Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第52話「錯綜」
サイードが射殺され、所内は騒然。マスコミがどこからかその情報を嗅ぎ付け、取材を要求する。グリン所長はなぜ銃を持ち込めたかを調査。確認を怠った看守を処分する。
ローウィンが殺された件で、刑事は外部から殺人の依頼があったに違いないと推測する。
出所したビーチャーは、早速控訴のためにケラーに面会に来る。ビーチャーは目撃者は検察のでっち上げではないかと言う。裁判でその言い分が認められ、ケラーの死刑判決が覆される。B区画に移ったケラーは、ビーチャーの父親を刺し殺したウィンスロップを絞め殺す。
アリフらは、サイードの遺志を継いで、ヒルの遺稿を出版することに。アリフはムスリムのリーダーに選ばれる。
レディングのテレマーケティング会社は成功。ある上院議員の選挙のため、各家庭に勧誘の電話をするが、ポエットが相手と揉めたことで、彼と数人の黒人は、マーケティングの仕事を辞める。ポエットはまた麻薬を売ることを考える。
ブスマリスはノーマに会う決意する。当時付き合っていた恋人よりブスマリスを選んだという彼女の気持ちを知ったブスマリスは、彼女とやり直すことにする。
リバドーが思いを寄せる図書館勤務のカフォが、ガンを告知されたとリバドーに告白する。
ホイットの精神状態は極限に。ムカダ神父は、弁護士の調べで、ホイットが子供の頃から精神病の治療を受けていたことを知る。ホイットの死刑判決は覆され、彼は精神病院に移動することが決まる。
グリンは、メチレン中毒のことを口外しない約束で、ホワイトをエムシティへ戻す。ホワイトはサイードが殺されたことを知って愕然とする。
マルチネスが窒息死したことを知ったグリンは、ブラスから「マルチネスがモラレスから命令されて、ブラスの腱を切ったと告白された」と聞くが、それは嘘だった。それを知ったマーフィーは、モラレスが命令したという証拠がないからと、彼を独房から出す。
ライアンの母フィッツジェラルドが、彼女を反政府組織に入れた囚人ネイーマと付き合い始める。
ミゲルは、妻が友人のレイナルドと関係したことに愕然とする。
パンカーモらはロブソンに、彼をペットのように扱うカットラーを殺すよう誘いかける。ロブソンはカットラーに首を絞めてセックスする方法を教え、シスターには、カットラーが自殺をほのめかしていると嘘を話す。カットラーが首を吊った状態で発見される。


今回の語り部は、アントニオ・ナッパ。結構好きなキャラでした。
ロブソンはペットになる代わりにカットラーに守って貰ってたのですが、殺してしまって、これからはパンカーモたちが守ってくれるんでしょうか。ジムで男娼みたいな格好させられててびっくりでした。
マルチネスは窒息死だったんですね。グエラはやってないのかな? モラレスが別の人間にやらせたんでしょうか? この辺がちょっと分かりませんでした。
レディングに不満を持つものが結構多くいるようですね。彼も会社も大丈夫なんでしょうか? 
ホワイトはサイードの死を知って、かなりショックを受けた様子。サイードを殺した偽記者は、捕まってそのままOZに収監されてるみたいですね。ホワイトはやはり復讐を…?
今回、死刑判決が二つも覆されました。一人はホイット。あれだけ人殺してるのを考えると、シスター同様なんだか納得できないものもあります。シリルがそれで認められなかったこともあるからなのですが。驚いたことに、ホイットは実家が金持ちらしく、大学も行ってたようでした。今まで家族が面会に来たことなかったから、身寄りがないのかと思ってました。家族は、会いたくはないけど心配はしてたんでしょうね。
もうひとりはケラー。ビーチャーのことを考えると、良かったって思いますが、彼もなんだかんだで結構殺してるからなぁ… ビーチャーが自由なことをケラーが嫉妬してましたが(自分が忘れられないかと言う不安もあったかと思います)、もしかしてビーチャーになにかするんでしょうか? 予告でビーチャーが囚人服着てたんですが…(汗)
もう物語も後4話なのに、全然落ち着く気配がないですね。どういう風に終わるんでしょう。

コメント

 

あっさりと覆る死刑判決。しかも二つも。
いったい弁護士は何をしていたんだか…
覆ったとたんに人を殺してしまうケラーさんの心理状態もまた複雑です。
シスターへの告白が伏線なのかと思うと愛情の深さも恐ろしいというか。
マルチネスと殺した人物は、病棟でモラレスが怯えていたのがヒントなのでは?と思います。

 

こんにちは~
本当に今までの弁護士は何やっていたんでしょうね。ケラーの弁護士は、ゲイか犯罪者に偏見があって、真面目に弁護しようという気がなかったのかもしれません。
マルチネスを殺したのは、ブラスかも?って思ってたんですが、違うのかな? 謎は解けるんでしょうか?

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。