Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42話「法典」
自分の肩を刺すことで、ミゲルはグエラに今までのわだかまりを清算しようと持ちかける。これを機に、チコはミゲルを殺そうと企むが、モラレスが反対。肩の近くを刺すだけに留まる。
リバドーの孫の白血病が悪化。骨髄移植が必要となるが、型の合う骨髄が見つからない。ネイサン医師から実験段階の白血病治療薬の話を聞いたリバドーは、その薬を探し当てるが、それを作るには費用がかなり掛かることが分かる。
ライアンに頼まれ嘘の証言をしたモンゴメリーは、彼にさらに金を要求する。モンゴメリーが邪魔になったライアンは、スタントンに、彼をはめた人物を教える。スタントンはモンゴメリを刺し、彼は重体。スタントンは独房にいくことになる。グリン所長はキーナンの事件にライアンが絡んでいるのではと疑う。
出所したライアンの母フィッツジェラルドは、オズで音楽を教えることになるが、敵の多いライアンは、母の身が心配でならない。オズでの仕事を辞めるように説得するが、彼女は大丈夫だと聞こうとしない。
デブリン知事と刑務所との連帯を図るため、エレノア・オコナーが相談役として就任する。オコナーは、マクマナスの元妻だった。
腱を切られたブラスがオズの受付に復帰。マクマナスから犯人を聞き出しだブラスは、B区画の勤務を希望。食堂に移動になったブラスは、自分を襲った囚人への復讐のチャンスを伺う。
キャリーが事故死し、彼女の両親がジュエルを引き取ることになる。シリンガーもう孫娘に会えないかもしれないと落ち込む。
ピーター・シベッタが精神病棟からエムシティに戻ってくる。
ハンク・シリンガー殺しの実行犯が、依頼主がパンカーモだと自白。パンカーモがハンクを殺したと知ったシリンガーらは彼を襲い、パンカーモは重傷を負う。ハンク殺しに関わっていないことが分かったケラーは、オズに戻ってくることに決まる。
自分を抑えられないサイードに、マクマナスは仕事を与える。ホワイトの世話役にし、彼を厳しく監視させる。
クルティエを壁に閉じ込めたことを証言されると恐れたカークは、クルティエ殺害を計画。仲間のジムに殺させようとするが、クルティエの幻影を見た彼は、反対にカークらを殺害しようとする。ジムを殺害したホイットは、懲罰房でクルティエの幻影を見る。

第43話「悪夢」
病棟から戻ったミゲルはグエラを責めることもせず復讐もしないと宣言するが、ミゲルに「手下にしてくれ」近づいてきた囚人に、グエラを殺すよう言う。
孫の治療費が必要なリバドーは、どうやってそれを工面しようかと考えあぐねるが、あるとき"神のお告げ"を聞く。リバドーはブラスに宝くじの購入を頼む。
ジャ・クーミンがエムシティに戻り、シリルとも和解する。中国系アメリカ人のリーチェンがエムシティに収監され、クーミンと同室になる。クーミンらはライアンの母が指導している音楽教室に参加。ライアンは不安を感じる。
ハンクのことで、パンカーモらイタリア系とシリンガーらアーリア系の関係は最悪の状態に。レディングはその隙を狙い、モラレスと手を組む。シリンガーを潰したいピーターは、サイードと手を組もうとするが断られ、仲間からも協力を断られる。倉庫でシリンガーを刺そうとしたピーターは、反対にシリンガーにレイプされる。
クレイトンからグリン所長を庇ったヘンダーソンだったが、グリンには恩を着せるなと言われる。
デブリン知事は、処刑方法を薬物注射か絞首刑に限定して、死刑制度を復活させる。
ケラーがマサチューセッツの刑務所からオズに帰ってくる。ケラーに殺害容疑が掛かる事件で、目撃者が現れたことが知らされる。FBIは、死刑にしてやるとケラーに息巻く。シスターレイモンドは、ビーチャーとケラーを会わせようとするが、グリンに拒否される。
サイードの中のアデビシはますます大きくなり、ロブソンの挑発にも簡単に乗ってしまう。新しくグループに入ったララーは、サイードのリーダーシップに疑いを持つ。
ホワイトが映画や音楽に興味があったことが分かったマクマナスは、フィッツジェラルドの音楽教室に彼を参加させる。
カークは仲間のガンナーに郵便物を運ばせ、集中治療室のクルティエを窒息死させようと企むが、ネイサン医師に気付かれ失敗。懲罰房から戻ったホイットは、クルティエの幻影にカークを殺すよう命じられる。カークを刺したホイットは、今までの殺しを自白する。「クルティエを見た」というホイットの言葉が気にかかったムカダ神父は、クルティエの病室を訪れたが、そこは空になっていた。


クルティエ牧師は、極限状態で何かを得とくしたんでしょうか。霊体?を飛ばすことが出来るようになってビックリです。最後、彼は病室を抜け出してどこにいっちゃったんでしょう? というか、動けたのに驚いたんですが。奇跡か、あるいは誰かに連れ去られたか。カークは"ざまあみろ"でしたね。同情できません。ホイットがあんなに殺害してるとは思いませんでした。告白した以上、罪は逃れられませんよね。死刑監房行きでしょうか。それとも、ホイットの様子がおかしかったから、あの告白は認められないんでしょうか。
同じく極限状態を体験したことで神のお告げが聞けるようになったリバドー。治療費のために宝くじを買いました。当たるといいですね。6個も連続して数字を当てないといけないってことは、かなり配当がよさそうです。
アジア系の囚人が増えました。彼は英語が解らないんでしょうか。彼には衝動的に何やるかわからないような怖さがあるんですが、言葉が解らないと余計にそう感じます。
しばらくライアンが嫌いになっていましたがw、最近ママやシリルともいい感じなので、自分の中で持ち直してます。あの兄弟にはこれ以上なにか起きないといいんですが、クーミンたちもなにか狙ってそうな感じで、そうもいかないでしょうね。
ピーターは精神病棟行きになってそのまま出てこないのかと思ったら復活。出てこれたのはいいけど、すっかり「アデビシにヤラレた男」として知られてます。思慮が浅く突っ走る性格のため、シリンガーにもレイプされるハメに。冗談か本当か、「OZ」ではキャストが遅刻するとキャラがレイプされる慣わしらしいですねw 今回もピーター役の人は遅刻してしまったんでしょうか(笑)
ケラーはやっとオズに戻ってきたと思ったら、事件の目撃者が現れたということで、死刑囚になりそうな雰囲気です。ビーチャーはそれを知ったらどうなるんでしょう。とりあえずその前に、二人を会わせてやって欲しいです。
サイードには早く立ち直って欲しいんですが、ますますひどくなってきてるような…(汗) ロブソンとの仲がますます険悪になってきてるので、いずれどちらかが亡くなることになるのではと心配です。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。