Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-17
左:如妃(ユーフェイ)、中央:爾淳(イーソン)、右:宝嬋(ホウシン)

孫白颺(シュン・パッヨン)に「玉瑩(ヨッイン)はあなたを利用している」と忠告する爾淳だったが、白颺は「利用されるかどうかは自分で決める」と取り合わない。玉瑩に手袋を渡す白颺を見て、爾淳はさらに激しい嫉妬心に駆られる。
皇后は、安茜(オンシン)に宮中に残って働くよう持ちかけ、祖母を亡くした彼女を気遣い、故郷に祖母の墓を建てるよう手配する。安茜はそんな皇后に感謝する。
安茜は病気の玉瑩の母・侯夫人を見舞う。侯夫人は夫の侯提督が亡くなってから一層苦しい立場にいたが、このことは玉瑩に言わないようにと安茜に頼む。互いを想う母娘の姿に心を動かされた安茜は、玉瑩の力になろうと思い、玉瑩もやる気を取り戻す。
陳爽(チャンソン)が汪福寿(ウォンフォクサウ)に頼まれた宝物を持ち出そうとしているところを、如妃の侍女・宝嬋が見つける。事情を知った宝嬋は孔武と陳爽の昇進のために永寿宮の宝を盗み、それを陳爽に渡す。それが警備中の宦官に見つかりそうになり逃げるが、その途中宝嬋は陳爽から貰った玉を落してしまい、それが小霊子(シウリンジ)らに見つかってしまう。宝嬋は孔武に自分を連れて逃げるよう言うが断られ、陳爽を道連れにすると言い捨てる。翌日陳爽は密告によって捕らえられ、彼は密告したのが孔武だと思い込む。
宝嬋が落した玉は道士が祈祷したものであり、宝を盗むために彼女が人払いしたため、真相を知らない側室たちは、如妃が道士と密会したのではと噂する。噂を聞いた皇后は宝嬋を尋問。途中如妃が現れて事なきを得るが、逃げられないと思った宝嬋は、宝物を盗んで逃げる途中に玉を落したことを如妃に告白。それを知った徐公公は、唯一如妃の身の潔白を証明する宝嬋の殺害を計画する。だが宝嬋の事情を知った爾淳は彼女に同情。宝嬋を逃がすよう手配するが、待ち合わせ場所近くの池で、彼女が溺死しているのを発見する。


白颺が宮女にお金を渡したシーンで、宮女の目がずっとお金に釘付けになってるのが笑えましたw
鄂公公の事件といい、妙に安茜に優しい皇后。なぜそんなにたかが宮女に気を使うのか?
玉瑩のお母さんは気の毒ですが、でもまだ女中に身の回りの世話をしてもらってるので、玉瑩よりは多少マシなのかな? お互いに境遇を知られまいと気使ってる姿が泣かせます。
嫉妬に駆られた爾淳恐~((((;゚Д゚))))ガクブル だからって白颺にまであんな厭味を言えば嫌われるのでは? もしや、嫌われればそれであきらめがつくと思って、わざとそうしてるんでしょうか。一方玉瑩は白颺に対して素直になってきた様子。微笑ましい感じになってきてます。
今回のキーパーソン、宝嬋。孔武のために危ない橋を渡りましたが、失敗した上に気持ちも受け入れられず… 「あなたのために」とか、そんな押し付けがましいこと言われてもなぁ ある意味利用された陳爽(´・ω・)カワイソス 逆に同じように恋が報われない爾淳は宝嬋に同情。徐公公の計画に背いてしまったけど大丈夫なの?と思っていたら、宝嬋が溺死… 徐公公が気付いた?
吉嬪ら側室たちはよほど暇なのか、無責任な噂を立てて、如妃を窮地に。おまいら普段如妃に世話になってるくせに!と憤りを感じました。でも如妃も恐怖で支配するみたいなことしてるので、側室たちも抑圧されて不満があったんだろうなと思ったりもしました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。