Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39話「勝敗」
ホワイトが麻薬の摂取を再開。チコの密告で検査が行われ、ホワイトのポケットから麻薬が発見される。「止められない」と訴えられるホワイトに、マクマナスはシスターのセッションを受けるよう言うが、彼はセッションの最中に暴れ出す。
ビーチャーの仮釈放の可能性が高まり、ビーチャーは死なせてしまった少女の両親との面会を希望する。少女の母親は、彼の仮釈放を邪魔する気はないと言う。
ジェンキンスが自殺したことで、ロブソンの有罪を証明するものが居なくなり、ロブソンはB区画に戻る。ロブソンにリロイのことでからかわれたサイードは怒りが抑えられず、ロブソンを打ちのめす。
ハンクの妻キャリーが生んだ子供が、ハンクの子ではないのではと疑うシリンガー。キャリーを問い詰めると、彼女は当時売春をさせられており、ハンクを含む3人と交渉があったことを打ち明ける。
クルティエの協力で、ロブソンがサイードに復讐をしないよう、リーダーのシリンガーに約束を取り付けたマクマナス。ムスリム側の協力も得たいとサイードに申し出るが断られる。
前回看守チームがベイヒューに負かされたことで、看守はベイヒューに難癖を付けて彼の足を殴打。ベイヒューは足を引き摺りながら試合に出場。負けたベイヒューは孤立する。
看守ブラスのバスケの腕を見込み、マクマナスがスカウトに話を付ける。試合を見ていたスカウトは早速彼の入団を希望。ベイヒューに賭けて負けたモラレスらは、ワザと騒ぎを起こし、混乱に乗じてブラスの腱を切り裂く。
ダニエルズとスプリーム・アラーは裏で、レディングやモラレス、パンカーモらがお互いに殺し合うように仕向けようとする。ところが、偶然二人の会話を聞いていた大佐がレディングに密告。ダニエルズはレディングらに"処刑"される。
ジャイルズは精神障害として、無期懲役に減刑が決まり、精神科の病院に送られることが決まる。知事は死刑制度を再検討すると発表。
ハウエルはライアンに、弟に相手をさせるなら病院送りにならないよう話すと言う。ハウエルが邪魔になったライアンは、彼女が看守を勤める警官監房の囚人を使い、彼女に重症を追わせる。
強制的にコノリーの改宗させようとしたカークは、クルティエから破門を言い渡される。コノリーを助けたライアンは、彼の信頼を得始める。
実の母親と愛情を交し合うようになったライアンだったが、彼女は武装グループの一員であることを自白すると言い出す。ライアンは弟シリルや母親のため、OZからの脱走を改めて決意。ライアンに「アイルランドのために何かしたい」と相談を受けたコノリーは、密かに爆弾を作り始める。


シスターすら見離したホワイトを、なんでマクマナスは見捨てようとしないんだろ? 彼に何かを重ねて見てるのかな? サイードに「前しか見てない」って言われてしまいましたね。本当にそう思います。(たまに前も見えてないんじゃ…って思うときもあります。)
サイードは荒れてます。マクマナスの提案も跳ね除けて、ムスリムとアーリア系との仲がますます悪化しそう… シリンガーたちって、ああやってマクマナスに約束しても平気で反故にしそうな気がしますが、意外と信心深いところもあるし、牧師が絡んでるからそうでもなかったりするのかな?
ベイヒューがちょっと可哀想でした。意地張って出なくてもいいのに。マクマナスの思うツボだな。
スカウトがブラスに「怪我しないように」って言った途端、ヤラれフラグ立った(´Д`;)ー!って思ったらやっぱり、でしたね。マクマナスの嘘のせいであんなことに… ブラスが気の毒すぎます。マクマナスも面白くないからって、相手にするな! 無視すればいいことなのに。
大佐はレディングとは軍人同士で仲がいいようですが、流石に黒人グループとつるんだりはしてないようですね。結構ひとりで居るようだし、白人からも浮いた存在になってるのかな?
クレイトンはもう何がしたいのかさっぱり分かりません。グリン所長すらももう分からなくて見放してしまいました。これは中二病なのか?! 見放されてても全然同情する気になれません。
テロリストまで巻き込んじゃって、ライアンは大丈夫なんでしょうか? 大事になりそうで心配。いざとなったらコノリーは見捨てられるとは思いますが。お母さんの言ったことはちゃんと聞いて、大人しくしとけ! シリルと仲良くしてた保護監房の人がちょっと心配ですね。ライアンに何かされないだろうかと思ってしまいます。
ヒゲがなくなってカワイイと思ってたポエットにヒゲが復活してた…orz

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。