Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-25
左:孫清華(シュン・チンワー)、中央:孔武(ホンモウ)、右:孫白颺(シュン・パッヨン)

安茜(オンシン)が名乗り出なかったことで、玉瑩(ヨッイン)は「孫白颺が殺されたら、あなたを許さない」と責める。
白颺のことを聞いた福貴人は、自分が彼と会う約束をしたのだと皇后に言うが、皇后は彼女が嘘を付いていることを見抜く。それを見た爾淳(イーソン)は、他の人を想う白颺を助けるのはばからしいと考えるが、福貴人の自分がそうしたからするのだという考えに動かされ、名乗り出ることを決意する。爾淳は安茜に遺される徐公公のことを頼みに行くが、玉瑩が迷っているのを知っている安茜は、もう少し待つよう爾淳に言う。
玉瑩、爾淳、安茜は、事の行く末を案じ、それぞれ眠れない夜を過ごす。翌朝、白颺は孔武とともに皇后の元に向かおうとするが、そこへ父・孫清華が現れ、密会相手だと名乗り出る者があったことを伝える。
意を決した爾淳が皇后の元に向かうと、玉瑩がすでに皇后の元を訪れていた。彼女が名乗り出たのだ。玉瑩は禁断のほれ薬を白颺に頼んだといい、二人は謹慎処分となる。
皇后は今回の事件のことで安茜に、「漁夫の利を得るものがいては困る」と話し、安茜ら貴人の事情を把握していることをほのめかす。それを聞いた安茜は、戦い続けなければならないことに疲れを感じ始める。
遊女の香淳(フォンファウ)は白颺に「彼女をことを想うなら、あきらめるように」と助言する。
爾淳が福貴人とともにいるのを見た徐公公は、二人が会うようになったのをいつから知っていたのかと妻を責める。爾淳ら姉妹を引き離したのは徐公公だった。爾淳が自分を頼るように仕向けるためだ。二人が姉妹だと気付けば後がないと、徐公公は二人のうちどちらかを殺そうと考える。
姫に会うために外で孔武を待っていた如妃(ユーフェイ)は、雪目になってしまう。孔武が皇帝に知らせ、皇后が如妃の元に孫清華を連れてくるが、如妃は意地から診察を拒否。目の見えないまま、姫に会いに行こうと外に出てしまう。それを知った孔武は、医師に看てもらうよう如妃を説得する。
安茜の乗った籠が壊れ、代わりの籠を持ってくるを間に護衛を任された孔武は、白颺のために何もしなかった安茜を詰る。安茜は理解されない悲しみを抱かえたまま、皇帝と寝所を共にする。


白颺の自己犠牲的な愛に心を動かされた玉瑩は、結局自分が密会相手だと名乗り出ることに。皇帝のためにほれ薬を手に入れるためだという言い訳で不貞とみなされず、謹慎だけですみました。全く無罪の白颺は少々気の毒だけど、うかつに暢音閣に行ったのは本人の過失だし、まぁ良かったのかな。このことで、白颺と玉瑩の関係はどう変わっていくのでしょうか。奥さんとの仲も、なにかしら変化が起きるのかな? 香淳は美味しいような美味しくないようなポジションです。
白颺と玉瑩の処分内容に関しては皇后の思惑が! 残った貴人が如妃のように権力を握ってはまずいと、わざと処分を軽くしたようです。こうでなくては皇后は務まりませんか。
徐公公、ひどいよ~ そこまで悪い人だと思わなかったよorz どちらかひとりって、明らかに彼にとって利用価値のない福貴人のほうじゃないですか。いい人なのに… 福貴人、綺麗なのに出番なさ過ぎてもったいない気がしますw
孔武、最後また厭味… 宮中で折角出来た友人を失いかけて言いたくなるのはわからなくもないけど、こう続くと、安茜の事情を知っている視聴者である私には、ちょっと言いすぎというか、もうちょっと「きっとなにか事情があったに違いない」とか察してやることはできないのかと思ってしまいます。色々ある思惑に気付けない彼も純粋なんだとは思いますが。
安茜とは確実に溝が深まっている孔武ですが、反面如妃とはいい雰囲気に。一人で戦ってきた如妃にも、やっと頼れる人ができたようです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。