Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話「出会い」
兄に強要され車を盗んだ共犯として逮捕された少年ライアン。公設弁護人のサンディは、ライアンには将来を期待できる何かがあると感じる。
ライアンの家庭は貧しく荒んだ生活で父も兄も服役中。母親は保護観察で戻ってきたライアンに家を出ろと冷たく言い、友人たちにも宿泊を断られて行くあてのないライアンは、サンディに連絡を取ってひとまず彼の家に泊めてもらうことにする。サンディの妻キルスティンは戸惑うものの、息子セスはライアンを歓迎する。
ライアンはサンディの家に着いたその夜、隣に住むマリッサと出会い、お互い惹かれ合うものを感じる。
翌日隣家の主催するパーティに出たライアンは、彼に目をつけたマリッサの友人サマーに誘われ、若者たちのパーティに参加。大人しいセスはマリッサのボーイフレンド・ルークらに絡まれ、ライアンがそれを助けたために乱闘に。セスが喧嘩をしたことを知った母親のキルスティンは、ライアンにいて欲しくないとサンディに訴える。
キルスティンの様子に察したライアンはサンディ宅を出ることに。だがサンディに送られて自宅に帰ってくると、すでに家族は引っ越した後だった。サンディはライアンに「帰ろう」と声を掛ける。


やたらと宣伝がやってて見る前から食傷気味だったのですが、見てみたら結構面白かったです。役者さんの好演のおかげでしょうか。
セスが幼く見えたので、ライアンたち子供は高校生くらいなのかと思ったら、22歳だったので驚きました。でもセスはいい子ですね。普通いきなり来たら「なんだ、コイツ?!」って思っちゃうんですが、素直なのか歓迎してたようで。でもお母さんの戸惑いの方に共感が持てました(笑) まぁそんなお母さんから歓迎されてないのはライアンも感じてて、相手から別れを切り出される前にちゃんと察してるところが切ないです。
それでライアンは自宅に帰るのですが、なにも息子がいない間に引っ越さなくても…(涙) 書置きはあったようですが。(後で何が書いてあったか分かるのかな?) 最初のほうでライアンを殴ってたのは義父だったんでしょうか? ライアンのお母さんは彼に逆らえないような雰囲気でしたね。彼女もDVを…? 引越しも彼に押し切られたのだと思いたいです。
帰ってきたら奥さんのキルスティンにはなにか言われそうだけど、ライアンにサンディが居て良かったと思います。そのキルスティンも、プロモーション映像見る限りでは、考えを変えそうな感じです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。