Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-23
左:爾淳(イーソン)、右:玉瑩(ヨッイン)

皇帝の直属宦官・小信子から玉瑩に来るようにと託った安茜(オンシン)は、それを玉瑩に伝えず、自ら宦官の格好をして皇帝の元へ向かう。爾淳は偶然、籠に乗る安茜を見る。
皇帝のいる養心殿についた安茜は、絵を汚した犯人を当て、頭の良さで皇帝の関心を買う。
欽安殿で祈祷していた玉瑩の元に爾淳が現れ、安茜が宦官の格好をしていたと告げる。部屋に戻った玉瑩は宦官の衣装がないのを確認する。帰ってきた安茜を詰る玉瑩だったが、「親友だと思っていた」という彼女に、安茜は「そう思っていたのはあなただけ」と冷たく言う。
孫白颺(シュン・パッヨン)は妓楼へ向かうが、自分の部屋の荷物が片付けられているのに気付く。友人のように親しくしていた遊女・香淳(フォンファウ)からは、これからは普通の客として扱うと言われる。家に戻った白颺は、父・孫清華(シュン・チンワー)から、「誰のために何を悩んでいるのか」と問い詰められる。
安茜が貴人・安貴人(オンクァイヤン)となる。玉瑩は何日も部屋から出ず、白颺は「はじめから会わなかったと思うように」と助言する。機嫌を直すようにと皇帝から玉瑩への真珠を託ってきた爾淳。彼女は玉瑩に、安茜だけでなく白颺からも騙されているといい、母親と玉瑩の絵は白颺が描いたものだということを告げ、本物の絵を返す。
爾淳は、自分と組むよう安茜を説得しようとするが失敗し、「孔武(ホンモウ)を殺されてもいいのか」と彼女を脅す。翌日安茜は、自分と組むよう玉瑩に持ちかける。
如妃(ユーフェイ)は、皇后が自分の子を傷つけるのを見てから、夢にうなされるようになる。それを知った孔武は、姫に会えるようにすると如妃に約束する。
皇帝と玉瑩が絵を見ているところへ、白颺と孔武が訪れる。白颺が絵を嗜むことを知った皇帝は彼に絵を批評させようとするが、白颺は母親を真似て描いていただけと断る。母親は好きな父の姿を描いただけで何の技巧もないという白颺に、自分のことが好きだから白颺は自分を描けたのだと玉瑩は気づく。その晩玉瑩は、安茜を呼んだ。


安茜がとうとう玉瑩を裏切り… 側室と宮女の枠を越えて「親友だと思っていた」という玉瑩に、安茜は冷たいです(´・ω・`) それくらいのことができなくては、皇后に復讐なんて大それたことできないとは思うんだけど、やっぱり悲しいです。それはそうと、安茜があまりに早く貴人になってしまったのでびっくりしました。たまたま貴人の席が空いていたからなんでしょうか。皇后は安茜に対して後ろめたさもあるだろうし、貴人にすることに関しては、何も言わなかったのかもしれません。
安茜に裏切られた玉瑩は、すっかり顔つきが変わっちゃってます。なんだか険があるというか… もう無邪気に笑うことなんてないんでしょうか。寂しいです…
爾淳は徐公公から「何とかしろ」とせっつかれて、安茜と組むことにしましたが、安茜には断られてしまいました。まぁでも爾淳はあんまり負ける気がしないです。一応徐公公という後ろ盾もあるし。結局安茜が爾淳と組まなかったのは、これまでの玉瑩への爾淳の仕打ちが気に入らなかったからか。あるいは、後で安茜VS爾淳となると、なんの後ろ盾もない安茜が不利だから、ということなのか。なんにしろ恐いです((((;゚Д゚))))ガクブル
白颺が玉瑩を好きなのが本人にバレてしまいました。玉瑩は白颺の気持ちを利用しようとしている模様。以前の玉瑩ならそんなことしそうもないけど、安茜に裏切られ人が変わってしまった様子なのでどうなるやら… 利用される側の白颺が傷つくのも必至で心配です(´・ω・`)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。