Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LastEmperor_9.jpg
左:陳宝琛、右:溥儀

第九話「思想改革」
洋風文化に慣れ親しんだ溥儀は、ある日洋服を着ようと思い立ち、宦官に準備させる。早速スーツを着たのはいいが、洋装には似合わぬと、辮髪を切ってしまう。それを見た皇太妃らは、これはジョンストンの影響と彼を追放しようとするが、醇親王は「ジョンストンはいざというときの民国政府との交渉役になる」と、彼女らを説得する。
清朝復興のため、外国からの協力を得ようとした溥儀は、手始めに、関東大震災で打撃を受けた日本への援助物資する。溥儀は、鄭考胥から日本の皇帝(天皇)がこの援助に深く感謝していたと聞き、ますます外国との繋がりを深めようと決心する。
紫禁城に電話が引かれ、電話帳で新思想の胡適の電話番号を見つけた溥儀は早速彼に電話。そして、外国へ留学したいと胡適に相談する。
溥儀の留学の話を聞いた皇太妃らは、皇帝がいなくなっては優待遇でなくなると心配し、陳宝琛は溥儀の留学を思い留まらせようと、溥儀の結婚を提案する。その提案に乗った皇太妃らは、早速溥儀のもとへ后候補の写真を持参する。皇太妃らに后を選ぶよう執拗に言われた溥儀は、嫌々文繍と皇太妃らの推薦の強い碗容を選び出す。
1922年冬、溥儀は皇后に碗容を、皇妃(側室)に淑妃・文繍を迎えた。


やはりジョンストンは恨みを持たれたか… 皇太妃らに辮髪を切ったことを責められた溥儀ですが、ならばと彼が醇親王の帽子を取らせると、すでに辮髪を切り落としていたので笑えました。これでは溥儀に何もいえないですよね(笑) 前髪も伸びてたので、結構前に切ったようです。民国政府に言われたかららしいですが、なんつープライドのなさ…orz 根っから争うのが嫌いみたいです。
溥儀が胡適を呼んだ際、胡適に倣って口語の詩を披露したのですが、単に写実的で、だからなにが言いたいの?と思わせるような出来。一瞬どう感想を言おうか、胡適も躊躇っていたように見えました。
紫禁城に電話が引かれると、溥傑が別の部屋から溥儀の部屋へ電話。それで思いつき、あちこちにイタ電…orz 名を騙って満貫全席を注文してました。お店と騙られた人がお気の毒…
陳宝琛は解雇されたかと思いましたが、出てきたので安心しました。年取ってからの失業って、なんだか可哀想で… でもいくら清朝のためだとはいえ、私事に口を挟むのはちょっとどうかと。皇太妃らにいらん知恵を付けます。出身と写真だけで会いもせずに結婚相手を決めるなんて、当時としては当たり前なんだろうけど、不安なことです。

コメント

 

v-24Outerの方はよく読ませてもらっているのですがこのサイトは初めてです。Yuukiさんの博識さと幅広い好奇心にべっくしですv-25なんたってMMSMのロニーv-254までチェックされてるなんて!
このラスエン←(すんません、かってに略させてもらいました)
見て思い出した方が。
カンボジアのノロドム・シハモニ殿下!まずMixの国王であるのに
驚いたのですが、元バレエ教師、独身!!
なんか事実は小説ドラマより奇なりって本当ですよね。
ではこちらのブログを堪能させていただきま~す。
  • ぷく 
  • URL 
  • 2010年10月13日 (Wed) 
  • [編集]
  • [返信]

"事実"も面白い 

ぷくさん、おはようございます

こちらはあまり更新してなくて申し訳ないです(汗) 普通のドラマも色々見てはいるんですけど、感想書いてる余裕もあまりないし…

博識はともかく好奇心は幅広いです(笑) すぐにいろんなものに興味を持ってしまうので困ります。時間と本買うお金が欲しい…
ぷくさんもMMSM見られてたんですね! ロニー君のことは聞いて知ったんです。方向性はちょっと変わったみたいですけど、またモデルをやってるみたいでよかったです。彼氏とお幸せに~e-328
他にもケイシー君やジェイ君がモデルやってるみたいですね。
http://talkingwithtami.com/tag/make-me-a-supermodel
ペリー君はどうなったのかなぁ…?

>カンボジアのノロドム・シハモニ殿下!
元バレエ教師で独身?! もしやg(略…なんてちょっと疑ってしまいました^^; 独身ということは、ご兄弟の息子さんが王位を継がれるのかな?

なんか事実は小説ドラマより奇なりって本当ですよね。
王族関係はこういうのが多いですよね! 特に王朝の末期とか。
私も「事実の方が小説より面白い」と感じ始めて、近年は小説より自伝やノンフィクション物ばかり読んでます。今はニジンスキー関係が多いです。
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2010年10月14日 (Thu) 
  • [編集]
  • [返信]

 

わぁお、返信ありがとうございますv-238
ニジンスキーv-107Outerの方でしたっけ?
コメントで書かれていましたよネ。
リチャード・バックルの「ディアギレフ」は読まれました?
もうきら星のごとく色んな才能のある人が登場しつつ、ディアギレフ像がどれだけ歪んで伝えられるか良くわかりました。
ものすんごく面白かったです!
  • ぷく 
  • URL 
  • 2010年10月14日 (Thu) 
  • [編集]
  • [返信]

Outer~のほうです 

ぷくさん、おはようございます

ニジンスキー Outerの方でしたっけ?
そうです。あっちのダンス記事のコメントに書きました(^^)

リチャード・バックルの「ディアギレフ」は読まれました?
それがまだ読んでないんですよe-441 読まれたなんて羨ましいです!
読みたいと思って検索したら、中古しかない上に一冊一万円以上しちゃって手が出せませんe-327 「ニジンスキー 神の道化」も品切れで中古が高いですしね~ 昨年バレエ・リュスが100周年だったんだから、再販くらいしてくれてもよかったのに!e-443 自分がもっと早く知ればよかったんですけど…
ニジンスキーはプルシェンコ効果で興味を持つ人もいらっしゃったようですけど、ディアギレフが好きな方はなかなかいませんね。あの芸術に対する嗅覚の鋭さと興行手腕にはすごく惹かれるんですが(そして私生活にも^^;)、今日本で読める文献があまり無いみたいで寂しいです。
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2010年10月15日 (Fri) 
  • [編集]
  • [返信]

 

ゆうきさま、こんばんわ。

>中古しかない上に一冊一万円以上
ぎゃー高え!v-12
でも本当におもしろいのです、私は大学の図書館で読んだのですが本気で買おうかなって思っていました。

特にダンサーのタマーラ・カルサヴィーナが師匠(だったかな)のセルゲイ・ヴォトーキンに教えられるくだりで、
すごく感動した箇所があったのでメモしたくらいでした。
以下がそれです。

(同性愛について)・・自然の気まぐれでしかないものに醜い名前を与えるのはとても残酷な誤った判断だよ。

恋愛を美しくするものは愛の質であって対象が何であるかは関係がないことを教えようとしたのです。

ディアギレフは歓楽に飽きて無感覚になったような仮面をかぶっていましたが、彼の愛情の質は誠実で純真で深遠だったのです。

またお勧めの本とかあったら教えてくださいね。v-252
  • ぷく 
  • URL 
  • 2010年10月15日 (Fri) 
  • [編集]
  • [返信]

復刊リクエスト 

ぷくさん、おはようございます

>恋愛を美しくするものは愛の質であって対象が何であるかは関係がない
>彼の愛情の質は誠実で純真で深遠だったのです。

いいですね~v-398
リチャード・バックルの「ディアギレフ」、面白そうです。ますます読みたくなりました! 復刊ドットコムにリクエストしてみようかな…? …と思ってたらすでにリクエストされてたので投票してきました! もっと票があつまってほしいです(><)

>お勧めの本とかあったら教えてくださいね。

こちらこそ、なにかいい本があったらご紹介お願いしますv-343
  • ゆうき 
  • URL 
  • 2010年10月16日 (Sat) 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。