Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城-4
左:孫清華(シュン・チンワー)、右:孫白颺(シュン・パッヨン 演:ラム・ボウイ林保怡)

徐公公(チョイコンコン)の妻は、占いで家庭に何か急変する事態が起きることを予言される。占い師に助け舟が出されると聞いて安心した彼女だったが、家に帰ると、徐公公が宿舎に泊まって横領事件の調査に協力するよう言われる。このことは早速、爾淳(イーソン)ら宮中の養女に伝えられる。
皇帝が紫禁城に戻ってくることになり、側室候補たちも作法の習得に熱心になる。そんな中、爾淳の靴に針が入り、宮女の安茜(オンシン)が咎められることになる。爾淳はそれを「自分が落した」と安茜をかばい、鄂公公(オッコンコン)が去った後、安茜に余計なことはことはしないようにと忠告する。
如妃に呼ばれ永寿宮に向かっていた孫白颺は、途中父親の孫清華に会う。彼は禁制のヨモギの灸を使ったことで孫白颺を医院に告発したと言い、皇后の手が伸びないうちに紫禁城から出るよう忠告する。
奉先殿の修繕作業中、作業員が落ちて大怪我をする。そこへ孫白颺が通りかかるが、彼はすでに絶命。治療をしない孫白颺を孔武(ホンモウ)は批難。辺りは騒ぎとなり役人が駆けつけるが、孫白颺は誤解だと孔武らをかばい去っていく。
如妃を診察した孫白颺は、流産の前兆を見て、早産以外に胎児を助ける方法はないと進言する。そこへ皇后が現れ、その対応で無理をした如妃は体調を大きく崩し、一刻も早い早産が迫られる。
鳴き声がうるさいからカエルを捕まえろと命令された素櫻は、確認しようと壊れた観音像に近づいたところ、小霊子に彼女が壊したと疑われる。逃げて井戸に落ちた素櫻は、孔武と陳爽(チャンソウ)に助けられ奉先殿へ。ここにカラスの巣があることを知っていた孔武は、素櫻を追ってきた小霊子に"真犯人"を突き出す。
孫白颺の処置の下、如妃は激しい陣痛に苦しみながらも無事女児を出産した。


徐公公の奥さんから送られたおみくじを見ながら、爾淳が玉瑩に身の上話をしているのですが、このときの爾淳はどういう心境なんでしょうか。ただ単におみくじ見て思い出して話し始めたのか、身の上話をすることで玉瑩に同情もしくは信用されたいからなのか。私は、誰かに話したいという純粋な気持ちもあったのではないかと思いたいです。
素櫻のいじめられ方が理不尽でかわいそうです(´・ω・`) 宝嬋と小霊子も、あんな気難しい主人に仕えるのは相当ストレスの溜まることだとは思うんですが、それの憂さ晴らしでもしてるかのようでいやな感じです… 最後はカラスが犯人だと分かって一件落着…ですか? 孔武はよく気が付くし頭も回ります。これなら出世も期待できそうです。
ご禁制のヨモギを使ったのがバレた白颺は、父親との亀裂が深まる一方。「今朝チョウが現れた。あれはきっとお前を心配する母親だ」とか言われて、反って「母親のことを持ち出すな」と言わんばかりの不満の表情でした。お父さんの言うことは理解してても、意固地になってて受け入れられない様子。如妃に淡々と過酷な処置をする白颺は一見冷徹に見えますが、かといって医者がびくびくしてたりうろたえてたりしたら信用なくすだろうなぁ… 特に相手は如妃だし、絶対に無事に出産させるという強い意志が必要だったかと思います。色んな意味で無事生まれてよかったです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。