Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一話「すべては変わる」
TWS1ep01.jpg

殺人事件現場の保全に当たっていた交通課の婦人警官グェンは、突然乗り込んで来た"トーチウッド"と名乗る集団に不審を抱く。グェンは彼らの捜査の様子を覗き見ようとし、彼らが死者を蘇らせるのを見てしまう。
グェンが怪我の治療のために病院へ行くと、そこで偶然ロングコートを着たトーチウッドのメンバーらしき人物を見かける。気になったグェンが彼を追うと、そこには異形なマスクを被った人物が! ロングコートの男のことを聞き出そうとグェンは彼に近づくが、一緒にいた病院の警備員が殺されてしまう。唖然としているグェンの元にロングコートの男が現れ、グェンを連れて逃げ出す。グェンは車で去ったトーチウッドをパトカーで追うが、鏡張りのビルの前で彼らを見失う。
重傷若しくは死亡したはずの警備員が現場にいなかったことになっていた。不審に思ったグェンは、トーチウッドが消えた鏡張りのビルの周辺を捜査。ピザ屋がそこへ何度もデリバリーしているのを知り、グェンはピザ屋に扮してトーチウッドの基地に乗り込む。気前よく基地内を見せるロングコートの男、キャプテン・ジャック・ハークネス。驚くグェンだったが、その後彼女に振舞われた酒には、記憶を消す薬が入っていた。
傷口から殺人事件の凶器の形状が洗い出される。それを見たグェンは、それをどこかで見たような気がしていた。何とか記憶を呼び覚ますことに成功した彼女は、それがトーチウッドにあったことを思い出す。殺人の犯人はトーチウッドのメンバー・スージーだった。彼女は蘇生させることのできるグローブの能力に魅せられ、研究のための死体を自ら作っていたのだった。これをジャックに知られたスージーは自殺。ジャックはグェンの能力を買い、欠員の出たトーチウッドにスカウトした。


他のドラマのレビューを読むためにたまたま立ち寄ったサイトでこのドラマのことを知り、面白そうなので借りて見ることにしました。英国でカルト的人気を誇るドラマ「ドクター・フー」のスピンオフ(番外編)ドラマだそうです。「ドクター・フー」も見たことがありません^^; ただ、製作のラッセル・T・デイビス氏が作った「queer as folk」は見たことがあります。(DVD持ってます! UK版もUS版も好きですv)
主役ジャックがとにかくハンサムでカッコイイです! 笑顔が眩しいです ヒュー・グランド系統の美青年(美中年かな?)です。澄んだブルーグレーの眼が印象的です。軍隊風のロングコート姿もイカしてます。キャプテン(大尉)と名乗ってますが、非政府組織のようで、本当に大尉かどうかわかりません。青い眼、濃い髪の色、不死、大尉という設定で、「キャプテン・スカーレット」を思い出しました。彼もジャックと一緒で、何回も死ぬ目に遭ってます。いくら死なないからといって、死ぬとき苦しいのは一緒。「キャプテン・スカーレット」のEDはガチで惨いです…
グェンはもうなんというか蛮勇? 普通あんな(蘇生させるシーンとか)の見たら恐くて近寄りたくないです… ジャックがいやにあっさり基地内を見せてると思ったら、グェンは一服盛られましたw それに気付いたグェンはPCに記録しようとしたのですが、ハッキングされてそのデータを消されてしまいました。でも根性(?)で思い出したのは凄いです。スージー曰く、頭がいい人は覚えてるらしいです。
個人的に気になるトーチウッド・メンバーが一人。雑用担当らしいイアント君です。常時スーツです(萌) 敬語使って話してます(英語音声でもジャックにsirとか言っちゃってますよ!) 事件が起きても彼はお留守番。なんとなくバットマンの執事を思い出しました。犬顔なところがさらに忠実そうで良いです

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。