Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-16
左:孔武(ホンモウ)、中央:小禄子(シウロッジ)、右:安茜(オンシン)

皇帝と一夜を過ごした爾淳(イーソン)は翌朝、規則に従い、皇后に挨拶に行く。その帰り、如妃(ユーフェイ)の侍女・宝嬋(ホウシン)が「四月十七日」と書かれた木彫りの人形を焼いているのを目にする。四月十七日は皇后の誕生日。徐公公(チョイコンコン)は如妃が皇后を呪っているのだと推察し、すきがあれば如妃を潰すよう爾淳にいう。実は如妃はわざと人形を焼く様子を爾淳に見せたのであり、それは、皇后との確執を見せて爾淳がどちらにつくつもりか計るためだった。
如妃の女児が生まれてから100日経ち、祈願が行われることになる。如妃は、皇后に酒を注ぐ役として、爾淳を祈願に同席させる。祈願の際に、如妃はわざと女児と相性の悪い馬の刺繍のある毛布を持って来させ、それを爾淳に見せる。彼女が皇后にそれを報告しなかったことで、如妃は爾淳を「こちら側」の人間だと判断する。
福貴人(フォッグァイヤン)の診察に訪れた孫白颺(シュン・パッヨン)は、彼女が手袋を作っているのを見て、玉瑩(ヨッイン)が使うための手袋を縫ってくれるよう頼む。それを影から見ていた爾淳は嫉妬心に捉われ、玉瑩の元に向かう。
面会日、孔武が安茜の祖母を連れて紫禁城に現れ、彼女たちは久しぶりの面会を果たす。安茜が勤めを終える半年後まで、祖母は孔武の世話した尼寺に住むことになる。安茜は、孔武の好意を素直に受けることにする。
安茜の祖母の様子を見に行った孔武は、彼女が山に行ったと聞いて探しに行く。だが夕暮れまで探してやっと見つけた安茜の祖母は何かに襲われ亡くなっていた。帰った孔武は、安茜に祖母はオオカミに襲われて亡くなったと知らせる。呆然自失の安茜は、仕事もせず、祖母のための綿入れを作ることにこだわる。


如妃は順調に爾淳に騙されてます。とはいえ、今まで勝ち抜いてきた彼女。徐公公が「すきがあれば…」と言うようには、なかなか難しそうです。
紫禁城-16_2←嫉妬に燃える爾淳、恐いよ~((((;゚Д゚))))ガクブル
玉瑩はもうすでに"敵"じゃないのに…
玉瑩は有力候補から脱落し、宮女にも顧みられない状態に。髪を直してくれる人もいません。先の福貴人といい玉瑩といい、一応側室なのに、こんな無礼を働かれるなんてあまりにも気の毒…
安茜がおばあさんに会うために何もできなかった小禄子は、「孔さんのおかげ」と再会を喜ぶ安茜を前にちょっと寂しそうでした。
安茜はやっとおばあさんと会えたと思ったら、そのおばあさんがもう亡くなってしまいました。やたらと綿入れにこだわって、混乱している様子がよくわかります。自分が山の近くに住まわせたから、と自分を責める孔武もまた気の毒… どうしてこんなことになってしまうのか、やり切れない思いをしていると思います。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。