Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-22
左:安茜(オンシン)、右:如妃(ユーフェイ)

如妃が祈祷しているところへ皇后が現れる。皇后に子供を取られて立場の弱い如妃は、目が悪くなったという皇后のために写経することになる。如妃を護衛することになった孔武(ホンモウ)は、静かにその姿を見守る。
小禄子(シウロッジ)が玉瑩(ヨッイン)を使って皇后を陥れることを提案するが、安茜は地位が違いすぎるという。夜、孔武の寝所で人知れず別れを決意した安茜は、翌朝に皇后を刺し殺そうと向かうが、途中小禄子に止められる。安茜は欽安殿で仏像に向かって怒りをぶつけているところを如妃に聞かれ、皇后を陥れるには皇帝を操れるようになる他ないと言われる。それを聞いた安茜は、皇帝の寵愛を独占し皇后を冷遇させるよう仕向けることを企てる。小禄子に「玉瑩様と張り合うのか」と問われた安茜は、自分を慕う玉瑩を見て罪悪感に駆られるが、復讐のために愛情や信頼を捨てようと決意する。
如妃付きから離れた小霊子(シウリンジ)は、掃除の隙を見計らって、如妃の子の容態を彼女に知らせる。姫の容態が日々悪化しているのに、皇后は皇帝に何も報告してないという。
如妃の部屋を訪れた安茜は、話に絡ませて彼女の香り袋の匂いを嗅ぎ、それと同じ物をつくる。安茜は玉瑩の共で養心殿へ向かう際にそれを付けていき、皇帝の気を引くのに成功する。


ここ数回、皇后の意地の悪さが目立ちます。何も赤ちゃんを傷つけなくても… 神聖な場所で、ってあんな寒々しい欽安殿で写経させるのも意地が悪いです。宦官たちが欽安殿を掃除していたとき、写経済みの部分が破れてしまわないかとヒヤヒヤしました。あれも嫌がらせなんでしょうか。
玉瑩はコスプレ続行中。皇帝に「小瑩子(シウインジ)」と呼ばれ、養心殿の通行証も頂きました。それを爾淳(イーソン)に見せびらかしに行ったりw 二人が皇帝と翡翠の駒の将棋を指しながら戦略について話していたんですが、それってまんま自分たちのこと? 白颺は休養中、安茜は裏切りそうで、力強い味方がいなくなろうとしている今、玉瑩はどうなってしまうんだろう… 皇帝もいつまでもコスプレ遊びを楽しんではいないだろうしなぁ
安茜は皇后に復讐を決意。殺すのはあきらめ、皇帝の寵愛を得る作戦に変更。そのことで玉瑩との仲がこじれるのは必至です(´・ω・`) 玉瑩が安茜をお姉さんみたいに慕うのが可愛かったのに…
今回白颺は休養中で出番なし。家で本読んだりグータラしてるんでしょうか。ボウイ兄の姿がなくてちょっと寂しいです。次回は出番あるよね?

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。