。