Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからご覧になる予定の方は、ご注意ください。
Mt.Brokeback.jpg
ジャック(ジェイク・ギレンホール)、イニス(ヒース・レジャー)
Brokeback Mountain」 2005年アメリカ作品

1963年のワイオミング。牧場に雇われたイニスとジャックは、お互い初対面だったが、一緒に放牧地のブロークバック・マウンテンで野営をすることになる。
ある晩イニスは、テントの中でジャックに誘われ彼を抱いてしまう。一回きりだと確認したイニスだったが、再びジャックと抱き合ってしまう。彼らの雇い主アギーレは、半裸でふざけ合っている二人の姿を見てしまう。
嵐が来て、二人は羊の群れを迷わせてしまう。放牧地に戻ると、羊たちは他の群れと混じってしまい、数も減ってしまっている。
8月も半ば、後一ヶ月を残して、二人はアギーレから山に戻るよう言われる。山での仕事を終えたジャックは、「来年も会いたい」とイニスと再会の約束をしようとするが、保守的な考えのイニスにはそんな気は無い。二人はそれぞれの故郷へ帰っていき、イニスは恋人アルマと結婚する。
ジャックは再びアギーレの元で働こうと彼のところへ行く。だが、嵐で羊を失ったことやジャックがイニスとふざけ合っているのを見たことで、アギーレはその申し出を拒否する。
イニスは二人の子を授かり、ジャックも競技場で出合った女性ラリーンと結婚する。そんな頃、イニスの元にジャックから葉書が届く。「24日に行く。返事をくれ」とだけ書かれた葉書の裏には、ブロークバック・マウンテンの写真があった。イニスが返事を書くと、ジャックはイニスの家へ訪れ、二人は家の影で熱い抱擁とキスを交す。だがその様子を偶然、イニスの妻アルマが見てしまう。
再会を懐かしみ、ブロークバックに行くのを望む二人だったが、イニスは今の生活から離れられない。「釣りに行く」と数日間だけ、二人は山へ行く。アルマは泣きながら、出かけていく二人を密かに見送る。
山で2人だけで暮らすことを提案するジャックだったが、保守的な地域で男2人で暮らすことは自殺行為だとイニスは言う。
イニスがジャックと出かけていくのに不満と不安を感じているアルマだったが、それを夫に言うことができない。アルマは子供は欲しくないといい、2人は離婚する。
離婚の知らせを聞いてイニスの元を尋ねたジャックだったが、当日はイニスと娘たちとの面会日。気落ちして一人メキシコ向かったジャックは、通りで男を買う。
バーでキャリーと知り合ったイニスは、彼女と付き合い始める。母親が再婚して居辛くなったアルマJr.は、イニスに一緒に暮らすことを希望するが、イニスは牧場の仕事で家を空けることが多いから無理だと言う。
お互いの生活があり、年々会うのが難しくなっていく二人。久しぶりに会った山で、その不満をイニスにぶつけるジャックだったが、養育費を払わなければならないイニスは定職に付くことが必要で、そうなればますます合うことは叶わなかった。寂しさからジャックがメキシコで男を買ったことで言い争いになる二人。イニスはジャックの元を去っていく。
キャリーと別れたイニス。ジャックに電話するが、彼の妻ラリーンからは、彼が事故で亡くなったことを告げられる。彼は遺灰の一部をブロークバックで散骨するよう遺言したという。イニスはジャックの両親の元を訪れると、彼が山で着ていたシャツを形見に貰っていく。
イニスは山の写真と形見のシャツを見て、ブロークバック・マウンテンに思いを馳せ、ジャックに永遠の愛を誓う。


先日、日本語版DVDが出たので、さっそく拝見しました。
風景がもの凄く綺麗で、それが一層物語を美しくしてるような気がします。羊も可愛かった!
1960年代といえば、イギリスでもまだ同性愛は犯罪だったし、アメリカでも相当保守的だったようですね。中盤辺りに出てくるリンチの話が恐ろしかったです。イニスがトラウマになるのも無理はない…(汗) 今の時代だったら、二人があんな辛い思いをすることもなかったかもしれないと思うと、胸が痛みます。奥さんたちも可哀想でした。特にイニスの奥さんアルマは途中で二人の関係を知ってしまったし。保守的な考えが、色んな人を不幸にしてしまってます。
ジャックが誘ったとき、どうしてイニスが乗ってしまったのかよく解らなかったのですが、一緒に厳しい生活をしているという連帯感なんでしょうか。厳しい環境に居ると、白人男性は同性愛に向かう傾向があるようです。恋愛に理屈を求めるのは、無粋な話だとは思いますが(笑) 厳しい環境から抜け出しても、同様に長い時間を掛けて育まれている二人の愛は、本物だったに違いないと感じます。
再生時間が終わりに近づくのに従って、物語がどういう風に終わるのかと思っていたら、突然ジャックが亡くなってしまっていたので驚きました。先月見た映画もそんな感じで唐突に終わってしまっていたので、またかとショック! 美しくはあるけど、永遠の愛というのは、こういう形でしか実現できないのかと、悲しくもあります。
綺麗な映画でこういうのはちょっと憚られるのですが、素っ裸にブーツだけ付けてるジャックの姿には、かなりキました(笑) これはゲイの人の間でも人気の高い萌えアイテムですね。服は何着か持っていたようだから、震えてないで服着てから洗濯すればいいのにとも思いましたw

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。