Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三話「亡霊たちの町」
TWS1ep03.jpg
グェンは逃走中の男バーニーから奇妙な装置を手に入れるが、そのスイッチを押してしまい、その途端に少年の幻を見る。少年は名札を付けており、彼の名はトム・エラスムス・フラナガン。気になったグェンはオーウェンを伴って早速彼に会いに行く。トムはすでに老人だったが、戦時中にロンドンからカーディフに疎開しており、グェンが見た幻の少年の状況と一致していた。
奇妙な装置のことを尋ねようとバーニーを探す途中、装置が光だし、オーウェンもついスイッチを押してしまう。彼が見たのは、彼が今いる橋の下で数十年前に起こった強姦殺人事件だった。被害者はエリザベス・ルイス。彼女は犯人をエド・モーガンと呼んでいた。この情報を手がかりに、オーウェンは犯人の居所を探り出す。
オーウェンがモーガンの家を出ると、偶然バーニーに居合わせる。彼は近所の老人から装置を見せられ、彼はそれを盗んだのだった。バーニーによると装置はもう一つあり、ひとつは過去を、もうひとつは未来を見せるものだった。
バーニーがエドを脅していたことに気付いたオーウェンは、エドの足跡を追う。その頃グェンはバーニーを追ってエドと遭遇。エドがバーニーを刺そうとするのを止めるが、エドはグェンの持っているナイフに向かって飛び込み死亡する。


グェンがトムやその家族にオーウェンを紹介するときに、自分は「警部」でオーウェンが「警部補」って紹介したのに笑えました。新メンバーなのにもう仕切ってます。グェンがトムに話を聞いている間、オーウェンはトムの娘がお茶入れるののお手伝いw オーウェンは別にいなくてもよかったんじゃないかな?(ふたりで行動するのが原則とか?)
グェンは元警官といっても交通課だったせいで、実は銃は撃ったことがないらしいです。ジャックに手取り足取り射撃の仕方を教わってました。グェンは意識しまくり。なんだかいいムードで、リースがちょっと可哀相… ちゅーかジャック、ベタベタしすぎ! それってセクハラですよ!w
オーウェン、いいところに住んでます。激務なだけに給料は高い? クールに見えてけっこう情に動かされやすい人のようです。
グェンの空きっ歯が気になってしょうがないです。彼女が口を開けるとつい見てしまいます。見たいわけじゃないのに…
今回もイアント君はあまり出番はなし(´・ω・`) ドーナツとコーヒー(?)配ってました。カワェェ…

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。