Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※成人向け&ネタバレ&腐女子発言にご注意ください。
OpenCam.jpg
マニー(Andreau Thomas)、ハミルトン(Amir Darvish)
2005年アメリカ作品

マニーは、ウェブカメラで自分のマスターベーションを撮りながら話すゲイチャットに夢中。ある日彼が元カレ・モーリスのオープンカーに同乗しているとき、強盗に襲われそうになるが、強盗は反対にモーリスに叩きのめされる。マニーは、この件でやってきた刑事の一人ハミルトンに物陰に連れ込まれ関係を結ぶ。
マニーはハミルトンとのことは一度限りの関係だと考えていたが、チャットを通じてマニーと関係を持った男たちが次々と殺される事件が起き、ハミルトンがその調査を担当することになる。捜査の途中、マニーの友人クリスから、マニーのウェブカメラに不審な影が映っていたと聞く。ある時、マニーがいつものようにチャットをしていると、カメラに黒いレザーの男がチャット相手を殺すのが映る。護衛+偽のボーイフレンド(囮)として、ハミルトンがマニーの家に泊り込むことになる。マニーの友人コンラッドもまた、マニーのチャットを監視できるシステムを使い、ハミルトンの捜査に協力する。
一緒に住むうちに打ち解け始め、何度も抱き合うようになるマニーとハミルトンだったが、マニーが上階にすむビルに電話を借りに行ったときに事件は起こる。マニーにはストレートのように装っていたビルは、実はゲイだったのだ。ビルは密かにマニーを愛しており、嫉妬で彼と関係を持ったものを殺害していたのだった。その頃マニーの友人たちは、ビルがマニーのウェブカメラを通して彼を盗み見ていたのに気付く。マニーがいないのに気付いたハミルトンは、友人たちの協力で、捕らえられていたマニーを救う。ビルはその際、ハミルトンに射殺された。
任務が終わったハミルトンは、マニーの家を去っていく。マニーは、また元の通り、友人たちとの生活に戻る。


※少々猟奇的な部分があるので、見るときはご注意ください。(男性にとってはイタイシーンが…orz)
管理人は英語のリスニングが可哀相な人なので、誤解があるかもしれません。(多分ある…) ロケーションといいキャストといい、いかにも低予算映画です。ってかポルノなのかな?ソフト目の。ストーリーは一応サスペンス物ですが、先は読めます。ってか登場人物が少なすぎるから、犯人がすぐわかってしまうんですよw
主人公のマニーは、髪が後退しつつある感じですが、笑うとすごく可愛いです。デコ可愛いv 体がむっちりしてて萌えます(*´Д`)/ヽァ/ヽァ ケツフェチにはたまらない尻ですw
やたらとファックシーンの多い映画でした。マニーは一応アーティストなんですが、チャットでモデルや活動資金を集めたり(要するに売春行為)してます。最初のファックシーンでマニーはトップなのかと思われましたが、ハミルトン相手には始終ボトムでした。バーサトル?
ハミルトンはキスの仕方とかがスゴイです。ポルノ並みです。ちょっと野獣入ってます。アラブ系でヒゲもじゃもじゃなのが、余計またそんな感じにさせてます。二重の大きい目なので、髭そったら案外可愛くなるような気がします。ハミルトンは結婚もしてて一応隠れゲイみたいなのですが、やけくそor吹っ切れたのか、義兄(奥さんの兄)の前でマニーと大胆なキスをするシーンなんかもあります。奥さんの出番はなし。そういえば、女性が一切出ない映画だったなぁ…(ハミルトンがママンと電話で話すシーンもあるけど、ママンの声はこちらには聞こえません)
マニーとハミルトン、マニーのアパートで一度抱き合ってからは、それ以降本当の恋人同士のようにいい感じでいちゃいちゃしてます。そのときのマニーがまた可愛い でも、任務が終わった後、あっさりハミルトンが出て行ってしまったので拍子抜けしました。マニーも特に未練はないようだし(居なくなっても「仕方ないか」って雰囲気)、期間は長かったけど、ゆきずりというか、たまたま縁があっただけ、みたいな相手だったのかな、と考えます。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。