Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七話「ピロクテテスからの贈り物」
TWS1ep07.jpg
1812年、一人の娼婦が森で兵士に追われるうち、眩しく光る物体を発見する。
白骨化した遺体と奇妙な装置が発見され、トーチウッドが派遣される。奇妙な装置には暗黒物質の反応があり、ジャックは宇宙からきたものだと推察する。
トシコは思いを寄せるオーウェンと上手く行かずパブで飲んでいると、ひとりの女性メアリーに声を掛けられる。メアリーはトシコの素性を知っており、トーチウッドのサイトを見たと話す。普段トーチウッドのことを誰にも話せないトシコは、酔った勢いで彼女にエイリアンの話をしてしまう。メアリーはトシコに思っていることが読めるペンダントを渡す。トシコは翌日、心の読めるペンダント付ける。ペンダントのことを仲間に話そうとするが、オーウェンとグェンが関係を持ったことを知ってしまい、話すのを止める。
トシコの家をメアリーが訪ねる。トシコはメアリーが他のトーチウッドのメンバーのように彼女を馬鹿にしていないのを知り、メアリーと関係を持ってしまう。
心を読む罪悪感に苛まれたトシコはメアリーにペンダントのことを報告すると話す。そうされたくないメアリーはトシコに自分の正体を明かす。彼女はエイリアンで1812年に地球に流刑にされたのだった。メアリーはあの奇妙な装置が、故郷へ帰るためのトランスポーターだと言った。
オーウェンの調べで、白骨化した遺体から心臓が抜かれていたことがわかる。同様の事件がその後何件も起きており、それはメアリーが人間体を保つためにしたことだった。ジャックはトランスポーターをプログラムし直し、それを取り返しに来たメアリーを太陽の真っ只中に転送する。


トシコがメインの回です。なんでトシコはオーウェンが好きなんだろ? 真面目な性格だから、ちょっと危なそうな人に惹かれるんでしょうか。メアリーとの恋愛は悲恋に終わってしまいました。メアリーが害の無いエイリアンだったら関係が続いたのかな… オーウェンだけは完全にストレートみたいだけど、上司がアレなせいか、他の人は恋愛相手の性別にあまりこだわりがないようです。という自分も、猿顔で厭味なオーウェンより美人で裏表ないメアリーのがトシコにはいいじゃん、とか思ってしまったw
オーウェンとグェンの関係はまだ続いてたんですね。大人向けとはいえ、生々しい話でちょっとカンベン…orz リースが可哀相だし、早々に切れて欲しいです。 
イアント君は相変わらずのお茶汲み。密かに不満を漏らしてました。でも似合ってるよ、ゴメンw しかしメインの回以外は、ホント出番少なくて寂しいです(´・ω・`)

コメント

 

ゆうきさん、
このエピは何度見てもトシコがかわいそうです(T_T)メアリーが初めてトシのフラットに押しかけた時、冷蔵庫に貼ってあるオーエンからのカードをチラ見してましたね。あれもオーエンがわざわざトシに贈ったものじゃなくて、ついでにカードもつけたって感じがします。捨てられずにとってたんですね、トシコ。毎度毎度、悲恋しか用意されない彼女の立ち位置が悲しいです。

 

Chieさん、おはようございます

トシにはもうちょっと報われる相手も欲しかったです。1話限りの相手じゃなくて。同じ女性メンバーであるグエンがあんなに恵まれてるので、余計可哀想に感じてしまいます。
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2011年09月25日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。