Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-8
孔武(ホンモウ)

如妃(ユーフェイ)を批判する言葉を書かれた団扇を持っていたことで、玉瑩(ヨッイン)は必死に詫びる。その姿を見た如妃は、彼女は何者かに陥れられたのであり、警戒する必要のないただ美しいだけの側室であると考え、利用しようとする。
面会に来た母親と数ヶ月振りの再会を喜ぶ玉瑩。昔母親が目立とうとして正室から迫害されていた経験を胸に、如妃の元で上手くやってみせると誓う。そこへ小霊子(シウリンジ)が現れ、再会を記念に二人の絵を描いてはどうかと如妃が提案したという。
徐公公が解放され、その晩爾淳(イーソン)は彼に会いに行く。淑寧(ソッリン)を陥れたことを詫びる彼女に、徐公公は自分のせいだというが、帰宅後、監視が不十分だったと妻を詰る。部屋に戻った爾淳は、自分が許せず罰するように寒食散(麻薬の一種)を飲み続ける。
曹大人に絹のハンカチを持っているのを見つかった孔武(ホンモウ)は、彼と陳爽(チャンソウ)がそれを盗んだのではないかと疑われる。処罰として棒でなぐられているところに孫清華(シュン・チンワー)が通りかかる。医院で治療を受けた孔武は、孫清華からハンカチの詩の意味を聞き、それが宮女が自分の自由になりたいと言う思いを服に縫いとめたものだと知る。孫清華は、孔武に紫禁城を去るよう忠告する。夜、奉先殿で火事が起き、孔武はそこにあった太祖の位牌を守って大火傷をする。孔武を助けようとした陳爽も火傷を負う。そのことを聞いた皇帝は、彼らに褒美と門番の職を与える。
妓楼に孫白颺(シュン・パッヨン)を訪ねた徐公公は爾淳を診るよう頼むが、白颺は規則を盾に応じようとしない。徐公公は、父親が横領事件に関与したように見せると脅し、皇帝の留守中に爾淳を診察するよう言う。爾淳を診察した白颺は、寒食散の服用のことで彼女を問い詰める。治療を拒否する爾淳に、白颺はこれが徐公公からの依頼であることを告げる。


玉瑩ピンチ!と思ったけど、その後のお母さんとの会話を見ると、如妃を安心させるためにわざと策にはまったようです。おバカな振りをしていたんですね。お母さんが「最後のお金」って親戚中からかき集めたお金を渡してるのに胸が詰まりました。提督の娘だから裕福なのかと思ってたのに、金コマだったなんて。もしかして、正室がお母さんのところにお金や高価な品が行かないようにしてたのかなぁ… そんなお母さんのために苦労している玉瑩は健気です。
孔武はハンカチの詩を見て、これを縫った宮女さんを救ってやりたいと思ったんでしょうか。ロマンチックな詩です。それにしても孔武、奉先殿に火を付けるなんて大胆不敵。どうしても紫禁城を追い出されたくなかったのは分かるんですが。でも最初に手を伸ばしたのって、多分隠してあった素櫻の笛を取ろうとしてたんですよね? 彼女のためにも、意地でも出世してやるっていう思いで位牌を取ったのかと思いました。しかしホント、一歩間違ったら死んでたかも、と思うと無謀としか言いようがありません…
紫禁城-8_2
←孔武に足を洗わされてる白颺が妙に嬉しそうw 規則に縛られたり上にへーこらする人間ばっかりの中で、こういう気骨のある人物に出会えたのが嬉しかったのかな?

爾淳は相変わらず白颺に反抗的というか、素直でないです。自分が悪事を働いていてもそれを止めるんでもなし(一応忠告はするけど)、ただの患者として他と同じように治療をしてくれる白颺に、とまどっているだけなのかもしれません。彼女が徐公公の真の姿に気付いてくれればこんな苦労しなくていいのにと思いましたが、知ったら知ったで余計罪悪感に苦しみそうですね(´・ω・`)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。