Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31話「監獄」
ハイキングで道に迷った夫婦は、帰路を探す途中、事後車の中に白骨化した遺体を発見する。遺族はフィッシャー&ディアスで葬儀を行うことになるが、自分の父親の死に何の感慨も無い息子にネイトは憤る。
フェデリコはアルバイトを辞めたクレアの代わりに、間借りする代わりに給料は払わないという契約で、見習いを雇って経費削減をしようと計画。アーサーが雇われる。
リサが失業し、ルースは彼女が育児と主婦業に専念するものと考えている。リサが仕事を探していないのを知ったネイトは、自分を話さずルースと相談したのかと憤る。
クレアは講師のオリヴィエから、アシスタントをするよう頼まれ、それを引き受ける。クレアは車で移動の途中、誰かを真剣に思うようになったら、芸術家として終わりだ」とオリヴィエがいう。クレアはラッセルとは普通の友達として付き合うことにする。
突然ネイトの元へ、ブレンダが訪れる。付き合っていた頃の自分の行為を誤りに来たのだという。それを知ったリサは、なぜ黙って会ったのかとネイトを詰る。
デイヴィッドのコーラスの発表会があったが、キースは仕事で来られない。キースと同僚はこっそり雇い主の家で酒を飲む。金持ちにいいように扱われるのに辟易する同僚は、泥棒が入ったのを好都合と家具を破壊。キースは同僚を取り押さえる。キースは真剣に転職を考える。
ベティーナが遊びに来るが、キッチンはアーサーが使う時間でコーヒーも入れられない。ベティーナはルースを誘って、こっそりとアーサーの様子を覗き見る。
ネイトは葬儀で知り合った男と車を駆り出すと、一通り騒いだ後、家に帰っていく。


ネイトはやっぱり家庭に収まるような人じゃないのかな。子供のことを思い出しながら一生懸命自分を抑えてるようでした。リサともまた関係がぎくしゃくしてきました。ブレンダとまた会うようなことになるんでしょうか? リサと上手く行くんなら、それはそれでいいと思ったのですが。
アーサーが雇われたのって、あの暗くて真面目そうなオタクっぽい雰囲気が、仕事に合いそうだからってことなんでしょうか?(笑) どうかと思ったけど、ルースとは意外と上手く行きそうで良かったです。私も留学中、キッチン使わせてもらうのに緊張したなぁ。使い方が気になるんじゃないかと思って、あまり一緒にならないようにしてました(汗)
クレアはラッセルといい雰囲気だったのに、また唯の友達になってしまいました。ラッセルは本当はクレアとちゃんと付き合いたかったんじゃないのかな。でも先にクレアに「友達で」って言われちゃったから… 先生はクレアのことが好きなのかと思ったけど、彼女の才能を心配してただけなのかな。
デイブとキースは上手くいってるようで安心しました。デイブが歌ってる最中にキースを探してるような感じがしたので、ちょっと可哀想でした。さすが役者さんがミュージカル俳優だけあって、歌が上手いです。
フェデリコったらルースの意見も聞かずに、勝手に見習いを間借りさせる契約するなんて… しかし部屋をただで借りられるとはいえ、給料まるでなしなんて、それでいいんでしょうか? 間借りなんて日本円で1・2万円くらいしかしないのでは? 何人か応募が来たところを見ると、よくない条件という訳じゃないようなのですが。リコは結構商売上手みたいですね。キッチンだけじゃなくて、バス・トイレは借りられるんだろうかと、要らない心配をしてしまいました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。