Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第40話「言葉」
モラレスらにレディングを殺すよう強要されているスプリーム・アラー。ヒルを使ってレディングを殺すよう仕向ける。アラーはヒルを陥れた張本人であり、旧友としてレディングに情の残っているヒルは、逆にアラーにアレルゲンである卵入りの食事を食べさせ死なせる。
モラレスとエレベーターの作業中、彼を殺すチャンスを伺う大佐だったが、反対にモラレスに殺される。
クルティエ牧師は教会から代表の座を追われる。破門されたカークはクルティエへの不満を漏らし、ホイットらと組んでクルティエを壁の間に閉じ込める。
クレイトンは気分の悪い振りをして、看守に房を開けさせ独房を占拠。それを知ったグリン所長は彼と対話を求めるが、自分が独立の先鋒者である錯覚に陥ったクレイトンはそれを拒否。近づいたグリンの隙を見て彼を刺そうとするが、囚人の一人に遮られ、揉み合ううちにナイフが胸に刺さって死ぬ。責任を感じたグリンは、秘書に辞意を漏らす。
グラフは退院したが、もう二度とバスケが出来ないでいた。マーフィーはグラフの代わりにマクマナスとペアを組むことを申し出る。二人の健闘も空しく大敗する。
麻薬を止めたホワイトは、落ち着かないことからマクマナスに付きまとい始める。クイズ番組に出て不正解になったマクマナスを皆はからかい出し、ホワイトはひときわ彼を馬鹿にしていたグエラに殴りかかる。マクマナスはホワイトに嫌気を差し、彼に独房に戻すと言うとホワイトはマクマナスを暴行。マクマナスは、改めて彼を見捨てることは出来ないと思い直す。
ロブソンにビーチャーが仮釈放になるかもしれないと聞いたシリンガーは、以前彼に自分の仮釈放を潰されたこともあり、ビーチャーの仮釈放を潰そうと企む。ビーチャーは看守の保護の下、監房に篭る。
アデビシを殺したことで罪悪感を感じていると、ビーチャーはサイードに指摘。アデビシが死んでから人が変わったような彼に、アデビシが取り付いているのだと言う。
申請が通り、釈放されて新しい生活を始めたビーチャーだったが、それは儚い夢だった。実際は申請は却下。次の審査まで一年あった。出所後使うはずだった日記を一年先まで破り捨てる。
図書室で、仮釈放がなくなったビーチャーに絡み始めたシリンガーとロブソンだったが、背後からサイードに刺される。サイードはビーチャーに向かって、「これがアデビシだ」と訴えかける。
腕時計を手に入れたライアンは、それをコノリーに渡す。それは、コノリーが作っている爆弾の時限装置に使うものだった。計画を進めていた二人だったが、土壇場でライアンは考えの変える。ライアンに計画を阻止されると思ったコノリーは時限装置を作動させるが爆弾は不発。ほっとしたのもつかの間、キッチンでガス爆発が起きる。


第4シーズンの最終話です。今回はたくさんの囚人が亡くなりました。どの人も意外なところで亡くなってます。
アラーはまさか卵アレルギーだったとは! 結構大物の扱いで登場したような気がしたのに、まさかあんなところであんな死に方するとは思ってもみませんでした。ポエットはアラーがアレルギーなの知ってるんだったら、早くレディングに言えばよかったのに。レディングだったらどうすればいいか気がついただろうになぁ。
大佐はあっけなかったですね。大した活躍もないままお亡くなりに… 軍人とはいえ前線にずっといたわけじゃないから、OZという最前線でリーダー役をこなすモラレスとの差も歴然としていたようです。
クルティエ牧師もカークの逆恨みから亡くなってしまいました。即身仏じゃあるまいし、即死にされるより、ある意味残酷ではないかと(汗) それにしても、牧師が居なくなったのに騒ぎにもなっていなかったですね。ブスマリスとミゲルのときにはTV局まで出てきたのに。
クレイトンは自分を特別な存在だと思いたかったようでしたが、最後まで何がしたかったのか訳が解りませんでした。グリン所長もやり切れなかったと思います。
マクマナスは意地っ張りでソンしてます。自分にホワイトの問題を解決する力があると確信してるわけじゃなさそうなのに。墓穴掘ってるような気がします。
サイードはアデビシに呑まれちゃった…? 感情に任せて動くなんて、彼らしくありません。アーリア系の報復が怖いです(汗)
ライアンの「爆弾ダー!!」は小芝居だったんでしょうか? それとも本気で爆発すると? 事前にガス栓開けていたこともあるし、注意を爆弾(エムシティ)に逸らすための芝居だったんですよね? だとしたら迫真の演技だったな(笑) シリルが帰ってきたのはいいけど、また罪を重ねるようなことにならないかと心配です。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。