Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四話「戦いの傷跡」
TWS1ep04.jpg
皆が飲みに行った後、基地に残ったイアントは、サイバネティックの専門家・谷崎博士を極秘に呼び寄せる。彼は地下の一室に半サイバー化された女性を隠していた。彼女の名はリサ・ハレ。イアントの恋人で、トーチウッド1にいた彼らはサイバーマンの襲撃を受け、リサはサイバーマンによって仲間を増やす目的でサイバー化されていた。彼女は全滅したはずのサイバーマンの、最後の生き残りだった。イアントは彼女を人間に戻すため、博士を呼んだのだった。
博士はまずリサに自分で呼吸できるようにと処置する。処置は上手く行って喜ぶイアントだったが、仲間がUFOを見たという通報によって基地に帰ってきてしまう。慌てて博士とリサを地下に隠すが、サイバーマンとして覚醒したリサは博士をサイバー化しようとして失敗。この時大量に電力が消費され、不審に思い調べに来たオーウェンらに、リサを発見されてしまう。
「一度サイバー化されたら人間には戻せないし、彼女はもうリサではない」というジャック。イアントを説得しようとするが、どうしても彼は諦められない。だがリサはますます人間らしさを失い、基地を拠点にサイバーマンを増やそうと企む。ジャックはイアントにリサを倒すよう命令するがイアントは出来ず、リサはジャックらに倒される。


なんとイアント君メインの回! たくさん映ってますヽ( ´∀` )ノ
サイバーマンのトーチウッド1への襲撃は「カナリーワーフの戦い」と呼ばれ、本編「ドクター・フー」での話のようです。(こっちも見たい!)
谷崎博士がリサをベタベタ触りすぎですΣ(´д`lll) イアントも思わず顔を背けてました…
リサに追われるオーウェンとグェンが遺体の保管場所のようなところに一緒に隠れるのですが、突然キスし始めたので驚きました。隠れてるところへリースが電話してきてしまって、タイミングが悪すぎて居場所がバレたのが笑えました。リース、空気読め!ってw(読めるわけ無いけど)
でもってさらに驚いたのがジャック。オーウェンとグェンがキスしてる間、彼も気絶したイアントにキスしてます(゚д゚)! みんな極度の緊張状態からおかしな行動を取り始めたのかと一瞬思いましたが、オーウェンは「この世の名残りに」とか言ってたのでそういうわけでもなさそうだし、ジャックも取り乱すような人物でもないので謎です。(キスの仕方からいって人工呼吸ではないし、不死身だからオーウェンみたいに「名残りに」って説も考えられません。) ジャックはオムニセクシャル(男女はもちろんそれ以外もOK)とかいう設定らしいし、前から密かにイアントが好きで、気絶したのをいいことにしちゃった、とか? でもジャックってグェンが好きなんじゃ? 気が多いなぁw
あらすじでは端折ったんですが、イアントは冒頭でピザを注文していて、最後のほうでピザを届けに来た女性がリサに肉体を奪われてしまった(殺されてしまった)のが不憫です。イアントはピザを注文してたの忘れてたようで余計…
イアント君が「私に興味がありますか?」とか言ってたのに激しく萌えました。興味? も・もちろん!(;´Д`)ハァハァ

コメント

観ました~ 

いきなりイアント君の大活躍(!?)に、今までは何だったんだ!?って感じですe-442
彼もトーチの一員なんですよね?? 何でいつもお茶くみとか後片付けとかしかさせてもらえないんでしょうか??
「私に興味ありますか?」からの台詞には「イアント君、正論だよそれ!」と同情しきりでしたe-259
しかしそんなイアント君とジャックがe-272になってしまうとは不思議。二人に何があったのか!?

キスシーンに関しては、本当は人工呼吸として描きたかったのが、ジョンさんの意向で普通のキスシーンみたくなってしまったんじゃないか、と想像(笑)。
あるいは、脚本家の趣味でしょうか。
ジャックも主役としてどうなんだ、っていう結構キツいキャラですが(笑)、この頃は問題なかったオーウェンとグェンのキャラが壊れていって、ますますイアント君の可愛さが救いのドラマになるんでしょうか?
今後の展開が楽しみです!

今回、イアント君の泣き顔がたっぷり拝めて、楽しかったです!(笑)。
何度も死んで、その度に舞台演技するにぎやか(?)なジョンさんと、二回目に死んだジャックを見てのオーウェンの無情な台詞には爆笑しましたが(ひど…)、全体としてはいいエピだったと思います。
  • たま子 
  • URL 
  • 2010年08月21日 (Sat) 
  • [編集]
  • [返信]

イアント君とジャック 

たま子さん、おはようございます

何でいつもお茶くみとか後片付けとかしかさせてもらえないんでしょうか??

これはS2の最後のほうのエピソードでも出てくるんですが、事情があるのです。(以下ネタバレ反転)
実はイアント君は他の皆と違って、ジャックに乞われて仲間になったわけではなくて、自ら志願して仲間にしてもらったのです。「執事としてでもいいから」ということで。なので雑用担当で、しかも敬語なんですね(笑) 仲間にして貰いたがった理由のひとつが、今回リサを助けるためだったというわけでした。

イアント君とジャックがe-272になってしまうとは不思議。二人に何があったのか!?

アメリカのトーチのサイトだと思ったのですが、そこにキャプテン・ブログというのがあって、ジャックがこのエピの後に「I will try to spend more time with him.」(him=Ianto)と言っているので、イアントと長時間一緒に過ごすうちにあんなことになったのではないかと思いますe-440 この時までは、本当に彼をお茶汲み程度にしか思ってなかったのかな、ジャックは?e-450

ジョンさんの意向で普通のキスシーンみたくなってしまったんじゃないか

この回の脚本家を調べたら、ゲイのラッセルさんじゃないんですよねー Chris Chibnallさんて方だそうですが、もしや彼も…? ジョンさんのせいでああなったんでしょうか?(笑)

ジャックも主役としてどうなんだ、っていう結構キツいキャラ

そうなんですよね~ トーチのリーダーとして非情にならざるを得ないときもあるんですが、かなり容赦のないところがあります。特にエイリアンに対しては。S2ではジャックも葛藤する場面が見られるかと思います。

今回、イアント君の泣き顔がたっぷり拝めて、楽しかったです!(笑)。

イアント君は情けない顔とか泣き顔とかが、凄くそそられますよね~e-446

今回は切なくて悲しいお話なのに、突っ込みどころ満載で、面白いエピソードでした(笑)
  • Yuuki 
  • URL 
  • 2010年08月22日 (Sun) 
  • [編集]
  • [返信]

今Ep5観てます 

いきなりハダカで寝るジャック(笑)。
なんか既に二人のムードが妖しい…e-456 先週との間に何かあったか、と思わせるムードです!

>ネタバレ
それはあの、二人で怪鳥みたいのを倒すシーンのエピでしょうか? なるほどー!
イアント君はリサを助けたい下心があったんですね。だから雑用も率先してやってたのですか。

>イアント君は情けない顔とか泣き顔とかが、凄くそそられますよね
元々情けない顔立ちなのがすごく可愛いですe-266(褒めてます!)
二人がラブラブのシーンはまだ観た事ないので(意味もなくキスするシーンはあったけど笑)、これから意味深なシーンが増えていくのが楽しみです!
  • たま子 
  • URL 
  • 2010年08月27日 (Fri) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。