Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47話「善意」
パンカーモは日に日に病状が悪化。ヒルがセンチュリー病院からOZに戻ってくるが、彼は麻薬を売った人物を明かそうとしない。ブスマリスはポエットに脅され「ヒルに麻薬を売ったのはデサントだと、グエラに言うよう脅された」とレディングに嘘を付く。この件でレディングとモラレスの協定にひびが入る。
シリルの裁判の評決が出る。弁護士キャサリンやシスター、ライアンの母親が控訴を勧めるが、ライアンはそれを拒否。シリルをこのまま死なせてやったほうがいいと話す。ミーハン神父はシスターらに協力し、シリルの責任能力を問う訴えに出る決意をする。
ライアンとジャ・クーミンが揉め、クーミンはそれを止めた看守を殴る。独房に入れられたクーミンは、看守たちから報復を受ける。
盲導犬の飼育をするペンダースは、フロアに犬の糞が落ちていたことから看守に嫌がらせを受け、犬に看守を襲わせる。ミゲルの犬ジュリーの訓練は終わり、マクマナスに説得されたリベラは、ジュリーを連れて去っていく。
ブラスから賞金を取り返せそうも無いリバドーは、囚人の中からドナーを探すことにする。囚人からドナーになれそうな人物は見つかるが、彼は純粋な黒人で無いことが仲間に分かると困ると言って拒否。八方塞がりのリバドーが次の神のお告げを待つことにすると、ある男から霊的な能力で病気や怪我を治す女性の話を聞く。リバドーは家族に孫をその女性に会わせるよう言うが、家族はそれを拒否する。
ムカダ神父の宿舎である教会が放火された件で、放火を依頼した容疑者歳として、カークの名前が上がる。ホイットが仲間に、カークがバーンズ殺しを依頼したのを聞いたと証言させる。
黒人の歯茎を移植されたロブソンは、歯医者に頼まれたポエットによって、そのことを公表される。シリンガーらは、ロブソンと一切縁を切る決意をする。
ケラーがセンチュリー病院からOZに戻ってくる。欲望のままに行動してきたことをシスターに向かって悔いる。
シリンガーらにレイプされたガンゼルを見て、後悔に苛まれるビーチャー。サイードに、全てはケラーに会いたいという気持ちが発端だと指摘され、その気持ちを抑えるように言われる。ビーチャーはシスターに手紙を渡し、ガンゼルの話を聞いてくれるよう頼むが、ガンゼルは拒否。シスターはビーチャーとシリンガーらの対話プログラムでガンゼルのことを聞こうとするが、彼らは知らないと言い張る。口を割られると困るシリンガーはガンゼルを脱走させ、ガンゼルは高圧電流の流れる有刺鉄線に絡まり死亡する。


シリルに死刑判決が出てしまいました。どうしてもライアンのせいじゃないかって思ってしまいます。シリルは裁判の評決の内容が解ってなかったようですね。これで責任能力があると認められるんでしょうか。
ポエットは最後まで居残り組みなんでしょうか。なんだかんだで大したピンチにもならずに上手く橋を渡ってます。
クーミンは看守たちになぐられ、脳にかなりダメージを負ったようですが、次回独房で亡くなってたり…? 悲願のリヤンの敵討ちは出来るんでしょうか。
ミゲルの盲導犬訓練は終わっちゃいましたね。リベラが犬を受け取ってくれて良かったです。スペイン語まで教え込んでたなんて気が利きます。これで少しは罪滅ぼしになったでしょうか。ペンダースは犬を闘犬にでもしようと思ったんでしょうか。あの後、犬がどうなったか心配です。
食堂でリバドーに声を掛けた黒人の人が、「ルーツ」のチキン・ジョージ役の人だったのでびっくり! 懐かし~ 凄いゲストですね。彼を見たのは「スタートレック」のゲスト出演以来です。
カークはこれで死刑囚に? 他の人はともかく、彼には同情する気になれない… これから死刑囚監房でホイットとカークが会うことになると思うんですが、そのことでどちらかに何か起きそうな予感です。
ケラーがOZへ戻ってきましたが、ガンゼルのこともあってビーチャーはなかなか彼に会えませんね。こっそり見るだけなんて切ない…
ガンゼルが今回亡くなってしまったので驚きました。シリンガーは「有刺鉄線の電流は切ってあるから」とでも彼にいったんでしょうか? ガンゼルが無理だと思っても、残っても危ないから脱獄するしかなかったのかもしれません。あのままビーチャーに庇護されてれば良かったのに、と思ってしまいます。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。