Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30話「変化」
照明デザイナーのロバート(ボブ)・ギフィンは、ゲイ仲間と映画を鑑賞中に急死する。22年連れ添った彼のパートナーは、コーラス仲間の推薦でフィッシャー&ディアスを訪れ、オペラ形式で葬儀を挙げることにする。
リサはルースの誕生日に、パーティをしようと計画。ルースはベティーナの勧めで、初めてマッサージを経験する。
ネイトは朝、自分のベッドに母親が居る夢を見て飛び上がる。リサがルースと台所にいる姿を見て、彼女たちが良く似ていることに気が付く。
クレアは友人ラッセルと講義に出席。講師オリヴィエから独自の感性を褒められる。夜ラッセルとアートについて語り合い、充実した時間を過ごす。
ルースの誕生日パーティは、デイヴィッド、キース、ベティーナも加わって盛り上がりを見せるが、ネイトはその雰囲気に入り込めない。
ボブ(ロバート)の葬儀が始まる。彼のパートナーの言葉に、同じゲイのデイヴィッドはパートナーシップの在り方を考えさせられる。同様に葬儀に感動したネイトは、家族の大切さを思い知る。


前回とは一転、失いかけた物が戻ってきたような雰囲気です。
映画を見ながら談笑中に亡くなって、パートナー以外気が付かなかったんですが、気付いた彼がボブに向かって静かに悲しげに微笑んでいたのが切ないです。「ありがとう」とか「お疲れ様」とか、心の中でそんなふうに話しかけてるような気がしました。オペラのお葬式は感動的でした。長年価値ある関係を築けた二人は、とても愛情溢れ誇らしく見えました。同じゲイのデイブは勿論、ストレートのネイトやフェデリコにも、それが感じられたようです。
冒頭、ネイトがふとベッドの隣をみるとママンが!(汗) 当然ながら夢でした。ルースとリサは似たもの同士で、今のところはそれで上手くいってるようですね。パーティも、デイブが「母さんは誕生日だからって特別なことをされるのが嫌い」って言ってたから、大丈夫かなと思ったけど、盛り上がったし良かったです。結局、今までは誕生日パーティやるにしても、自分で準備や後片付けしなくちゃいけないから、やるのが面倒になってしまうんじゃないのかな?
そのパーティで、ベティーナがルースにプレゼントした服って、万引きしたものってことですよね? 咎めたりしないどころか、その服平気で着たりするのは、やはりどうかと。ベティーナとの付き合いには心配させられます。
ぼかしが入ってたのでよく分かりませんでしたが、「痛そ~」ってリコやデイブが見てたのは、多分ピアスがされたチ○コだったんですよね? これもあちらでは丸映しに…? 「どうして陰嚢の毛を剃るんだ?」って天然丸出しで聞いてたリコが可愛いです(笑) デイブは馬鹿にされたように思ったみたいだけど、リコは天然だからw

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。