Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第50話「五感」
ローウェン市長が黒人少女殺害事件に関わっていたとして、有罪判決を受け、OZに収監される。
ビーチャーの父親が殺された件で、ビーチャーはシリンガーを疑うが、犯人として面識の無い人物が挙がる。ビーチャーの仮釈放が認められる。
改築時に使った資材のせいで、独房の囚人たちが塩化メチレン中毒にかかってしまう。マルチネス、ホワイトら囚人は肝臓や肺に障害を負ってしまう。病棟で休むマルチネスを、彼に腱を切られたブラスが付け狙う。マルチネスが口を割るのを恐れるモラレスは、彼を殺そうかと考える。
ムカダ神父を性的虐待で訴えたカークは、このことを枢機卿に訴え、死刑執行までにムカダ神父を教会から追い出すと言う。ファッション雑誌のモデルに死刑囚らが選ばれ、撮影の機会を狙って、ホイットはカークを殺害。ムカダ神父の調査も打ち切られる。
刑務所内で会社を作る計画が持ち上がり、その候補にOZが挙がる。ヒルへの罪悪感から、若い黒人を更生させたいレディングは、その会社で仕事をすることを望む。
父親を殺されたシベッタは、ライアンに、ミーハン神父は自分が呪い殺させたと話す。いずれはライアン自身も呪い殺すという。ライアンはパンカーモに、ピーターが彼の命を狙っていると嘘をいい、パンカーモがピーターを狙うよう仕向ける。
仲間に見放され一人になったロブソンは、パンカーモに襲われそうになり、シスターのところへ助けを求める。「死ぬべきではない」と言われたロブソンは、かつての仲間のひとりに、自分を慰み者として差し出す。


今回は語り部に女性死刑囚だったベリンジャーが登場。首に残った絞首刑の痕が、痛々しいし生生しくて恐ろしいです。
ビーチャーは仮釈放が決まりましたが、シリンガーが邪魔してこないかと心配ですね。口ではしないって言ってたけど、シリンガーだし… ビーチャーのパパを襲い、チクられた時の借りは返したってことで、それ以上は何もするつもりないのかな。ウィンスロップは態度がでかくなって、すっかりシリンガーたちの仲間になってしまいましたね。ケラーは後任の弁護士は決まるんでしょうか。
建築資材って、何使うかチェック受けたりはしないのかな? 予算がなくて安いテキトウなとこに頼んだら、危険だからって廃棄される予定の資材使われたとか? 部屋使うのもどうせ囚人だからって、罪悪感もなく使われたのかも…
カークもついに悪運尽きたようです。彼にはまったく同情心が沸きません。むしろホイットGJ!みたいな。撮影時に、ホイットに暢気に「後世に残る」みたいな話してて、全然危機感がないのに呆れました。自分は死なないという変な自信があったみたいですね。それにしても、死刑囚をモデルに使おうなんて凄い発想だと思いました。
レディングは自身も更生しようとしてるみたいですが、若い仲間の中には不満を持つ者も。ここで誰か新しいリーダーになれそうな黒人の囚人が入ったら、レディングは危ないかもしれません(汗)
パンカーモったら単純すぎ… あんなにあっさりライアンの言うこと信じるなんて。彼らしいといえば、そうなんだけど。ピーターは最後まで可哀想でした。
ロブソンは落ちるとこまで落ちたって感じですね。ちょっと可哀想な気もするけど、自業自得で仕方ないかと。スプーンは痛そうでした…(汗)しばらく座ることもできないかも。彼、痛い目に遭いすぎ… こんなところでエンディングを迎えるとは思いませんでした。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。