Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LastEmperor_6.jpg
中央:溥儀、右:張謙和

第六話「天無二日」
中華民国の皇帝になった袁世凱は、溥儀を親王に封じるという。一族の存亡は袁世凱に掛かっているため、その話を受けるよう皇太妃は説得するが、溥儀は「皇帝は僕だ」と聞き入れようとしない。両親も説得を試みたが失敗。皇太妃に「(皇帝を)こんなに甘やかして」となじられ、清朝の終わりを前に失意した溥儀の母親・瓜爾佳氏は、アヘンの飲んで自害する。教師の陳宝琛は、清朝再興のため、今は耐えるよう溥儀を説得する。
1916年6月、国内外から批判を集めた袁世凱は悲悶のうち病死。溥儀は紫禁城を出る必要がなくなり、生活も元に戻った。ある日溥儀は、康熙帝の誕生日が大和殿で祝われる様子を描かれた巻物を見たが、大和殿を含む三大殿が国民政府の管理下にあると知らされ、ショックで寝込んでしまう。
1917年、袁世凱を欠いた国民政府は分裂。その隙を縫い、元帥の張勲が清朝復辟に尽くすため北京へと赴いた。


溥儀の母親・瓜爾佳氏は気の毒と言う他ありません。2歳の子供を取り上げられて、その後碌に会っても居なかったのに、その子供の躾のことでなじられるとは。お母さんが必死に説得してたのに、ここでもお父さんの醇親王はまともに話せずじまい。役立たずです…orz
祖母の劉佳氏は、完全にボケてしまったようで、うわごとのように溥儀を呼び続けて可哀想でした。本を読むと、まともな性格の彼女は、西太后とはかなり仲が悪かった模様。妹の息子や溺愛していた孫を取り上げたのは、嫌がらせの意味もあったのだろうかと思ってしまいました。
共和制のはずなのに皇帝になるってどうなの?と思ったら、袁世凱は「中華帝国」にしていた模様。当然、国内外から批判の嵐です。しかしこんなところで亡くなるとは、意外と神経が太くなかったんですね。「83日の天下」ということでしたが、即位してから亡くなるまで半年はあります。どうやら3月頃に退位したようです。

コメント

 

とおりがかりの者です。 僕も最近「末代皇帝」BOXを購入し、見ている最中です(現在第5集)。

 私は最近、溥儀の「わが半生」を読了したばかりなので、本作の大半が「わが半生」をヒントとしていることはよくわかりました。

 紫禁城の西太后の部屋などが異様に狭く、アパートの一室みたいなセットは勘弁してもらいたいです。

 今後も更新、楽しみにしてます。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。